日記・コラム・つぶやき

2010年10月20日 (水)

十三夜

Tyusyuunomeigetu
今日の暦注はパワースポット巡りに良い「神よし」。そして「十三夜」で二回目のお月見です。十五夜を見て十三夜を見ないのは「片見月」といって縁起が悪 い。これは本来農家の豊作のジンクスなのですが、遊女がひいきの客を確実に来させるための方便でもあったようです。ホント♡男ってバカよね!

以上ツイッターよりの転載
http://twitter.com/#!/takashimamanhou

ですが、太平洋側は雲が厚くどうも月は見れそうもないですね。

中秋の名月が見られず、十三夜が見られるということが多いのですが、
今年はどうやら反対になる人が多そうですね。

片見月か~

写真は今年の中秋の名月です。まあこれだけで我慢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

オータムジャンボ宝くじ!

Akiramanhou

宝くじのオータムジャンボが発売中です。

これに併せて「週刊女性」で宝くじ必勝法を公開しています。

興味のある方はぜひどうぞ!

売れ行き好調のようなのでもう無いかもですが。

ちなみに表紙は、たまに似ているといわれるEXILEのAKIRAさんです。

まあ、髪を結ぶとね。それは確かに・・・ヒゲだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

ヒットの予感?「トイレの神様」

「トイレの神様」という歌がにわかに注目されているそうです。

歌うのは植村花菜さん。1983年は亥歳ですが、1月生まれですねなので、暦の上では戌歳生まれです。

スケートの銀メダルを取った長島圭一郎選手が戌歳生まれですが、戌は今年いいです。「トイレの神様」もヒットしそうですね。

断片的にしか聴いていないのですが、おばあちゃんの言葉という素朴な歌詞が、今のカサついた世の中にしみいりそうです。声もきれい。
命式も水気が多く音楽向き。ギブソンのアコギ一本というのも素敵ですね。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

ひな祭り

今日はひな祭りの日ですね。

女の子のお祭りとして、立派なひな人形を飾っているご家庭も多いと思います。

ただ、今でこそひな祭りというのは、女の子のお祭りということになっていますが、昔は特にそうではなかったようですね。
原型は中国の上巳の節句で、流しびなから発展したらしいです。元々、穢れを払うとか、災厄を人形に肩代わりしてもらう、神事に似たものだったと思います。
今でも各地で流しびなのイベントがありますね。

しかし、流すだけではもったいないということでしょうか。とにかく、今も昔も女の子はお人形遊びが大好きなので、だんだんと女の子のお祭りとしてのひな祭りに進化したようです。

でも、穢(けが)れを祓う行事とあれば、子供だけではもったいないと思いませんか?
というか、その必要があるのは、主に大人の女性のような気もしますしね。

ですから年齢に関係なく、流し雛なり、ひな人形なり、女性はすべてこのイベントに参加して欲しいものだと思います。

ところで、女優の戸田菜穂さんが婚約されたそうですね。

戸田さんは寅歳生まれ、年女です。24才にしろ36才にしろ年女の結婚はいいですよ。おめでとうございます。

ただ、誕生日をみるとちょっと気になる。
う~ん天冲殺じゃないですか。

でも、年女であれば何とかいけます。そうあって欲しいと思います。

そう、こんな時こそひな祭り。身代わり厄払いですよ。流しびななんかにも是非参加して欲しいものです。

今日がひな祭りなら、もう遅い?

しかし、旧暦にあわせて行うところもあります。鳥取県のもちがせの流しびなが有名です。今年は4月16日ですね。

何か流してしまいたいものがある人はどうですか?

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

おつかれ!強運戦士達!!

さすが年女、寅歳三人娘やってくれました。最後のメダル獲得の期待に見事応えてくれましたね。

日本のメダル5種目7人のうち、この団体パシュート、小平奈緒選手と穂積雅子選手と田畑真紀選手の3人と、フィギュアの高橋大輔選手4人が寅歳生まれでした。

強運とともに重責ののしかかる年男・年女。見事に期待に応えてくれました。

今年の寅歳生まれの強運期に向けて出版した拙著「寅歳生まれは痛快な人」をごらんになれば寅歳の痛快な秘密を余すところなく解説しています。

また、同様に今年が強運期になる午歳生まれ。いうまでもなく、浅田真央選手が大活躍してくれました。

金メダルを取ったキム・ヨナ選手もまた午歳生まれ。拙著「午歳生まれは最強な人」をご覧になれば午歳の最強の秘密を余すところなく解説しています。二人のライバル関係についてもふれていますよ。

ふう、今日はおもいっきり宣伝モードだなあ。

そして、丑歳生まれの加藤条治選手。
丑歳生まれは去年が最強運気であり、それに向けて拙著「丑歳生まれは強運の人」を出版したのですが、その中で去年大活躍した宮里藍選手やイチロー選手を、丑歳代表として紹介していました。
今年も悪い年ではないので、去年の勢いを維持できているはずです。
本人は、あくまで金を狙っていたので、不満もあるでしょう。それでも、やはり銅メダルは立派というほかないですね。

最後は長島圭一郎選手ですが、彼は戌歳生まれ。戌歳は今年「三合」という最強運気の中です。主催者の不手際にあったりもしましたが、なんてったって銀メダル。すばらしかったです。
ただ、今年の戌歳は狙い目なのに、実は戌歳はまだ本にしていないんですよね~
私の周りには戌が多いので、早く書けといわれているんですけど・・・

ということで、私の干支シリーズはまだ三冊しか出ていないのですが、今回の日本のメダル獲得者、7人のうち6人が既刊の3冊の干支に入っています。

幸運期を狙って出版してきただけに、これはなかなかうれしかったです。

今回、金メダルが残念ながらなかったのですが、数多い入賞者を含め、全体的になかなかの成果だったと思いますね。

みなさん、胸を張って帰ってきてくれればいいと思います。

本当にお疲れさまでした。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

頑張れ!寅歳三人娘!!

さあ、バンクーバーオリンピックも残すところ後二日だそうです。

日本は現在メダル四枚で、金なしということですよね。
入賞者達まで含めれば日本はかなり健闘していると思いますが、やはり、オリンピックというと欲しいのはメダル。
若干寂しいかなと。

日本が比較的得意な団体競技、特にカーリングやスキーで取れなかったのは悔しかった。

しかし、まだ一つだけ残っています。そう、チームパシュートです。

チームパシュートってなに?

っていう人も多いと思いますが。私も知りません。

でもそんなことは、どうでもいいです。

聞けば、このチーム。小平選手だけでなく、4人チームのうち3人が寅歳生まれだというではないですか。

年男・年女というのは基本的に幸運期。
たとえば銅メダルを獲得した高橋大輔選手が寅歳生まれです。

ただし、年男・年女は幸運期であると同時に重責がのしかかる年でもあります。
その意味で、メダルを逃し続けた我々日本人の、最後の最後の砦がこの寅歳三人娘だというのは、まさに宿命だといえるでしょう。

でもまあ、気負うこともないでしょう。それぞれの課題に向かってがんばってくれれば、それでいいです。

今回はモーグルの上村愛子選手に始まり、多くの悔し涙を見つめてきましたが、泣けてくるのは、そのことに本当にひたむきだったというしるしです。

誰にも奪うことができない価値がそこにありますよね。
それを見せてもらった私たちも、これから少し強くなれるのではないでしょうか。

いよいよ最後。日本の選手達は精一杯やってきてほしいです。

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

戦いは終わった!とりあえず

すごい戦いでした。

とりあえず、キム・ヨナ選手の完璧な演技と精神力には脱帽ですね。

真央ちゃんとは同じ午歳生まれながら、節月でいうとキム・ヨナ選手が申の月、真央ちゃんが酉の月。

申は非常にクールなのですが、今回はさすがに背負っているものが重すぎて、キム選手もプレッシャーに負けるのではないかと思っていました。

が、心も体も鍛え方が違うんですね。おみそれしました。

とはいっても、真央ちゃんもすばらしかったです。

キム・ヨナ選手のノーミスの演技の終わった段階で、もはや真央ちゃんの勝ちはほとんどなくなりましたが、そんな状況の中で自分の演技を演じようとする気迫がすごかった。
高度な演技をやり遂げたいという情熱が、ひしひしと伝わってきましたよね。

この二人の午歳生まれは、互いに切磋琢磨しているうちに二人ともとんでもない高みに上ってしまったようです。
真央ちゃんがトリプルアクセル3回でいけば、キム・ヨナ選手は世界最高得点で応じる。どちらも常人には、とてもできないこと。

こういうドラマを見せてもらえただけでも、よかったと思います。

まだ、二人とも19歳。

第二幕、第三幕とありますから、この先も楽しみにしていましょう。

おつかれさまでした。

万鳳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

プルシェンコさん!なんか言って

さてさて、女子フィギュア。ついにSPが終了しました。

この時点でキム・ヨナ選手が1位。浅田真央選手が2位ですね。

私は浅田選手が滑り終わったときに、勝った!と思っていたんですが・・・

んで、キム・ヨナ選手が滑り終わったのを見ても、やっぱすごいけど、まあ、真央ちゃんが勝ってるかなと。

で、キム・ヨナ選手の得点をみて、エ、5点差?Σ(・Д・;)ェェェエエエ!!

となったわけです。

なんか違和感があったのですが、これは女子フィギュアオリンピック史上初の大技ジャンプより、難易度はそこそこでも、一定のジャンプを完璧にこなして、全体の表現力を上げた方が点がいいのだということなのでしょうね。

そういわれりゃー確かに。キム・ヨナは色っぽかったよなー

でも、フィギュアはダンスじゃねーぞ!って誰かいってなかったか?

あっそーだ、プルシェンコ!

いってやれ、いってやれ!皇帝が直々に裁定してやってくれ!

と、まあ。
いろいろ、いいたくなるところではありますが。

素人のひいきの引き倒しは選手にとっても迷惑でしょうし、おとなしくフリーのなり行きを見守るとしましょうか。

しかし、午歳同士。すごい戦いだ。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

寺島しのぶ35年ぶりの快挙!

女優の寺島しのぶさんが、若松孝二監督の「キャタピラー」でベルリン国際映画祭の最優秀女優賞を受賞したそうです。

日本人としては35年ぶりの快挙だそうです。すごいですね。

女優の素質は、占いでいえばいかに水気を生かせるかにかかってきます。

水気というのは水のイメージ。変幻自在で、かつ力強く、人々に浸透していく力です。
それは、色気にもつながってきますし、それなりの浮き名を流すことにもなりますね。
しかし、それこそ女優の女優たる所以ともいえそうです。

寺島さんの生まれ歳は、この水気を象徴する子歳。
しかも彼女は生まれ月も12月の子月、さらに命式のほとんどの干支が水気。水気の固まりで、まさに生まれついての女優です。

それだけに、奥さんには向かないでしょうね。でも、そこを結婚生活に固定概念の希薄なフランス人とは。

何という離れ技。とてもかないません。

いろんな意味ですごい人だなあと。

子歳生まれは、去年一昨年と運気的なピークでしたが、去年は文化庁芸術祭賞も受賞してるんですね。

今回の「キャタピラー」という映画は公開はこれからですが、戦争がテーマのようです。
夫が重度の傷痍軍人であり、いっけんちょっと目を背けたくなるような感じもありますが、寺島しのぶさんが主演となると、ちょっと映画館をのぞいてみたくなってしまいます。

そういうところが、女優マジック。決して美人ではないのに、しっとりとした質感があるんですよね。

映画の公開が楽しみです。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

頑張れ、きれいなおねーさん達!

☆バンクーバーオリンピック後半戦ですが、三人のメダル獲得で日本にも勢いが付きそうですね。ここに来て、スキージャンプ予選で日本勢が上位を独占しています。

しかし、ジャンプ陣、今回は、正直あまり期待されていなかったような?個人的にも最近はジャンプは駄目だと聞いていました。

まあ、変に注目を集めるより、その方がかえってやりやすかったのかもしれませんね。

予選1位の伊藤大貴選手は丑歳生まれ、2位のベテラン葛西紀明選手は子歳生まれです。

丑歳と子歳は去年の最強運気組。今年も上々の運気ですのでうまく勢いを維持しているようですね。期待したいと思います。
また、あんまり関係なさそうながら、この二人は最高の相性です。二人でいることが大切ですよ

☆連日カーリングの熱戦が伝えられていますが、今日の英国戦の最後の一投、主将の目黒萌絵選手のビッグショットは見事でした。

これで星を五分に戻しましたね。前日の高橋大輔選手の活躍に勇気をもらったような見事な復活ぶり。メダルの期待も高まろうというものです。

それにしてもチーム青森、なんかやたらきれいなおねーさんがいますね。
あれが、本橋麻里選手か。

調べたら寅年生まれじゃないですか。高橋大輔選手と同じ寅歳です。
今年は年女で大幸運年。期待しましょう。

子歳生まれの主将目黒選手との相性は、これもばっちりです

このブログを応援してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧