« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月31日 (月)

いい国を作ってね。民主党さん

事前の世論調査の通り、この夏の衆院選は民主党の圧倒的な勝利で幕を閉じました。
しかし、いくら調査通りとはいえ、実際にあの自民党が衆院で119人とは、誰でもある種の感慨を禁じ得ないだろうと思う。

自民党をぶっ壊すといった小泉さんの言葉がついに実現されたようでもあるが、十数年に及び政権交代と言い続けた、小沢一郎という人の粘り強さにも今更ながら恐れ入る。

小沢さんを中心にした民主党の国会戦術は、正直いって正攻法とは思えないやり方で、国民生活を人質にしたゲリラ戦のような部分もあったように思う。しかし、一度ねじれた以上はココまでやるしかないだろうという、そのやり方。やっぱり豪腕だなあ。

で、鳩山さんですが、辛の日の生まれの鳩山さんにとって、今年の丑年というのは少し奇妙な形で時代から後押しされたと思っていい。
土の中から金が出る幸運の形ではあるが、その形は少々いびつなもの。本人の力というよりも、自民党の自滅、あるいは小沢さんのお膳立てやスキャンダルのおかげ、あるいは皆既日食という天変地異のたまものとか、この機会に、たまたまそこにいた人という側面がある。
私も含め、民主党に票を入れても支持政党にしたわけではないという人も本当に多いはずだ。駄目なら見限られるのもあっという間だろう。

来年再来年の運気は「合」「三合」と非常によくなるが、亥歳生まれにとって来年は「破」でもあり予断を許さない。
一度持ち上がった「故人献金」の問題を押さえることができないと駄目だろう。この問題以外でも、田中派の流れを汲む民主党がいつまで清潔なイメージを保てるのだろうか?
この種の事柄ではそうとうに恨みを持っているはずの、あの自民党が野党なのだから。

それにしても、今年は九紫年、日食と天の岩戸伝説を含めて女性が活躍する歳だろうと思っていた。で小池百合子さんがもっと活躍すると思っていましたが、実際には別の女性たち。小沢チルドレンとか小沢ガールズといった、別の女性たちの大群が大活躍ということになりましたね。

しかし、このような選挙を通っても本当の政治家になれたわけではない。小泉チルドレンは結局政治家になりきれずに去っていってしまいました。
今回も私たちが国会に送り込んだ、あのたくさんの若者たちがいったい誰なのか?それが分かるのはこれから。

優秀な日本のゴシップジャーナリズムが手ぐすねを引いて待っていそうで、この辺のことも怖いところです。

やっとねじれ国会を解消したのだから、ここはじっくりと政治をやってほしいのですが。

まあ、少しぐらい国が混乱してもすぐに日本が滅びるわけでもないでしょう。子育てが少しでもやりやすくなるなら、それだけでも支持されていいと思う。

まずはお手並み拝見といったところでしょうかね。

万鳳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月13日 (木)

2010年の高島本暦発売開始!

いよいよ2010年の高島本暦発売開始!

Hondake

 

新装開店した「暦ショップ」でお待ちしています。

各種開運カレンダー、専門書等も取りそろえております。

いや~暑い。

暑いですが早めに来年の運気を知っておきましょう!

今年は九紫火星の年。
九紫は戦いや偽りの露見の意味がありますが、今年は天下分け目の衆院選があり、それからタレント達の嘘の露見の数々がありましたね。それに火星だから暑い!

あたっていると思いませんか?

では来年は?来年はいったいどんな年?

東京神栄館(神榮館、しんえいかん)蔵版2010年(平成22年)高島本暦を見れば書いてあります。

来年の運気や吉方位、凶方位。知っていると知らないでは大きな差が出る。
転ばぬ先の杖が暦というものです。

伝統のある東京神栄館の暦をどうぞ!

万鳳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 8日 (土)

天網恢々疎にして のりピー

さて、いまだ見つかっていないのりピーこと酒井法子さんです。

当初、息子さんを連れて失踪とのことで同情的な意見が多かったこの事件。
旦那さんのみならず酒井さんにも麻薬使用の疑いが出たことで、だいぶ様子が変わってきました。

報道によれば酒井さんは、検尿を拒否して警官の元を立ち去ったそうです。これは元アイドルでなければその場で拘束されるのが普通でしょう。
有名人としての立場を利用して逃亡したとしかいいようがありません。

しかし、逃亡に成功したとしてもこの行動は浅はかとしかいいようがない。
たとえ時間が経って麻薬反応が消えたとしても、もはやタレントとしてジ・エンドでしょう。

なんてこった。

酒井さんは二黒土星ですから今年兌宮ですね。兌宮は善良な市民にとっては基本的に良い年回り。

ただし、どんなことであれ今までやってきたことの収穫期なので、悪いことをしてきていれば兌宮は年貢の納め時になってしまいます。

天網恢々疎にして漏らさずってことを思い知る人もまた目立つんですよね。

ただ、ここまでのひどい転落を酒井さん個人の運気から読み解けるかというと、そうではない。

人生経路というのは大きく分けて、運と環境の二つから紡ぎ出されて行くものなのですが、酒井さんは環境の方があまりにひどかったのだと私は思いますね。

育った環境も気の毒ですが、特にあの結婚でもたらされた環境は最悪でした。

亥歳生まれの酒井さんが結婚した98年の寅年は「合」と呼ばれる電撃結婚の発生する年。しかし「合」で結婚といっても、亥歳生まれに限っていえば「合」は「破」と重なり、相当な危険もはらんでいることになる。

プロサーファー、しかも自称という旦那さん。生年月日は分かりません。
職業で偏見を持って人を見てはいけませんが、彼自身が偏見を見事に裏書きしてくれたようです。

酒井さんがせっかくの強運でつかんだ恵まれた生活を、元の泥沼にまで引きずり戻してくれましたね。

今回の逃亡劇は妙に手際のよいところがあり、ちょっと普通でない人の差し金か、あるいは本人の性格が薬物によって蝕まれているかでもしないと、ちょっと理解できない。いわば本物の悪って感じなのが気にかかります。

だってのりピーといえば、私が最も多感な時代のアイドルでしたから。

それがここまでとは、、、全く目を覆いたくなるような事態。

ついでにいっておきますが覚醒剤をやれば運気がめちゃくちゃになります。
人生そのものがめちゃくちゃになるのであまり注目されませんが、運気もめちゃくちゃになっています。

つまり、社会から見放されるだけでなく、天からも見放されますから。

このテのクスリに手を出す人はそのおつもりで。

万鳳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

押尾学の怪事件に見る運勢判断

さてさて、大変な事件が立て続けに起きますね。のりピーに押尾学さん。

とりあえず午歳生まれの押尾さんにしましょうか。彼は午歳生まれ、これ大事です。

さて、押尾さんと言えば矢田亜希子さん。このお二人が結婚したときは私も記事にしています。

http://takashimataiho.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_54b8.html

まあ、困難な結婚をしただけに男女の相性としては悪くなかった。

しかし時の運が問題。
押尾さんの職業的に宙ぶらりんの状態、それから結婚が天中殺中になることから、なんだかなあという感じの記事だったと思います。

自我を抑えて俳優に戻ってくれればと思っていましたが、結局はアングラ調の音楽に麻薬と言うことでいってしまいました。
まるでステレオタイプなミュージシャンの転落人生を絵に描いてしまいましたね。しかも、女性の変死というおまけ付き。

このようなことになったことを運気的に説明すれば、まず天中殺というのが最初に目につきます。

とにかく結婚が押尾さんの天中殺中であり、更に現在は矢田さんが子丑の天中殺中です。

それに加えて二人とも午歳生まれなのですが、午歳生まれにとって最も危険なのが子丑の年、つまり、去年と今年ということになります。

午歳生まれと去年の子の年は「冲」の関係。同じく今年の丑の年は「害」の関係。

ま、難しいかとは思いますが、「冲」とか「害」とか、この漢字だけでも雰囲気は伝わるのではないでしょうか。

また、私の干支占星術の見方からすると、現在命宮の午宮に火星と金星が入っています。火星と金星の同宮は妻を含めた女性問題を意味します。
今度の事件は事故かもしれませんが、これが起きなくても離婚秒読みだったのかもしれませんね。

とにかく、これはとても残念な出来事でした。
こんなことにならないためには、この困難な時運を慎重に乗り切るべきでしたね。

難しい舵取りをしないといけない年回りですが、乗り切ることは可能だったはず。
彼らはこんな結果になってしまったものの、これを乗り切る羅針盤があればそうはならなかった。

ところで、そんな羅針盤があったら欲しいと思いませんか?

実はそういうものはあるんです。私の手の中に。
そして近々その方法を記した書物が発売されることになります。(おっ宣伝か!)

少し遅れてしまい残念ですが、※午歳生まれの人には朗報なんです。本当にね。
詳細は近日発表されることになるでしょう。

万鳳

※1942,1954,1966,1978,1990,2002年生まれの人と、それぞれ翌年1月生まれの人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »