« 北野誠さんに何が? | トップページ | ビアンキの自転車を買いました。 »

2009年7月 1日 (水)

皆既日食(天の岩戸とハゲ頭)

 お久しぶりです。
                  
   テレビのニュースなどでも、ちらほら伝えられ始めていますが、今月22日には日本で皆既日食が見られます。
                  
皆既日食とは、太陽と地球と月が一直線に並ぶ事から起こる現象で、
月により太陽の光が遮られ、日中にも関わらず一時的に世界がに暗くなる現象です。
                  
フィルターを通して太陽を見ればダイヤモンドリングのようにも見え、非常に神秘的。
                  
                  200pxsolar_eclips_1999_6




(写真はwikipedia「皆既日食」より)

  しか~し!
                  
  昔は地球の住人全体がこの現象を非常に不吉なものと考えていました。
                  
彗星の出現や惑星の逆行現象などでもそうですが、基本的に天の運行は厳かに整然と進行しているのが良いことで、イレギュラーなことは天変地異や政変などの不幸の前触れと考えたのです。
                  
日本でも高天原の神話では、アマテラスが天の岩戸に隠れると禍(わざわい)がおきたとされています。また、似たような話は世界中にあるそうです。
                  
多くの民族にとって、太陽というのはそれ自体が信仰の対象ですから、それが隠れたというのは
                  
「神様、感じわるっ!」
                  
と本能的になるのでしょうね。
                  
星占いでは日食だけでなく、日食の原因になる太陽と月の軌道の交点を「ラーフ(羅ご)」「ケートゥ(計都)」の名をつけ、仮想の星に見立てて要注意として扱っているほどです。
                  
例外的な解釈があったのは中国で、かの国では太陽と月を陰と陽の象徴として哲学的にとらえていましたから、日食現象を陰陽の和合でめでたいと解釈したようです。ただ、中国でも、そんなことを言ったのは一部の学者だけでしょうけど。
                  
                  
まあ、私の場合、仕事上その意味をあれこれ考えさせられるのがこの日食です。素直に天体ショーとして参加できないのは幸か不幸か?
                  
  少なくとも今回の日本はきな臭い状況なのは間違いないようですね。国会は9月で任期切れなので政変に近いような状況は間違いなく起こることになる。
                  
次の総理は誰か?
高天原で言うと、次に天の岩戸から顔を出すのは誰か?
                  
アマテラスなら女性か?
                  
  私は去年から小池百合子さんが総理大臣になるのではないかと言ってきましたが、総裁選前倒しならまだその可能性がありますね。再編後に担がれる可能性も。
                  
それとも、岩戸から神々しく顔を出すのは、太陽のような女性ではなくて、宮崎県のハゲ頭なのか?
                  
それとも、変わった貯金の使い方をする宇宙人?
                  
私は女性の方がいいなあ。皆さんはいかがですか?
                  
                  
  それでは、また。
      

            
                  
ビアンキの自転車を買って有頂天になっている、万鳳でした。

                

|

« 北野誠さんに何が? | トップページ | ビアンキの自転車を買いました。 »

「占い」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/30354415

この記事へのトラックバック一覧です: 皆既日食(天の岩戸とハゲ頭):

« 北野誠さんに何が? | トップページ | ビアンキの自転車を買いました。 »