« 押尾学の怪事件に見る運勢判断 | トップページ | 2010年の高島本暦発売開始! »

2009年8月 8日 (土)

天網恢々疎にして のりピー

さて、いまだ見つかっていないのりピーこと酒井法子さんです。

当初、息子さんを連れて失踪とのことで同情的な意見が多かったこの事件。
旦那さんのみならず酒井さんにも麻薬使用の疑いが出たことで、だいぶ様子が変わってきました。

報道によれば酒井さんは、検尿を拒否して警官の元を立ち去ったそうです。これは元アイドルでなければその場で拘束されるのが普通でしょう。
有名人としての立場を利用して逃亡したとしかいいようがありません。

しかし、逃亡に成功したとしてもこの行動は浅はかとしかいいようがない。
たとえ時間が経って麻薬反応が消えたとしても、もはやタレントとしてジ・エンドでしょう。

なんてこった。

酒井さんは二黒土星ですから今年兌宮ですね。兌宮は善良な市民にとっては基本的に良い年回り。

ただし、どんなことであれ今までやってきたことの収穫期なので、悪いことをしてきていれば兌宮は年貢の納め時になってしまいます。

天網恢々疎にして漏らさずってことを思い知る人もまた目立つんですよね。

ただ、ここまでのひどい転落を酒井さん個人の運気から読み解けるかというと、そうではない。

人生経路というのは大きく分けて、運と環境の二つから紡ぎ出されて行くものなのですが、酒井さんは環境の方があまりにひどかったのだと私は思いますね。

育った環境も気の毒ですが、特にあの結婚でもたらされた環境は最悪でした。

亥歳生まれの酒井さんが結婚した98年の寅年は「合」と呼ばれる電撃結婚の発生する年。しかし「合」で結婚といっても、亥歳生まれに限っていえば「合」は「破」と重なり、相当な危険もはらんでいることになる。

プロサーファー、しかも自称という旦那さん。生年月日は分かりません。
職業で偏見を持って人を見てはいけませんが、彼自身が偏見を見事に裏書きしてくれたようです。

酒井さんがせっかくの強運でつかんだ恵まれた生活を、元の泥沼にまで引きずり戻してくれましたね。

今回の逃亡劇は妙に手際のよいところがあり、ちょっと普通でない人の差し金か、あるいは本人の性格が薬物によって蝕まれているかでもしないと、ちょっと理解できない。いわば本物の悪って感じなのが気にかかります。

だってのりピーといえば、私が最も多感な時代のアイドルでしたから。

それがここまでとは、、、全く目を覆いたくなるような事態。

ついでにいっておきますが覚醒剤をやれば運気がめちゃくちゃになります。
人生そのものがめちゃくちゃになるのであまり注目されませんが、運気もめちゃくちゃになっています。

つまり、社会から見放されるだけでなく、天からも見放されますから。

このテのクスリに手を出す人はそのおつもりで。

万鳳

|

« 押尾学の怪事件に見る運勢判断 | トップページ | 2010年の高島本暦発売開始! »

「占い」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/30880693

この記事へのトラックバック一覧です: 天網恢々疎にして のりピー:

« 押尾学の怪事件に見る運勢判断 | トップページ | 2010年の高島本暦発売開始! »