スポーツ

2010年3月 1日 (月)

おつかれ!強運戦士達!!

さすが年女、寅歳三人娘やってくれました。最後のメダル獲得の期待に見事応えてくれましたね。

日本のメダル5種目7人のうち、この団体パシュート、小平奈緒選手と穂積雅子選手と田畑真紀選手の3人と、フィギュアの高橋大輔選手4人が寅歳生まれでした。

強運とともに重責ののしかかる年男・年女。見事に期待に応えてくれました。

今年の寅歳生まれの強運期に向けて出版した拙著「寅歳生まれは痛快な人」をごらんになれば寅歳の痛快な秘密を余すところなく解説しています。

また、同様に今年が強運期になる午歳生まれ。いうまでもなく、浅田真央選手が大活躍してくれました。

金メダルを取ったキム・ヨナ選手もまた午歳生まれ。拙著「午歳生まれは最強な人」をご覧になれば午歳の最強の秘密を余すところなく解説しています。二人のライバル関係についてもふれていますよ。

ふう、今日はおもいっきり宣伝モードだなあ。

そして、丑歳生まれの加藤条治選手。
丑歳生まれは去年が最強運気であり、それに向けて拙著「丑歳生まれは強運の人」を出版したのですが、その中で去年大活躍した宮里藍選手やイチロー選手を、丑歳代表として紹介していました。
今年も悪い年ではないので、去年の勢いを維持できているはずです。
本人は、あくまで金を狙っていたので、不満もあるでしょう。それでも、やはり銅メダルは立派というほかないですね。

最後は長島圭一郎選手ですが、彼は戌歳生まれ。戌歳は今年「三合」という最強運気の中です。主催者の不手際にあったりもしましたが、なんてったって銀メダル。すばらしかったです。
ただ、今年の戌歳は狙い目なのに、実は戌歳はまだ本にしていないんですよね~
私の周りには戌が多いので、早く書けといわれているんですけど・・・

ということで、私の干支シリーズはまだ三冊しか出ていないのですが、今回の日本のメダル獲得者、7人のうち6人が既刊の3冊の干支に入っています。

幸運期を狙って出版してきただけに、これはなかなかうれしかったです。

今回、金メダルが残念ながらなかったのですが、数多い入賞者を含め、全体的になかなかの成果だったと思いますね。

みなさん、胸を張って帰ってきてくれればいいと思います。

本当にお疲れさまでした。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

頑張れ!寅歳三人娘!!

さあ、バンクーバーオリンピックも残すところ後二日だそうです。

日本は現在メダル四枚で、金なしということですよね。
入賞者達まで含めれば日本はかなり健闘していると思いますが、やはり、オリンピックというと欲しいのはメダル。
若干寂しいかなと。

日本が比較的得意な団体競技、特にカーリングやスキーで取れなかったのは悔しかった。

しかし、まだ一つだけ残っています。そう、チームパシュートです。

チームパシュートってなに?

っていう人も多いと思いますが。私も知りません。

でもそんなことは、どうでもいいです。

聞けば、このチーム。小平選手だけでなく、4人チームのうち3人が寅歳生まれだというではないですか。

年男・年女というのは基本的に幸運期。
たとえば銅メダルを獲得した高橋大輔選手が寅歳生まれです。

ただし、年男・年女は幸運期であると同時に重責がのしかかる年でもあります。
その意味で、メダルを逃し続けた我々日本人の、最後の最後の砦がこの寅歳三人娘だというのは、まさに宿命だといえるでしょう。

でもまあ、気負うこともないでしょう。それぞれの課題に向かってがんばってくれれば、それでいいです。

今回はモーグルの上村愛子選手に始まり、多くの悔し涙を見つめてきましたが、泣けてくるのは、そのことに本当にひたむきだったというしるしです。

誰にも奪うことができない価値がそこにありますよね。
それを見せてもらった私たちも、これから少し強くなれるのではないでしょうか。

いよいよ最後。日本の選手達は精一杯やってきてほしいです。

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月26日 (金)

戦いは終わった!とりあえず

すごい戦いでした。

とりあえず、キム・ヨナ選手の完璧な演技と精神力には脱帽ですね。

真央ちゃんとは同じ午歳生まれながら、節月でいうとキム・ヨナ選手が申の月、真央ちゃんが酉の月。

申は非常にクールなのですが、今回はさすがに背負っているものが重すぎて、キム選手もプレッシャーに負けるのではないかと思っていました。

が、心も体も鍛え方が違うんですね。おみそれしました。

とはいっても、真央ちゃんもすばらしかったです。

キム・ヨナ選手のノーミスの演技の終わった段階で、もはや真央ちゃんの勝ちはほとんどなくなりましたが、そんな状況の中で自分の演技を演じようとする気迫がすごかった。
高度な演技をやり遂げたいという情熱が、ひしひしと伝わってきましたよね。

この二人の午歳生まれは、互いに切磋琢磨しているうちに二人ともとんでもない高みに上ってしまったようです。
真央ちゃんがトリプルアクセル3回でいけば、キム・ヨナ選手は世界最高得点で応じる。どちらも常人には、とてもできないこと。

こういうドラマを見せてもらえただけでも、よかったと思います。

まだ、二人とも19歳。

第二幕、第三幕とありますから、この先も楽しみにしていましょう。

おつかれさまでした。

万鳳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

プルシェンコさん!なんか言って

さてさて、女子フィギュア。ついにSPが終了しました。

この時点でキム・ヨナ選手が1位。浅田真央選手が2位ですね。

私は浅田選手が滑り終わったときに、勝った!と思っていたんですが・・・

んで、キム・ヨナ選手が滑り終わったのを見ても、やっぱすごいけど、まあ、真央ちゃんが勝ってるかなと。

で、キム・ヨナ選手の得点をみて、エ、5点差?Σ(・Д・;)ェェェエエエ!!

となったわけです。

なんか違和感があったのですが、これは女子フィギュアオリンピック史上初の大技ジャンプより、難易度はそこそこでも、一定のジャンプを完璧にこなして、全体の表現力を上げた方が点がいいのだということなのでしょうね。

そういわれりゃー確かに。キム・ヨナは色っぽかったよなー

でも、フィギュアはダンスじゃねーぞ!って誰かいってなかったか?

あっそーだ、プルシェンコ!

いってやれ、いってやれ!皇帝が直々に裁定してやってくれ!

と、まあ。
いろいろ、いいたくなるところではありますが。

素人のひいきの引き倒しは選手にとっても迷惑でしょうし、おとなしくフリーのなり行きを見守るとしましょうか。

しかし、午歳同士。すごい戦いだ。

このブログを応援してくださる方はクリックお 願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

頑張れ、きれいなおねーさん達!

☆バンクーバーオリンピック後半戦ですが、三人のメダル獲得で日本にも勢いが付きそうですね。ここに来て、スキージャンプ予選で日本勢が上位を独占しています。

しかし、ジャンプ陣、今回は、正直あまり期待されていなかったような?個人的にも最近はジャンプは駄目だと聞いていました。

まあ、変に注目を集めるより、その方がかえってやりやすかったのかもしれませんね。

予選1位の伊藤大貴選手は丑歳生まれ、2位のベテラン葛西紀明選手は子歳生まれです。

丑歳と子歳は去年の最強運気組。今年も上々の運気ですのでうまく勢いを維持しているようですね。期待したいと思います。
また、あんまり関係なさそうながら、この二人は最高の相性です。二人でいることが大切ですよ

☆連日カーリングの熱戦が伝えられていますが、今日の英国戦の最後の一投、主将の目黒萌絵選手のビッグショットは見事でした。

これで星を五分に戻しましたね。前日の高橋大輔選手の活躍に勇気をもらったような見事な復活ぶり。メダルの期待も高まろうというものです。

それにしてもチーム青森、なんかやたらきれいなおねーさんがいますね。
あれが、本橋麻里選手か。

調べたら寅年生まれじゃないですか。高橋大輔選手と同じ寅歳です。
今年は年女で大幸運年。期待しましょう。

子歳生まれの主将目黒選手との相性は、これもばっちりです

このブログを応援してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ


万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

高橋大輔選手日本人快挙の銅!

☆バンクーバーオリンピックも終盤に向かってきました。

今日は高橋大輔選手の銅メダルという快挙がありましたね。とても立派だと思います。

今回は三人出場で期待も高く、手ぶらでは帰りづらい状況の中、リーダー格の高橋選手が悲願のメダル奪取で見事に期待に応えました。

ま、私にいわせれば、さすがは寅歳、歳男ということになるのですが。

☆織田選手も靴ひもが切れるというアクシデントの中で7位入賞は立派。
もっとひどい点になってしまうのではないかと思いましたが、キチンと評価してもらえてよかったですね。

ただ、こんな言い方は不謹慎かもしれませんが、靴ひもが切れるなんて、ある意味チャップリンらしいとも思うのです。

靴自体もボロボロでしたね。ひもは元々切れていたとか。

あれは、織田選手の普段からのスタイルなんでしょうか。

それともチャップリンを意識してのこと?

チャップリンといえば、ボロボロの穴のあいた靴がトレードマーク。
私は織田君がインタビューで靴ひもが切れた理由を聞かれたとき、

「あの、チャップリンらしさを追求したくて、新品のひもはどうもつけられなかったんです。」

とでもというかと思いましたよ。

ボロ靴とチャップリンを結びつけて連想する人は私以外にも多いはず。まさか、それで審判が大目に見てくれたなんてことはないでしょうがね。

☆小塚選手はさすがにサラブレットといわれるだけあって、滑りそのものに気品がありますね。初出場で入賞も立派ですが、あれに確実な技術が伴えばプルシェンコ並のオーラを放つ選手になるのではないかと思いました。

☆女子のスピードスケート1000mは小平選手が5位で後ちょっとでしたね。彼女には寅年生まれということで注目していたのですが、3位に100分の8秒差とか。本当に惜しかった。

☆ハーフパイプの青野選手と國母選手の二人は実力を出し切れず残念でした。
しかし、私はハーフパイプをはじめて見たのですが、すごく面白かった。とてつもない演技をしたショーン・ホワイト選手など、全く知らなかったし、この競技自体が新鮮な驚きでした。
多くの人がそうだと思いますが、あの競技に注目したのは國母選手が起こした騒動のおかげです。
あの競技をやってみたいと思う子供たちも、かなり増えたんではないでしょうかね。

しかし、あのフランス人選手たちのマジックで書いたダリみたいな髭といい、他のオリンピック競技とはちょっと違った、いい意味で和やかな、悪くいえばダラけた雰囲気が会場から感じられました。どちらかというと、オリンピックというよりは、地方のお祭りのような感じですね。

良くも悪くもノリがほかの競技とは違うような。國母君に限らず、あまり彼らには目くじらたてない方が良さそうですね。

☆さあ、後は午歳。いや、真央ちゃん達の番ですね。ひとごとながら緊張するな~

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

織田信成の選曲

男子フィギアの三銃士は凄かったですね。

特に年男、寅歳生れの高橋大輔選手にはしびれました。

あれほどの怪我や絶望する自分の弱さを乗り越え、ここまでやるとは感動的です。

織田信成選手も実力をキチンと発揮できてメダル圏内。すごいですね。

小塚崇彦選手の演技もすがすがしく、将来を期待させてくれました。

明後日のフリーが楽しみですね。

三人の演技も良かったのはいうまでもないですが、少し織田選手の選曲に感じ入るところがありました。織田信長の末裔のオリンピックデビューにふさわしい演出と思ったからです。

今日は、ちょっとそのお話を。

織田選手の曲はメインはリストの「死の舞踏」ですが、冒頭のゆっくりとしたパートは別の曲で、「私が地中に横たえられた時」でした。

この曲はヘンリー・パーセルの歌曲「ディドとエネアス」の中のハイライトシーンで歌われる曲です。

もちろんBGMですので歌は流れませんでしたが、この曲の歌詞は信長の運命と重ね合わせると、とても意味深な感じがします。

この曲の歌詞の最後の部分はこうです。ザッとあらすじから。

カルタゴの王女ディドは、トロイ戦争から逃れ漂着した王子エネアスと熱烈な恋に落ちます。しかし、ディドには折り合いの悪い宿敵の魔法使いや魔女がいて、幸せになるなど許されない宿命。
二人は結ばれたものの、魔女たちの陰謀によってあっという間に引き裂かれてしまいます。

ディドは悲しみのあまり自殺しますが、その死の間際、意識が消え去る最後の瞬間に、最愛の妹、ベリンダの腕に抱かれて歌います。

Thy hand, Belinda, darkness shades me ~

Remember me,but ah! forget my fate.

「手を貸してベリンダ、暗くなってきたわ。私は地中に横たえられるのね。私のことを忘れないで。ああ!でも、私の悲しい過ちだけは忘れてほしいの。あなたを苦しませたくないから。」(万鳳訳)

私は、別にそれほどクラシック好きでも、オペラ好きでもないのですが、この曲の美しさには戦慄に近い感動を覚えたことがあり、大好きなのです。

そんな曲を織田選手のおかげで、久しぶりに聴けたのでうれしかった。

しかし、この中世的で古城のように端正な曲調。避けられなかった宿命と、自分を思い出して欲しいと願う、悲痛な暗闇からの叫び。

オ、織田信長・・・ ((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

ま、あくまで私の感想というか妄想です。

本当の選曲の意図は、知りゃしません。

とにかく、織田君好きになりました。フリー頑張ってね。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

盛り上がってまいりました!バンクーバー

☆モーグルの上村愛子さん。決勝は4位という結果でした。

「なんでこんなに一段一段なんだろう」

いや、立派です。ほかの誰にそんなことができるでしょう。

本当にお疲れさまでした。

☆スピードスケート500m長島圭一郎選手やりましたね。銀

今年の戌歳生まれは長島選手をお手本にいきましょうよ。戌歳らしい辛抱強さが勝利をもたらします。

エリートのライバル加藤選手に比較して、雑草といわれていますが、干支でいわせてもらえば、長島選手は野良犬かもしれません。
しかし、野良は野良でも最後に勝ち上がった野良犬。かっこいいなあ!

加藤条治選手もすばらしかったですね。本人の目標が高かったことを考えると、少しお気の毒ではありましたが。
しかし、誰もが認める結果であることは変わりません。まだまだ先がある人です。応援していきましょう。

☆今日は男子フィギアですね。っていうかもうすぐですよ。

それにしても、プルシェンコすげー (゜◇゜)~ ガーン!

今見てしまいました・・・

がっ頑張れ日本の三銃士。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

ハーフパイプ國母和宏選手にエールを

4年に一回のオリンピックという晴れ舞台で、いよいよというときに、思わぬ服装問題で注目を集めた國母和宏選手。

自ら招いたとはいえ、競技に集中したい選手にとって気の毒な状態になってしまいました。

あらかじめいっておくと、私は國母選手に同情的です。

この議論は、納豆に対して

「おまえ、腐ってるだろ!」

と非難しているのと同じです。

国の代表なのだからとか、オリンピックをナメているとかいった議論は、気持ちの上では解ります。

しかし、上村選手等のモーグルの競技中、オフィシャルでニルヴァーナがガンガンかかっているのを聴いていたら、そういう考えが間違っていると思わざるを得ませんでした。

スノボにはスノボの文化があります。

また、ああいうスポーツ界のアウトローをオリンピック競技に加えるのは、冬のオリンピックの主催者側の、背に腹は代えられない事情もあるのでしょう。

ファッションもスポーツも時代とともに変遷するもの。

國母選手のあの格好にここまで大騒ぎするのは、むしろ、現在のオリンピックのあり方をはき違えているような気がしますね。

占いでいうと、國母選手は「印綬」「正官」という立派な命式をもっています。これは、真面目すぎるくらいに真面目な人の命式。

おそらく、彼はスノーボーダーとして、その世界の正装していたんではないか。そんな気さえしてきます。

だいたい、日本はスポーツにしても、芸術にしても、政治にしても、実際のプレーヤーより評論家の意見が強すぎるのではないでしょうか?

現場で一線級の活躍をしている人には、例えそれがどんな異形の者でも、それなりの敬意を払うべきだと思います。

彼らは少々自分勝手かもしれないが、実力を失ったらそこで終わり。そういうリスクを自分で背負った人たちです。
だからこそ人の心を惹きつける。朝青龍もそう。

國母選手には、この騒ぎに負けずに実力を出し切ってくれたらと、心から思います。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月12日 (金)

日本選手団いくぞ!

バンクーバーオリンピックが開幕になりますね。
メダルの期待がかかるのは、ざっと以下の選手たちのようです。

女子フィギュア
安藤美姫1987年12月18日 未歳 12月生まれ
浅田真央1990年9月25日 午歳 9月生まれ

男子フィギュア
高橋大輔1986年3月16日 寅歳 3月生まれ
織田信成1987年3月25日 卯歳 3月生まれ

スピードスケート男子500m
長島圭一郎1982年4月20日 戌歳 4月生まれ
加藤条治1985年2月6日 丑歳 2月生まれ

スピードスケートで女子1000メートル
小平 奈緒1986年5月26日 寅歳 5月生まれ

フリースタイルスキー・モーグル
上村愛子1979年12 月9日 未歳 12月生まれ

男子ハーフパイプ
青野令1990年5 月15日 午歳 5月生まれ
国母和宏1988年8 月16日 辰歳 8月生まれ

ジャンプ団体

ノルディック複合団体

ショートトラック女子リレー

カーリング
チーム青森

個人の運気で団体競技はちょっと難しいので、そこはちょっと別にしておきましょう。

個人競技では10人いて、午と寅と未が二人、卯戌丑辰が一人ずつ。

私がいつもいっている今年の強運の人、午歳と寅歳で四人。そして、同様に強運期が来ている戌歳生まれで半分の5人になります。

他の人が悪いかというとそんなことはないです。
面白いのは、干支占いの凶年となる「刑」「冲」「破」「害」の人がこの中に一人もいないことですね。つまり、みんないい。

これは、このような晴れ舞台でメダルの期待を受けること自体、全員強運気の中ということでしょう。

また、このような若い世代では、生まれ月の影響が強いのですが、その意味でもだいたいいいです。

年運が特にいいのが、午歳の真央ちゃんと青野選手、寅歳の高橋選手と小平選手、戌歳の長島選手ですね。

ただ、真央ちゃんはライバルのキム・ヨナ選手も同い年。いわば午歳同士、強運気の中での宿命の決戦。

午歳という意味では当然同じ運気ですが、生まれ月で真央ちゃんの9月生まれの方が、
キム・ヨナ選手の8月生まれ(節月)よりいい(*゚▽゚)ノ

おおかたの予想ではキム・ヨナ選手有利のようですが、大いに期待していようではありませんか。

男子フィギアの高橋選手には年男として、がんばって欲しいですね。年男というのは責任がのしかかる宿命ですが、運気も同じくらい付いてきます。
去年苦しんだことも寅歳の流れに添っているので、ここで大きく取り返せるはず。

バンクーバーの地元の新聞では銀3,銅5の8枚の予想だそうです。私はそうですね、順当な線がその新聞の出した数字だとすれば、もう少し上。

みなさん運気に恵まれているので。これに金が一枚か二枚混ざるのではないか思います。

なにはともあれ、がんばって欲しいですね。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)