芸能・アイドル

2010年9月 3日 (金)

ユッキーナと藤本敏史の相性

ユッキーナこと木下優樹菜さんと藤本敏史さんが結婚するそうですね。

二人の相性を見てみましょう。

Yukkifujimoto_2

まず、ユッキーナさんの卯年生まれと藤本さんの戌年生まれは「合」ということで強力な引力のある干支同士です。

年齢差でいえば17歳もあるのですが、干支の相性でいえば結ばれて当然の結びつきのある相手です。

藤本さんの安定した戌の土気が、ユッキーナさんの軽やかな木気を受け止める感じでとてもいい関係になりやすいです。相克関係を「合」が上手くまとめ上げてしまうでしょう。

生まれた月も水気同士でなじみやすい。気安く気心が通じるでしょう。
結婚の判断が早かったのが功を奏しましたね。

なじみやすいですが、離れやすくもある恋愛運。

今年来年と戌年生まれが、最高の結婚運を発揮しますから、藤本さんの運に引っ張られたのでしょう。

ただし、この二人。結婚運は相性としてもそれぞれの宿命としても良くないです。

藤本さんは「劫財」で「偏官」という命式で亭主関白になりがちな人。その上、水気が多くて芸人という職業を考えれば、浮気性か。

ユッキーナさんは、旦那さんを意味する「正官」を二つ持つ人。しかもあまり家庭向きでないですね。

また、生まれ日がユッキーナさんの亥に対して藤本さんの申は「害」。相性はいいですが、外部的な要因などが障害になりやすい。

生まれ年の引力以外は、なかなか難しい相性。喧嘩は激しいものになりやすいでしょう。

結婚してから微妙に変わっていく関係を越えていけないかもしれません。4年後の午年が一つの山かな。

ただ、あまりにも強力な仲人役。とも、いえそうな島田紳助さんががいますから、何とか収めてしまうかな。

そうなるといいですね。お幸せに。

twitter

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年8月18日 (水)

2011年!新しい暦が出来ました!

お待たせしました!

2011年、平成23年高島本暦販売開始です。

20113s

カレンダーその他、2011年版開運商品そろいました。

ぜひ暦ショップでお買い物を!

※ついでにお知らせです。

9月5日夜10時、東京MXテレビ「激☆音ボケ」に私、万鳳が出演します。
司会はNON STYLE ゲストは安倍なつみさんですよ。

必見!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 3日 (火)

KABUTOの皆さんと

Kabutomanhou
昨日は神保町花月でトークライブに出演しました。

吉本の人気若手男前ユニット『KABUTO』の面々を占いで鑑定!

というような企画で、11人のイケメン達を次々鑑定、運気ランキングをつけたのですが、
好評のうちに終了して良かった。楽しかったです。

かなりズケズケ言わせていただきましたが、全員が素晴らしい若者。
何時もチケットが売りきれる人気の理由が分かりました。

ピンクのタンクトップを着た男達が醸し出す雰囲気とフェロモンは、濃密でいながら実に爽やか。
女の人だったらタマらないはずです。

これから『KABUTO』バンバン出てきますよ。

アイドル伝説を体感できるチャンスです。

今から応援していれば、自慢できるはずですよ!

万鳳



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

ディランとキャサリンの別れ

Tomonagi_2

相性チェッカー

お笑いタレントの友近さんとなぎだ武さんの破局が報じられています。
特に涙の会見とかいう劇的な物でもないのでしょうが、それでも、何となくみんな気にしてはいた。
そんな二人の関係でした。

で、相性なんですが、これが元々良くなかったんですよね。

生まれ歳で友近さんの「丑」となぎださんの「戌」。

これは「恩なき刑」でいわゆる近親憎悪的な関係。

そして、生まれ月が節月の、友近さん7月(未)、なぎださんは10月(戌)。

これまた「恩なき刑」で二重に近親憎悪。しかも「破」が付く関係。

この近親憎悪の何が「近親」かといえば、やはり芸人として同じ道を歩むもの同士ということでしょう。

悪い相性ながら、6年間も交際したという縁の根源ですね。

同じ目標を持って歩む二人というのは、普通とは違った見方をしないといけません。

嫉妬やあこがれや、仲間意識や、その他いろいろ雑多な感情が、とりあえずどうして良いのか分からず、恋愛になる。

そんなことがあり得るんですよね。いわゆる同業者同士の閉鎖空間です。

そして、全体に悪い相性にも関わらず、生まれた日の相性だけはいいんです。

それがまた、複雑で不思議な関係性を作り出したのでしょう。生まれた日は、いわゆる結婚の相性に当たる部分で、そこが案外といい。

こういうところは、二人の「ディラン&キャサリン」のかけあいの芸で発揮された、夫婦漫才みたいな部分に現れていたといえば分かりやすいでしょう。

まあ、一応破局ということですが、元々限りなく腐れ縁に近いです。
復縁もないとはいえないですね。しかし、あってもまた繰り返しかな。

こういう関係は、くっついたり離れたり、まさに「ビバリーヒルズ青年白書」といったところでしょうか。

「人生ってのはそういうものさ、わかるだろ?」

ディランならこんな感じに言いそうですね。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

エリカ様の帰還

「・・・別に」で一世を風靡した沢尻エリカさんが個人事務所を設立して芸能活動を再開するとのことです。

沢尻さんの干支は寅です。
これ一つとってもあの強さは分かりますね。

そして、命式は主星が傷官の比肩が並ぶタイプですから、口が災いして変転しがちな人生を送ることは仕方がない部分があります。

ただ、寅歳の女ですから稼ぐ力があります。生命力というか、どん底に落ちてものし上がる力がありますね。

仮に旦那さんの稼ぎがないと、寅歳の女はものすごい仕事運を発揮し始めます。まあ、高城さんの場合はそんなことはないと思いますけどね。

いずれにせよ、今年寅歳は活動期ですから、このタイミングの芸能活動復帰は必然的でもあり、正解だと思います。

水気の多い命式で寅歳生まれの女性というのは、女優として希有な才能を持っているはずです。

これから期待できますよ。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月23日 (火)

頭痛にはベッキー

22日はバファリンの日とされたそうです。2が二つだからズツー。発売元のライオンによってそう決められました。

それは、全くどうでもいいんですが、イメージガールはおよそ頭痛とは縁が薄そうなベッキーさん。

今や超売れっ子の彼女は、子歳生まれです。

子歳といえば今大注目の女子カーリング、チーム青森の主将目黒萌絵選手や、昨日ベルリン映画祭で最優秀女優賞に輝いたことが報じられた寺島しのぶさんと同じ干支です。

昨日も書きましたが、子歳は去年一昨年と最強運気を迎えていましたので、その余力をかっている状態。本当にすごい人気でベッキーをみない日はありません。

生まれ月は3月生まれ、卯の月で健やかな木気。好奇心旺盛でおおらかになりますね。

しかし、いいだけではない。子歳の3月生まれは「刑」がつきます。
しかも「礼なき刑」です。これは厚かましいってことですね。

そういえば、あだ名付けで天才的な手腕を見せる有吉弘行さんが「元気の押し売り」ってあだ名を付けてましたっけ。ん~、さすが有吉。まさに天才。

さしものベッキーも、かわいくなければ許されないといった感じです。

でも、いいんですよ。かわいいじゃないですか。もう、かわいくて元気なら正義ですよね。無条件で。

あれこそ最強の生きたパワースポットです。

今日もベッキーさんには、日本を明るく元気にしてほしいと思います。

ところで、ラージヒル団体でメダルが取れなかったのは残念でした。
しかし、まだ女子フィギアがあるし、カーリングの綺麗なおねーさんたちも、まだまだやってくれるはずです。

大丈夫、大丈夫。日本にはベッキーいるし。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

寺島しのぶ35年ぶりの快挙!

女優の寺島しのぶさんが、若松孝二監督の「キャタピラー」でベルリン国際映画祭の最優秀女優賞を受賞したそうです。

日本人としては35年ぶりの快挙だそうです。すごいですね。

女優の素質は、占いでいえばいかに水気を生かせるかにかかってきます。

水気というのは水のイメージ。変幻自在で、かつ力強く、人々に浸透していく力です。
それは、色気にもつながってきますし、それなりの浮き名を流すことにもなりますね。
しかし、それこそ女優の女優たる所以ともいえそうです。

寺島さんの生まれ歳は、この水気を象徴する子歳。
しかも彼女は生まれ月も12月の子月、さらに命式のほとんどの干支が水気。水気の固まりで、まさに生まれついての女優です。

それだけに、奥さんには向かないでしょうね。でも、そこを結婚生活に固定概念の希薄なフランス人とは。

何という離れ技。とてもかないません。

いろんな意味ですごい人だなあと。

子歳生まれは、去年一昨年と運気的なピークでしたが、去年は文化庁芸術祭賞も受賞してるんですね。

今回の「キャタピラー」という映画は公開はこれからですが、戦争がテーマのようです。
夫が重度の傷痍軍人であり、いっけんちょっと目を背けたくなるような感じもありますが、寺島しのぶさんが主演となると、ちょっと映画館をのぞいてみたくなってしまいます。

そういうところが、女優マジック。決して美人ではないのに、しっとりとした質感があるんですよね。

映画の公開が楽しみです。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月10日 (水)

石田純一と東尾理子の相性は?

あのプレイボーイで鳴らした石田純一さんが、いよいよ結婚です。テレビ番組でプロポーズという、いかにも彼らしい、うれしはずかしい経緯で国民的な注目を 集めました。
お相手の東尾理子さんとの相性をみてみましょう!
Junriko_2
(画像は相性チェッカー
生まれ歳は、石田さんが巳歳生まれ。巳とはさすがにセックスアピールの強い生まれです。
理子さんは卯歳、こちらも隅に置けないですね。一見地味な人に見えますが、相当に女性的な魅力のある人でしょう。テレビ越しでは解らない、強力なフェロモンのようなものがあるはずです。

まあ、あの石田純一さんが惚れ込んだぐらいですから、当然といえば当然ですが。

相性は、石田さんからみて理子さんは、母性を感じさせる癒しの中にも、楽しい意外性を感じさせる人。
理子さんからみると石田さんは、非常に興味深い人。石田さんがボケなら、それにツッコムのが楽しくてしょうがないような関係性。

また、生まれ月の相性がいい。1月生まれと11月生まれとは「斗」という運命の相手。北斗七星の中の一つの星で同居しているロマンチックな相性です。

生まれ日で、結婚相性をみると石田さんの抱擁力に理子さんが包まれる感じで、特に悪いところの見あたらない。21歳もはなれていますが、全体に非常にいい相性です。

長く続くんじゃないでしょうかね。お墨付きをあげてもいいでしょう。

ま、これで離婚するようなら石田さん。

今後、愛だの恋だの語る権利は一切なくなりますから┐( ̄ヘ ̄)┌

頼みますよ。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

田村淳と安室奈美恵の相性

田村淳さんと安室奈美恵さんの交際が明らかになりました。

さ~て、相性はと。

Namieatusiaishos_2

田村さんは丑歳生まれでしたね。
だったらこの相性は、私の『丑歳生まれは最強の人』インデックス・コミュニケーションズ刊にものってる。

じゃあいいか...

でも、たまにはこのブログも書かないとね!

え~と。

「三合」で大恋愛の相性です。

安室さんは巳歳生まれですね。何度でもよみがえる神秘性の持ち主ですね~、ぴったり。

田村さんは、ああ見えて粘り強い丑です。軽くはないんですね。

結婚までいくんじゃないでしょうか。

ただし激しい恋愛運ですが、結婚運は今ひとつ。結婚生活はかなり多難ですね。

私の相性チェッカー(上の図)

を見てもわかりますが、日の干支が冲ですからね。これは何処まで相手を尊敬できるかが明暗を分ける結婚運。
でもこの二人はお互いに尊敬できる要素は多いと思いますので、案外長くやっていけるかもしれません。

日が冲では普通は駄目ですが例外のケースになり得るかな。

出来れば、もうちょっと早く出会って欲しかったですね。
今年結婚できれば丑歳生まれの淳さんにとっても、巳歳生まれの安室さんにとっても最高の時運。だからこその出会いでもあるんですがね。2月3日まではまだ丑年ですので、それまでに入籍できれば別ですが。

とにかく、お二人とも私の好きな芸能人です。どちらも幸せになって欲しいですね。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2009年8月 8日 (土)

天網恢々疎にして のりピー

さて、いまだ見つかっていないのりピーこと酒井法子さんです。

当初、息子さんを連れて失踪とのことで同情的な意見が多かったこの事件。
旦那さんのみならず酒井さんにも麻薬使用の疑いが出たことで、だいぶ様子が変わってきました。

報道によれば酒井さんは、検尿を拒否して警官の元を立ち去ったそうです。これは元アイドルでなければその場で拘束されるのが普通でしょう。
有名人としての立場を利用して逃亡したとしかいいようがありません。

しかし、逃亡に成功したとしてもこの行動は浅はかとしかいいようがない。
たとえ時間が経って麻薬反応が消えたとしても、もはやタレントとしてジ・エンドでしょう。

なんてこった。

酒井さんは二黒土星ですから今年兌宮ですね。兌宮は善良な市民にとっては基本的に良い年回り。

ただし、どんなことであれ今までやってきたことの収穫期なので、悪いことをしてきていれば兌宮は年貢の納め時になってしまいます。

天網恢々疎にして漏らさずってことを思い知る人もまた目立つんですよね。

ただ、ここまでのひどい転落を酒井さん個人の運気から読み解けるかというと、そうではない。

人生経路というのは大きく分けて、運と環境の二つから紡ぎ出されて行くものなのですが、酒井さんは環境の方があまりにひどかったのだと私は思いますね。

育った環境も気の毒ですが、特にあの結婚でもたらされた環境は最悪でした。

亥歳生まれの酒井さんが結婚した98年の寅年は「合」と呼ばれる電撃結婚の発生する年。しかし「合」で結婚といっても、亥歳生まれに限っていえば「合」は「破」と重なり、相当な危険もはらんでいることになる。

プロサーファー、しかも自称という旦那さん。生年月日は分かりません。
職業で偏見を持って人を見てはいけませんが、彼自身が偏見を見事に裏書きしてくれたようです。

酒井さんがせっかくの強運でつかんだ恵まれた生活を、元の泥沼にまで引きずり戻してくれましたね。

今回の逃亡劇は妙に手際のよいところがあり、ちょっと普通でない人の差し金か、あるいは本人の性格が薬物によって蝕まれているかでもしないと、ちょっと理解できない。いわば本物の悪って感じなのが気にかかります。

だってのりピーといえば、私が最も多感な時代のアイドルでしたから。

それがここまでとは、、、全く目を覆いたくなるような事態。

ついでにいっておきますが覚醒剤をやれば運気がめちゃくちゃになります。
人生そのものがめちゃくちゃになるのであまり注目されませんが、運気もめちゃくちゃになっています。

つまり、社会から見放されるだけでなく、天からも見放されますから。

このテのクスリに手を出す人はそのおつもりで。

万鳳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧