« シー・シェパードに思う | トップページ | ハーフパイプ國母和宏選手にエールを »

2010年2月15日 (月)

西川史子先生がついに挙式

西川史子先生がついに挙式とのことですね。

この先生、ご存じのように高飛車キャラが売りでした。

しかし、命式をみると「食神」「正財」という、非常にいい命式で、本当はキチンとした人でおおらかさも持っている。

にも関わらず、あの売り方。とにかくあざとさが目立って、当初好きにはなれませんでしたね。美人女医というわりには、それほどでもないですし。本当に美人でたまらない先生は結構いますから。

まあ、それはそれ。ユニークなキャラは魅力的です。とにかくおめでたいことですね。

それで旦那さんですが、二つ下といっていますが、昨日誕生日で36歳なら、1974年の寅歳生れ。4月生れの西川先生と2歳違いなのは2ヶ月弱。本当は3歳違いでしょう。

その相性なのですが、亥歳生まれと寅歳生まれというのは「合」という、不倫をしてでもひかれ合う、濃~い情愛の関係です。
ただ、一方でこの相性はハッピーエンドを迎えない宿命がある。まあここは、ちょうど出たばかりの拙著をお読みいただきたいところですがね。この相性には、宿命的な引力の「合」と共に、注意が必要な「破」という相性が表裏一体になっているからです。

で、この時期の結婚ということではどうか。

挙式を今年にしたのは天中殺を避ける意味があったのかな。まずそれは正解。
それに、亥歳生まれの西川先生にとって寅歳の今年は、実は「合」という電撃結婚の年。電撃というには少しずれてしまいましたが、とにかく結婚運が最高に高まる年です。その意味でもいい流れということになりますね。

ただ、亥歳生まれにとって寅歳は、いいことと悪いことの二つがくる年。めでたいとばかりはいっていられない年でもあります。これは、寅歳生まれの人との相性が特殊なのと全く同じ。

何らかの困難は必ず起きてきます。場合によっては、この結婚は一年ももたないかもしれません。

たとえば、既婚者ともなると西川先生も、今までのようにチヤホヤしてはもらえなくなりますしね。すっかりタレントになっている彼女がそんな新しい生活を受け入れられるかどうかといったところでしょうか。

本来ならいい奥さんになれる人なのですが、
はたして有名人病を克服できるでしょうか? (`ーωー)ウーン

まあ、今後を見守らせていただきましょう。いいサンプルです。こういう事柄に関しては、私の方がお医者さんですからね。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

|

« シー・シェパードに思う | トップページ | ハーフパイプ國母和宏選手にエールを »

「恋愛」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/33386389

この記事へのトラックバック一覧です: 西川史子先生がついに挙式:

« シー・シェパードに思う | トップページ | ハーフパイプ國母和宏選手にエールを »