« 西川史子先生がついに挙式 | トップページ | 盛り上がってまいりました!バンクーバー »

2010年2月16日 (火)

ハーフパイプ國母和宏選手にエールを

4年に一回のオリンピックという晴れ舞台で、いよいよというときに、思わぬ服装問題で注目を集めた國母和宏選手。

自ら招いたとはいえ、競技に集中したい選手にとって気の毒な状態になってしまいました。

あらかじめいっておくと、私は國母選手に同情的です。

この議論は、納豆に対して

「おまえ、腐ってるだろ!」

と非難しているのと同じです。

国の代表なのだからとか、オリンピックをナメているとかいった議論は、気持ちの上では解ります。

しかし、上村選手等のモーグルの競技中、オフィシャルでニルヴァーナがガンガンかかっているのを聴いていたら、そういう考えが間違っていると思わざるを得ませんでした。

スノボにはスノボの文化があります。

また、ああいうスポーツ界のアウトローをオリンピック競技に加えるのは、冬のオリンピックの主催者側の、背に腹は代えられない事情もあるのでしょう。

ファッションもスポーツも時代とともに変遷するもの。

國母選手のあの格好にここまで大騒ぎするのは、むしろ、現在のオリンピックのあり方をはき違えているような気がしますね。

占いでいうと、國母選手は「印綬」「正官」という立派な命式をもっています。これは、真面目すぎるくらいに真面目な人の命式。

おそらく、彼はスノーボーダーとして、その世界の正装していたんではないか。そんな気さえしてきます。

だいたい、日本はスポーツにしても、芸術にしても、政治にしても、実際のプレーヤーより評論家の意見が強すぎるのではないでしょうか?

現場で一線級の活躍をしている人には、例えそれがどんな異形の者でも、それなりの敬意を払うべきだと思います。

彼らは少々自分勝手かもしれないが、実力を失ったらそこで終わり。そういうリスクを自分で背負った人たちです。
だからこそ人の心を惹きつける。朝青龍もそう。

國母選手には、この騒ぎに負けずに実力を出し切ってくれたらと、心から思います。

このブログを応援 してくださる方はクリックお願いします人気ブログランキングへ

万鳳

Tora 高島万鳳待望の新作『寅 歳生まれは痛快な人』好評発売中!

|

« 西川史子先生がついに挙式 | トップページ | 盛り上がってまいりました!バンクーバー »

「スポーツ」カテゴリの記事

「ニュース」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/33400146

この記事へのトラックバック一覧です: ハーフパイプ國母和宏選手にエールを:

« 西川史子先生がついに挙式 | トップページ | 盛り上がってまいりました!バンクーバー »