« 織田信成の選曲 | トップページ | 頑張れ、きれいなおねーさん達! »

2010年2月19日 (金)

高橋大輔選手日本人快挙の銅!

☆バンクーバーオリンピックも終盤に向かってきました。

今日は高橋大輔選手の銅メダルという快挙がありましたね。とても立派だと思います。

今回は三人出場で期待も高く、手ぶらでは帰りづらい状況の中、リーダー格の高橋選手が悲願のメダル奪取で見事に期待に応えました。

ま、私にいわせれば、さすがは寅歳、歳男ということになるのですが。

☆織田選手も靴ひもが切れるというアクシデントの中で7位入賞は立派。
もっとひどい点になってしまうのではないかと思いましたが、キチンと評価してもらえてよかったですね。

ただ、こんな言い方は不謹慎かもしれませんが、靴ひもが切れるなんて、ある意味チャップリンらしいとも思うのです。

靴自体もボロボロでしたね。ひもは元々切れていたとか。

あれは、織田選手の普段からのスタイルなんでしょうか。

それともチャップリンを意識してのこと?

チャップリンといえば、ボロボロの穴のあいた靴がトレードマーク。
私は織田君がインタビューで靴ひもが切れた理由を聞かれたとき、

「あの、チャップリンらしさを追求したくて、新品のひもはどうもつけられなかったんです。」

とでもというかと思いましたよ。

ボロ靴とチャップリンを結びつけて連想する人は私以外にも多いはず。まさか、それで審判が大目に見てくれたなんてことはないでしょうがね。

☆小塚選手はさすがにサラブレットといわれるだけあって、滑りそのものに気品がありますね。初出場で入賞も立派ですが、あれに確実な技術が伴えばプルシェンコ並のオーラを放つ選手になるのではないかと思いました。

☆女子のスピードスケート1000mは小平選手が5位で後ちょっとでしたね。彼女には寅年生まれということで注目していたのですが、3位に100分の8秒差とか。本当に惜しかった。

☆ハーフパイプの青野選手と國母選手の二人は実力を出し切れず残念でした。
しかし、私はハーフパイプをはじめて見たのですが、すごく面白かった。とてつもない演技をしたショーン・ホワイト選手など、全く知らなかったし、この競技自体が新鮮な驚きでした。
多くの人がそうだと思いますが、あの競技に注目したのは國母選手が起こした騒動のおかげです。
あの競技をやってみたいと思う子供たちも、かなり増えたんではないでしょうかね。

しかし、あのフランス人選手たちのマジックで書いたダリみたいな髭といい、他のオリンピック競技とはちょっと違った、いい意味で和やかな、悪くいえばダラけた雰囲気が会場から感じられました。どちらかというと、オリンピックというよりは、地方のお祭りのような感じですね。

良くも悪くもノリがほかの競技とは違うような。國母君に限らず、あまり彼らには目くじらたてない方が良さそうですね。

☆さあ、後は午歳。いや、真央ちゃん達の番ですね。ひとごとながら緊張するな~

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

|

« 織田信成の選曲 | トップページ | 頑張れ、きれいなおねーさん達! »

「スポーツ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/33444481

この記事へのトラックバック一覧です: 高橋大輔選手日本人快挙の銅!:

« 織田信成の選曲 | トップページ | 頑張れ、きれいなおねーさん達! »