心と体

2010年9月 1日 (水)

twitter始めました!

twitter始めました!

毎日の日の吉凶を占う

伝統の暦注をやさしくつぶやきます。
                    
Twitter_logo_header

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

トヨタの運気は?

先日、引退した朝青龍が申歳生まれで、寅歳の今年運気最悪といいましたね。
干支占いの「刑」「冲」という最も悪い特別運が、ダブルでやってくるからです。

で、今大変なことになっている申歳生まれはもう一人います。そう、日本を代表する大企業、トヨタ自動車の社長の豊田章男さんなんですね。これが。

あれほどの大企業の運気が、いったいどこまで社長の運と連動するのかは、正直、ケースバイケースです。
ただし、象徴的なことは起こりやすいのは当然ですね。特にワンマン社長の場合や、今回のように創業一族の、求心力の強い社長の場合は、かなり出やすいといえるでしょう。

ことの発端となったアメリカでの事故のビデオをみると、亡くなった方には、本当にお気の毒に思います。

アメリカで売っているトヨタ車には、確かに問題があったのでしょうね。アメリカでの報道の様子を見ると多分にバッシングの要素も感じますが、原因がトヨタにある以上、批判は甘んじて受ける他はありません。

私も著者ですから、ものを作ることの大変さを知っています。本を書く場合も、私が書いたラフな原稿を編集者の方になおしてもらうのですが、その帰ってきた原稿をみると、大
抵、多くの変更箇所が必要なことに気が付きます。
そして、直した原稿をまた編集者の方に渡す、また戻る。また直す。

何回もこれをやるわけです。それで完璧なものができるかというと、それでも間違いはあるんですよね。

小さな間違いを必死になって探して、もう安心だと思うと、大きなポカを見逃していたりする。

トヨタに話を戻すと、現在の看板車種のプリウスまでリコールになりました。プリウスなどは先端技術の固まりで、顧客にアピールできる点は普通の車の10倍はありそうな車です。

カタログにも、

すごくよく効くブレーキが標準装備です(`・ ω・´)キリッ

なんて今時書いていないでしょう。

そんなものは、一万円の中国製自転車にだって付いている。でも、そのあたりまえが恐いんですね。

まあ、詳しいことは解りませんが、トヨタがやばいと日本もやばいだろうことは、よく解ります。
豊田の殿様には、こんな運気の中でもがんばってもらわねば。

それにしても、頂点にいるってことは大変ですね。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora
高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 7日 (日)

お伊勢参りにいってきました

Isekaeri
今年の初詣は少し気合いを入れて、伊勢神宮までお参りしてきました。

伊勢には何ともいえない、他にはない空気がありますね。大勢のお参りの人々を受け入れながらも、少しも神秘性が損なわれないのがすごい。
厳かでありながらも、とても大らか。透明でありながら、とてもしっかりした感覚を受け取ってきました。

最近はパワースポットが大流行ですが、伊勢は倭姫命(やまとひめのみこと)が足で探したパワースポットですから、格の違いがあると思いますよ。

何かの祈願をさせていただくことはもちろんですが、日本人とは何かを考えたり、感じ取ったりする事は心に平安をもたらすはず。
悠久の時の流れに思いを馳せ、そしてそれを心に取り込む事。とてもいい経験でした。

ところで、今年は二十年に一回の遷宮に向けて、宇治橋が新しくなった事もあり、特別な盛り上がりがあったようです。

神職の方のお話では、定期的な遷宮には、技術の伝承の意味があるのだということでした。何せ、お社から、三種の神器から、すべて全く同じものを、同じ技法で作り直すのだそうです。大変ですね。

ものを後世に伝えるだけなら、最初の一つを作ればいいわけですが、それでは作った人が死んだときに、その経験が失われてしまう。

なるほど(・0・。)

まあ、一種の公共事業という側面も。エコの観点からも最近はなじまない話かとも思いますが、伊勢神宮では木材からなにからすべてが自前のものですから、何もいうことはありません。

それに、繊細に穢れを避ける神事の作法をみるにつけ、全てを常に新しくするのが当然と、だんだん、そう思えてくるから不思議です。

厄払いや、本の売り上げや、家内安全や、色々お願いしてきましたが、何より自分が浄化されたような気分になるのがいいですね。

写真は帰りの車窓から。笠をかぶった不思議な富士でした。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora
高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!
好評のNHK大河ドラマ、福山雅治「龍馬伝」でいうと吉田松陰と大久保利通が寅歳です。本書でも触れていますので、歴女の方もどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

タイガー・ウッズに学ぼう!

今日は、特殊な病院に入院してしまった天才ゴルファーの話。
ちょっと前までのゴルフ界の貴公子然としていたタイガーウッズです。自動車事故のニュースに始まった例の不倫騒動以来、こんなに突然評価が変わった人も珍しい。

まず、彼の生まれは卯歳の12月生まれです。卯歳といえばかなりエロティックな干支ですね。
セックスで失敗することは、卯歳の失敗の定番といえますから、卯歳生まれの人は気をつけたいところです。

そして、12月生まれなら、水の中の木。そして「刑」が付く。恵まれた才能と危うさが同居した生まれだということができます。

また、タイガーの命式は「偏印」と「傷官」とが並ぶ月柱で、これは一般に乱れた家庭生活を暗示しますね。
奥さんとの相性は良くも悪くも運命的で、とても強いものがありますが、お互いの日の干支が「害」ということで、不倫の一つぐらいは織り込み済みです(まあ普通 の意味で)。

しかし、いくら理屈で危うい部分がある生れでも、タイガーウッズの性癖がが明るみに出なければ、さすがに解釈に困ったことでしょう。それほど、今まで誰もが、彼にパーフェクトな印象を持っていました。

まあ、こういうのを見ると、人間程々にしていられるのが一番だなあと。
元々そういう素質はあったにせよ、ここまでエスカレートしたのは、常に超一流を期待され続ける、そのストレスと無関係ではないでしょう。

彼のような天才は、凡庸な幸せを選べないのかと思うと、哀れにも思うし、その宿命に畏敬の念も覚えます。

みずから「自分は完璧ではなかった」と語るタイガーに、

「ああ、人間ってそうだよな。あなたでもそうだったんですか。」

と語りかけたくなりますね。できれば英語で…。

彼の起こした騒動は、不倫、SM、ポルノ女優、しかもバイ?の噂やまだまだ続く不倫の発覚、そして診断はセックス依存症。そう、全くろくなものではなかった。

しかし、元のイメージがあまりに完璧だっただけに、何か、その分ものすごく深い教訓を感じざるを得ません。場合によっては、多くの人に生きる勇気を与えたのではないかと。

もちろん、奥さんの心痛は察してあまりあるものですが。

やはり、人間は陰と陽。完璧を演じても、どこかで帳尻を合わせるもの。それを、全人格をさらして、あらためて示してくれたタイガーウッズ。

そんな彼だから、何とかこの苦難を乗り越えてほしいと、本当にそう思いますね。

今まで、あまり真剣にゴルフを観戦したことはありませんが、彼が復帰したら本気で応援してしまいそうです。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora
高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!
好評のNHK大河ドラマ、福山雅治「龍馬伝」でいうと吉田松陰と大久保利通が寅歳です。本書でも触れていますので、歴女の方もどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

小朝と泰葉の離婚(アメリカって遠いの?)

春風亭小朝さんと泰葉さんが離婚とのことですね。今記者会見やってます。離婚はお互い了解の上とは言いながらも何か二人の意思疎通は十分ではないような?

離婚理由はどうやら泰葉さんにあるようですが、当初はイベントの仕事に興味が移ったからと言う事でした。しかし、質問した梨本さんの「それでは離婚の理由にならない」という鋭いツッコミによって、記者会見の場が小朝さんを含めた泰葉さんの離婚理由追及の場のようになってしまっていました。
泰葉さんの女の子としての自分をなおざりにしてきましたというような発言が飛び出した辺りでは、小朝さんも「えっそうなの?」といった感じ。会見の始めは何とか維持していた、噺家らしい特有の余裕が消えてました。意外な番組の(いや離婚会見の!)進行で、こんなことを言っては申し訳ないがすごく面白かったです。

四柱推命では結婚運は日柱の在り方が大きく影響します。例えば変わり者を意味する「偏印」などがここにあると、あまり結婚に向かないような人物と結婚してしまうという暗示が付くことになります。
それでこの二人の命式をみるとなんと二人とも日柱に「偏印」があるんですよね。どちらも家庭的とは言い難いですから、正に変わり者同士の結婚ということになります。これが20年近くも続いたのは奇跡に近いのですが、二人の置かれた環境の特殊さがこんな例外を産んだのでしょうね。夫婦と言うより共同経営者とか師弟関係に近いものがあったようですから常識とは当然違ってくるでしょう。しかし、歪みはついにやってきたと、結局そんなところではないでしょうか。

それにしても20年近くも良く持ったものです。四緑と九紫の相性の良さがあったんでしょうね。泰葉さんの木気が小朝さんの火気を上手く生じていたのでしょう。木生火(もくしょうか)といって乾いた気をこすり合わせて火を起こした昔の習慣を思い起こしてください。火も木もお互いを必要とする良い関係ですが、すり減ってゆくのは木、つまり泰葉さんの四緑木星だったわけです。
小朝さんとしては自分を生じてくれている泰葉さんにもっと気を遣うべきでしたが、残念ですね。小朝さん去年今年は戌亥の天中殺ですからそんな心の余裕は無かったのでしょう。しかし天中殺中の離婚では後で悔やむ結果になりそうです。

泰葉さんは「兌宮」にいて運気的には好調のはず、仕事や人付き合いの面で好調なだけに新たな自分に気付いてしまったのでしょう。確かに彼女にとって発展的な別れではあるのでしょうが、小朝さんは。。。

「お母さんアメリカって遠いの?」
「黙って泳ぎなさい」

これ大好きでした。小朝さん頑張ってくださいね。

高島大鳳

高島暦は神榮館 高島易断所総本部編纂 

あなたの幸せを約束します。類似品にご注意を! 

平成20年高島本暦絶賛販売中!

//////////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月18日 (月)

高島大鳳.com 新コンテンツ発表!

ご無沙汰しておりました。久しぶりの更新です。

消えた年金問題?松岡大臣の謎の死?邦子さんの乳ガン?あおいちゃんの結婚?いやいや、言いたいことはたくさんありますが今日は違います。
数々のビッグな話題を右から左に受け流しつつ、私はあることに没頭していました。

実は今回は皆さんの運勢、誰でも利用できる新コンテンツを発表します。

高島大鳳.com「運勢と暦の部屋」のオープンです!!
なんと確実に毎日更新!(自動ですので!!)

要するにwebの暦です。かわいがってやってください。

機能としては、まず10日後までの運勢が分かります。(ご自分の本命星をチェックして下さい。時間の設定をしたら表示ボタンをクリックするだけ)
また過去については100年前後遡れますので、ここに誕生日を入力すればご自分の生まれた日がどんな日だったかが分かる様になっています。

本命星の分からない人は表を見て探して下さい。また生年月日を入力した場合、年の九星がその人の本命星となりますので、それで判断するのも良いかと思います。

占いの他にも毎日の潮汐(東京芝浦)、日の出日の入り、南中時刻。月の出月の入り(全国六カ所)が分かる様になっています。
行事欄には各種の行事やお祭りなどが表示されます。(祭事の日付は出来るだけ確認していますが、実際の開催日を保証するものではありません。)

最後の方にある「必ずお読み下さい。」は必ずお読み下さい。


・・・もっと先のことが知りたい?

その場合は書籍の暦をお求め下さい。
それに作っておいてなんですが、所詮はプログラムです。易者が書いた本には遠く及びませんので、大体こんな感じ、という程度にお考え下さい。ただwebの暦としての可能性は探って行きたい(見やすい運気barは必見!)と思っています。書籍の暦とは「別物」の形で今後発展させて行きたいと考えています。

現状β版と言うことで、誤字脱字等も結構あるかと思います。バグもあるかもしれません。

もし、間違いを見つけた!そんなときは優しく教えて下さい。


平成19年6月18日(月) 

高島大鳳

web暦 運勢と暦の部屋
高島大鳳.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

保阪尚希が出家だそうです。

タレント保阪尚希さんが出家すると発表したそうです。私は以前保阪さんに関しては元奥さんの高岡早紀に絡んでひどく強情そうな命式と書いていますね。あの時点ではこれ以上書く気がしなかったのですがもう少し書いてみましょう。

保阪さんに関しては割と良い印象を持っていました。テレビで見ても彼の発言はわりと理性的ですし自分というものをしっかりと持った強い人だと思ったからです。
しかし、命式をみると強いは強いのですが、月に「劫財」が二つ並ぶ命式でさらに年に「劫財」があるという非常に水気に偏った命式。劫財の多さは凶暗示の強 さにつながります。月柱に劫財二つと言えばつい最近でも、不二家の藤井林太郎氏や、ひき逃げ事件を起こした野球選手、オリックスの前川勝彦投手等を記事に しましたね。月に劫財二つ、これは何かあるのでは?と思っていたのです。

とは言っても好きな俳優さんです。悪い命式だが、気の毒な生い立ちや離婚などでこの凶暗示を使い切っていてくれればいいなとも思っていたのです。しかし、 また大きなニュースが伝えられる事になりましたね。この出家という事が良いことなのか、悪いことなのかは今後を見守る必要がありますが、幸せな時にこうい う決断はあまりないはずです。

保阪さんは二黒土星で今年八方塞がりです。八方塞がりの時は何であれ新しい行動を避けるのが基本ですね。それでも、何かしなければいけないと思うような、大変な状況に追込まれる時でもあるので、そこが悩ましいところなのです。
ただ、困難な状況の中で身を落ち着け、余計な活動を停止するという意味では出家は悪くない。結婚なども同様です。しかし彼の場合仕事を止めるわけではない そうですので、事実上は出家とは違うようです。剃髪をするわけでもない、芸能活動を止めるわけでもない。では何をするつもりなのか?まあ見守らせてもらう しかないですけどね。

それにしても、いくら理知的になっても人は宗教とは無縁に生きられるほど強くはないようです。私はどうかと言えば、前回お彼岸の話をしましたが要するにあ んな感じでして、私の宗教観などは実に素朴な物です。神は信じますが特定の宗教を信心をすることはありませんね。だからといって新興宗教にのめり込む人を 否定する気もありませんけど。何を得るかは人それぞれですから。

ただいつも思うのは、神というか超越的な存在を本当に感じたいのなら、自分とその存在との間に不要な物が入り込まないように努力すべきではないかということです。ここに隙間を設け間に入り込もうとする人間にあまり良い人物はいません。

皆さんくれぐれもお気を付けて。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

今年の暦、絶賛販売中!

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年3月 5日 (月)

何から引退?飯島愛

タレントの飯島愛さんが引退と伝えられました。ん、何から引退?とも思いましたが、芸能活動を引退と言うことだそうです。

飯島さんは一白水星ですから、去年は暗剣付きの「震宮」で大変な年でしたね。マネージャーの横領事件などもあったそうですから、いかに波瀾万丈な人生を生きてきた彼女でも心労がつのってしまったのでしょう。
ただ、今年は「巽宮」ですから、風の象意であり自然と新たな展開が起こり前途は開けてきたはずです。あえて引退などと言う決断は必ずしも必要ではなかった とはおもいます。それでも「巽宮」が表す暗示の中には婦人病(下半身に関する病)というものも含まれているので(腎臓とも言われていますが)、もしこの辺の悪化や、悪化の予感があった なら致し方ないとも言えるでしょう。

性格としては本来「正財」が主星のきっちりした人ですね。「正官」が並ぶのでどんな分野でも成功する素地のある人です。責任感もあり気も使う人ですので、 テレビで見るワイルドな女というのとは少しイメージのズレがありますね。元AV女優という経歴から要求される姿というものも当然あったのでしょう。
目立つ場所にいれば常に昔のことは言われますから想像以上のストレスがあったのでしょうね。全然気にならない人もいるでしょうが、「正財」と「正官」という生真面目な性質ではそうも行かないでしょう。

引退という大きな決断を一つの理由で決めることはありません。幾つかのこうした理由が重なってのこの騒ぎなのではないでしょうか。

ただし、元々幾つもの副業を持つ性質の人ですので、今後テレビで見る機会が減ったとしても、どこが引退なんだというような事になる可能性もありますね。二 種類の財星があることからマネージメント能力がありますのでビジネスの世界に重きを置くという程度の変化になるのかもしれません。

ところで飯島愛の成功以後AV女優の質が上がりました。あくまで聞いた話ですけど(^_^;) しかし、彼女に憧れてその道に入っても、同じような成功が 出来た人はいませんね。これは彼女の命式の良さによっているところが大きかったようです。どこからでものし上がる「暗禄」や「魁ごう」と言う星も持ってい る人です。

体の心配を置いておけば、今後の成功は間違いなく芸能界を引退するからと言っても必ずしもかわいそうと言うことではなさそうです。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

今年の暦、絶賛販売中!

この人はある意味捨て身なところが魅力なので引退で逆に注目されることになるかも思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年12月20日 (水)

もうすぐ冬至です。

もうすぐ12月22日の冬至がやってきますね。冬至というのは「冬が極まる」という意味で、夜が最も長く、昼が最も短い日という事になります。

我々易者の言う陰陽の理で置き換えて言うと陰の気が極まるところと言うことになるのですが、どちらかというと陰の極地というより、陽の始まりと捉えることの方が多いです。
よって、かつてはこの冬至こそが一年の始まり、と言うより暦の始まりの日として重要視されていました。昔の陰陽師達が一年の国運を占ったのもこの日です。 冬至の日に卦を立てれば決して外れることはないと言われていました。(じゃ他の日はどうなんだ?なんて聞かないでくださいね。バチ当たりますよ!)

昔の人は季節の変化を陰陽の相剋によって生まれるものと考えていたのですね。石油を使いまくる現代人と違って、かつての人々にとって冬はずっと厳しいもの でした。この時期になると各地で火を使った祭りを行ったのですが、これは別に火に当たって暖まるためではなくて、新しく生まれる陽の気を助ける呪術で あったようです。

現在でも多くの人が行うゆず湯の習慣。これも同様の呪術のひとつです。丸い果実であるゆずは陽の気の象徴であり、これを陰のお湯の上に浮かべるわけです。こうする事で陽の兆しを祝うと共に、陰の気がもたらす風邪などのウイルス性の病気も祓おうとしたのですね。

世間では最新のノロウィルスで大騒ぎですがこんな時こそ、ゆかしい習慣を実行しましょう。

また12月を和名で師走(しわす)と言いますが、一般にこれは師を先生として、先生も走る忙しい月と解釈されています。もちろん正しい説なのですが、これも陰陽論から見ると別の解釈もあります。

いつも参考にさせていただいている吉野裕子さんの考察では、師という文字を「大」「万物」と捉えて、万物が徐々に動き始める様を「師走」と言ったのではないかとあります。つまり、陰陽の相剋の中で陽が動き始め陰の停滞を打ち破る、その始まり、走りだというのです。
また、この師という文字は易者にとっては先生ではなく、戦(いくさ)あるいは軍隊の様な物を意味しますので、さらに違った解釈も可能かもしれません。

現実には寒さはまだまだこれからなのですが、昔の人は天文学に基づいた季節感の中で、ある意味形而上学的に生きていたと思うと不思議な気がします。
今はまだ冬ですが、冬の中で夏の兆しを、夏の中で冬の片鱗を見ながら生きていたのですね。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

クリックして陰の気や悪いウィルスを祓いましょう。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

加トちゃん頑張ってください。

10月30日に加藤茶さんが心臓の疾患ということで入院しましたが、いまだに「集中治療室」に入院中なのだそうです。ご容態が心配されますね。

何でも加藤茶さんは酒も煙草も大好きで、60才を超えても朝まで銀座や六本木で遊ぶとか、とにかく不健康な生活をしていたそうです。また、そういう遊び人としての自分を誇っているような所もあったそうですから、仕方がないといえば仕方がないのですが。

時運を少々見てみると、加藤さんは三碧木星ですね。三碧年の今年はまだ八方塞がりの中です。八方塞がりは健康面で言うと持病の再発に注意が必要な時なので すが、加藤さんは以前にも心臓の手術をしているそうですので、やはり再発と言えそうです。八方塞がりの象意の通りとはいえ気の毒ですし、残念です。
加藤さんは2003年に熟年離婚をしているそうで、今や気遣ってくれる奥さんもいないんですよね。それで不摂生にも拍車がかかってしまったのかもしれません。

離婚に関しては気になる点があります。加藤さんは癸未(みずのとひつじ)の年の生まれです。そうすると離婚した2003年は60才の還暦になる年で、男の中厄に当たる年でした。 この年は家庭、特に夫婦関係などはゴタゴタしがちなのですが、孤立することは実に危険で避けなければいけません。この時期に一番やってはいけないような事 は離婚なのですが、そこで離婚してしまったのは実に不味かったと思います。

そもそも「偏官」が二つ並ぶような加藤さんのような人は何時だって健康には要注意です。成功するにしても身を削る様な形で成功するので何処かで行き詰まっ てしまう。また日柱に「印綬」と「羊刃」が並んでいるような所も、天才にして病に倒れる様なイメージがあります。奥さんがどんな人だったかは知りません が、母性的な配偶者を必要とする人だと思いますね。まあ、不摂生は昔からですので、それで愛想を尽かされたのかもしれませんが。

もう一つ。主星「偏官」の加藤さんですから、向こう気も強くて頭を押さえられるのは本来嫌いなはずです。リーダーのいかりや長介さんとの関係も一通りでは なかっただろうと思われます。慕う気持ちの半面、殺してやりたいぐらいの反発心もあったでしょう。一度ならず脱退も考えたようですがよくドリフに居続けた ものです。毎日のように飲み明かすような不摂生は、仕事の憂さ晴らしのために付いてしまった習慣なのかもしれません。それでもいかりやさんは簡単に否定す ることも、また離れることも出来ないような父親のような存在だったのでしょう。

しかし奥さんと離婚した翌年、加藤さんはそんな大きな存在だったいかりやさんにも逝かれてしまいました。何とも寂しいですね。いくら遊んでも埋め合わせは効きそうもありません。

でも何とか持ち直して欲しいです。あのハゲオヤジ(名前が分からん!腹巻きしているカツラキャラ)だって今の子供達もみんな知ってます。外人の野球選手が「加トちゃんペッ!」とかやってますし。
加トちゃんは酒も女も煙草もやる結構なワルですが、なんと言っても伝説の男。ドラムだって叩けるんですよ。最近はやりのちょいワルオヤジなんか笑わせるなっていう感じです。

一日も早い回復をお祈りしています。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

早く元気になって病院のベッドでちょっとだけよ~ってやって欲しいと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧