« お伊勢参りにいってきました | トップページ | 石田純一と東尾理子の相性は? »

2010年2月 8日 (月)

トヨタの運気は?

先日、引退した朝青龍が申歳生まれで、寅歳の今年運気最悪といいましたね。
干支占いの「刑」「冲」という最も悪い特別運が、ダブルでやってくるからです。

で、今大変なことになっている申歳生まれはもう一人います。そう、日本を代表する大企業、トヨタ自動車の社長の豊田章男さんなんですね。これが。

あれほどの大企業の運気が、いったいどこまで社長の運と連動するのかは、正直、ケースバイケースです。
ただし、象徴的なことは起こりやすいのは当然ですね。特にワンマン社長の場合や、今回のように創業一族の、求心力の強い社長の場合は、かなり出やすいといえるでしょう。

ことの発端となったアメリカでの事故のビデオをみると、亡くなった方には、本当にお気の毒に思います。

アメリカで売っているトヨタ車には、確かに問題があったのでしょうね。アメリカでの報道の様子を見ると多分にバッシングの要素も感じますが、原因がトヨタにある以上、批判は甘んじて受ける他はありません。

私も著者ですから、ものを作ることの大変さを知っています。本を書く場合も、私が書いたラフな原稿を編集者の方になおしてもらうのですが、その帰ってきた原稿をみると、大
抵、多くの変更箇所が必要なことに気が付きます。
そして、直した原稿をまた編集者の方に渡す、また戻る。また直す。

何回もこれをやるわけです。それで完璧なものができるかというと、それでも間違いはあるんですよね。

小さな間違いを必死になって探して、もう安心だと思うと、大きなポカを見逃していたりする。

トヨタに話を戻すと、現在の看板車種のプリウスまでリコールになりました。プリウスなどは先端技術の固まりで、顧客にアピールできる点は普通の車の10倍はありそうな車です。

カタログにも、

すごくよく効くブレーキが標準装備です(`・ ω・´)キリッ

なんて今時書いていないでしょう。

そんなものは、一万円の中国製自転車にだって付いている。でも、そのあたりまえが恐いんですね。

まあ、詳しいことは解りませんが、トヨタがやばいと日本もやばいだろうことは、よく解ります。
豊田の殿様には、こんな運気の中でもがんばってもらわねば。

それにしても、頂点にいるってことは大変ですね。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora
高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

|

« お伊勢参りにいってきました | トップページ | 石田純一と東尾理子の相性は? »

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/33295277

この記事へのトラックバック一覧です: トヨタの運気は?:

« お伊勢参りにいってきました | トップページ | 石田純一と東尾理子の相性は? »