« 鳩山法相が死に神だって? | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます。新暦発布! »

2008年7月14日 (月)

山本モナ 恋多き女の命式

恋多き女の命式

 前回の細野豪志議員との不倫に続き、今回読売ジャイアンツの二岡智宏選手との不倫が発覚し二度目のキャスター降格という事態になった山本モナさん。

 反省がない!とか不謹慎!とか言われ、散々な現状ですね。モナさんは六白金星ですから、今年「坎宮」にいます。
 32歳、女の大厄ど真ん中。しかも坎宮は色情に絡む事件が起こる宮です。まあ一番気をつけるべき事で失敗したことになりますから、かわいそうですが自業自得としかいえない。

 でも個人的にはこの方は好きですね。占い師として厄年に馬鹿なことをしたという事は残念ですが、この点を除けば、どちらかというと弁護してあげたい気持ちの方が強いですね。

 ♪命短し、恋せよ乙女

 モナさん自体は悪女ではありません。ただ単におおらかなんですよ。

 命式をみると「正官」「正財」「印綬」「食神」と吉星だらけです。まさに才色兼備の命式。補運の「沐浴」は確かに好色の暗示になりますが、とにかく濁りが少ないんですよね。
 ここからみると天真爛漫な性格が奔放さにつながっているわけで、悪さをしても悪意はないんですよね。不倫相手の奥さん達からみれば行為自体が悪ですけど。どちらかといえば悪いのは天の配剤と男達の欲望かな、と思います。

 弁護といっては何ですが、キリスト教以前の、例えばギリシャのような社会では誰とでも寝る女はいい女だった。日本ももちろんそうです。ホモセクシャルにしても同様。モナさんはそんな時代からタイムスリップしてきたような女性なのではないか?

 ま、どうせなら不倫じゃなくて独身の相手と結ばれてほしいものですが。あえて既婚の男性をねらっているのではないでしょう。今度はたまたま独身の人なら良いですね。

 ♪大好きだから~ 何にも心配いらないわ

 って歌がありますが、現実には人間は大好きだからいろんな問題を起こすんです。好きになるから心配も起こってくるんですよ。だけど人を愛するって言うことはどんな場合でも悪い事じゃないですね。でも、愛し合ったらいけない場合も確かにある。

 女性に嫌われ、男性に好かれる典型的ないい女。あまりおおっぴらには褒めないでしょうが、男達はみんなこういう女性が好きなんですよね。

 困ったもんだ。

 それにしてもまたしても降板。しかし、テレビの報道の世界は彼女を罷免に出来る程立派ですか?私には疑問。

 事実誤認、偏向報道、解説の資格がない解説者。これに比べればモナさんの問題など取るに足りないと思うのは私だけでしょうか?

 まあモナさんは大したダメージにはなりませんけどね。物事には陰と陽の二面があり、今回のこともほとぼりさえ冷めれば、むしろキャラクターを確固たるものにした契機になるだろうと思います。

 繰り返しますが男達はこういう女性、決して嫌いじゃありませんから。女性から見れば多分、ムカつく女なのかもしれませんが。

大鳳

|

« 鳩山法相が死に神だって? | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます。新暦発布! »

「占い」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/22294756

この記事へのトラックバック一覧です: 山本モナ 恋多き女の命式:

« 鳩山法相が死に神だって? | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます。新暦発布! »