« 星に願いを | トップページ | 天網恢々疎にして のりピー »

2009年8月 7日 (金)

押尾学の怪事件に見る運勢判断

さてさて、大変な事件が立て続けに起きますね。のりピーに押尾学さん。

とりあえず午歳生まれの押尾さんにしましょうか。彼は午歳生まれ、これ大事です。

さて、押尾さんと言えば矢田亜希子さん。このお二人が結婚したときは私も記事にしています。

http://takashimataiho.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_54b8.html

まあ、困難な結婚をしただけに男女の相性としては悪くなかった。

しかし時の運が問題。
押尾さんの職業的に宙ぶらりんの状態、それから結婚が天中殺中になることから、なんだかなあという感じの記事だったと思います。

自我を抑えて俳優に戻ってくれればと思っていましたが、結局はアングラ調の音楽に麻薬と言うことでいってしまいました。
まるでステレオタイプなミュージシャンの転落人生を絵に描いてしまいましたね。しかも、女性の変死というおまけ付き。

このようなことになったことを運気的に説明すれば、まず天中殺というのが最初に目につきます。

とにかく結婚が押尾さんの天中殺中であり、更に現在は矢田さんが子丑の天中殺中です。

それに加えて二人とも午歳生まれなのですが、午歳生まれにとって最も危険なのが子丑の年、つまり、去年と今年ということになります。

午歳生まれと去年の子の年は「冲」の関係。同じく今年の丑の年は「害」の関係。

ま、難しいかとは思いますが、「冲」とか「害」とか、この漢字だけでも雰囲気は伝わるのではないでしょうか。

また、私の干支占星術の見方からすると、現在命宮の午宮に火星と金星が入っています。火星と金星の同宮は妻を含めた女性問題を意味します。
今度の事件は事故かもしれませんが、これが起きなくても離婚秒読みだったのかもしれませんね。

とにかく、これはとても残念な出来事でした。
こんなことにならないためには、この困難な時運を慎重に乗り切るべきでしたね。

難しい舵取りをしないといけない年回りですが、乗り切ることは可能だったはず。
彼らはこんな結果になってしまったものの、これを乗り切る羅針盤があればそうはならなかった。

ところで、そんな羅針盤があったら欲しいと思いませんか?

実はそういうものはあるんです。私の手の中に。
そして近々その方法を記した書物が発売されることになります。(おっ宣伝か!)

少し遅れてしまい残念ですが、※午歳生まれの人には朗報なんです。本当にね。
詳細は近日発表されることになるでしょう。

万鳳

※1942,1954,1966,1978,1990,2002年生まれの人と、それぞれ翌年1月生まれの人

|

« 星に願いを | トップページ | 天網恢々疎にして のりピー »

「占い」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/30862371

この記事へのトラックバック一覧です: 押尾学の怪事件に見る運勢判断:

« 星に願いを | トップページ | 天網恢々疎にして のりピー »