アニメ・コミック

2006年10月19日 (木)

槇原敬之VS松本零士

漫画家の松本零士さんが盗作されたとして、歌手の槇原敬之さんに抗議しているということです。漫画家と作曲家での著作権騒動とは珍しいですね。
同業者なら利害関係があるので争うのは当然ですが、このケースはお金の話ではない様です。

問題のクダリとしては
「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」これが槇原さんが提供したケミストリーの楽曲のサビの部分。
そして「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」というのが松本さんの作中に出てくる言葉だそうです。

「夢」「時間」「裏切り」というキーワードがそろっていて、意味も文法もほぼ同じですね。確かに偶然とすれば相当な確率になりそうです。

また、「時間」と「夢」の位置が入れ替わっている点が注目されますが、個人的な感想を言うと、松本さんの出だし「時間は夢を裏切らない」は意味が通じやす いが、槇原さんの「夢は時間を裏切らない」はここだけ見れば意味不明な気がします。メロディーにのせる都合もあるでしょうが、これはあえてやった意図的な 変更とも解釈可能でしょう。

こうした事を松本さんは姑息な変更と見なしてしまったのでしょう。その意味では松本さんの怒りも理解できる気がします。しかし、漫画と音楽では物理的な利 害関係があるわけでもないのだから笑って済ますことは出来なかったのだろうかとも思いますね。父親ほどの年齢差もあることですし、大人げないと言われても しょうがないとも思います。

槇原さんも何で一言ごめんなさいとか、尊敬してますとか言えなかったのでしょうか?

とか言いつつ、私はこの話がこじれた理由が分かります。もちろん占い師としてですけど。

九紫火星の松本さんと四緑木星の槇原さんの相性は両極端なものになりがちです。木生火といって、この相生の関係は木によって火をおこすように非常に有益な 良い関係になりうる。例えば槇原さんがこの曲の発表時に「この歌は大好きな松本零士さんの作品にインスパイアされて書きました」とか言っていれば、松本さ んも「インスパイア言うワリにはそのまんまだが、まあ、可愛い奴じゃないか」となって生涯の飲み友達にも成れたでしょう。

しかし、出会いの段階で態度を間違えてしまうと、怒りの炎にいくらでも薪を突っ込む形になってしまうので非常にこじれてしまうのです。

個々の命式をみると、松本零士さんは「劫財」で見た目よりもずっと人あたりは柔らかいですが、芯は非常に頑固で一度怒らせるとテコでも動かないところがあります。
これに対して槇原さんは「偏官」ですから非常にプライドが高い。頭を下げるのは苦手なタイプです。彼の歌は繊細でどちらかというと女々しい印象さえあるのですが、それは「文昌貴人」の作家性のなせる業。実際の彼はかなり向こう気が強い印象がありますね。

それぞれの命式が喧嘩しやすい星が中心ですので、両極端な相性を悪い方に導いてしまったようです。槇原さんの時運が「乾宮」で権力や利権絡みの事件が起こりやすかったのもあるでしょう。松本さんの「坤宮」もゴタゴタを抱えやすいですね。
でも先にも言ったように凄く良い関係にもなれるのでもったいないんですけどね。
仲直りが上手く行けば、話が弾んで槇原さんが松本作品の主題歌を作るなんて事もあり得るでしょう。

ただ松本零士の描く男くさいキャラクターに槇原敬之の甲高い歌声は全然似合わないので、きっと誰か止めに入ると思いますが(笑)

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

この二人似ていないようでいて作風が説教臭いところがよく似てると思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (10)