« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月27日 (火)

接待ゴルフの事務次官、守屋武昌(天皇で神楽坂でジュゴン)

防衛専門商社「山田洋行」から過剰な接待を受けていた守屋武昌前防衛事務次官ですが「山田洋行」側の関係者が摂待は賄賂だと認めたそうですね。どの位競争があるのか分からない軍需という特殊な業界のことですから、賄賂性に関してシラを切り続けたら立証は難しいかと思っていましたが、少なくとも贈賄側が認めたと言うことですのでこれから事件としてちゃんと処理されて行くようです。特捜部はポイントアップですね。

守屋氏は防衛省内で「天皇」とまで言われていたそうですが、命式で見ても月の補運が「帝旺」となっていました。とても分かりやすい。
主星は「劫財」ですが並ぶ星は公務員としては難しい「傷官」ですね。文字の通り官が傷つくので、公務員しかも高級官僚であれば余程清廉を心がけないと国家や国民に迷惑を掛けることになります。事前に適職を聞かれれば公務員は勧めませんね。民間の方が良かった。その中でも無頼と言うかワイルドな属性を持った職業が向いているような月柱です。とにかく周囲に恐れられた存在だったでしょうから、その意味では素質を開花させたとも言えるでしょうけど。

経歴をみると意外と最初は一般企業に就職していたようですね。守屋氏の本命星は二黒土星、今年は二黒で八方塞がりだった守屋氏ですが、やはり二黒の27歳で脱サラ(?)して防衛庁に入庁しています。転職を忌む「中宮」ですが、守屋氏の官僚人生は八方塞がりに始まり、八方塞がりに終わったと言っても良いでしょう。この間どれだけ輝かしいキャリヤを積んだかもしれませんが、やはり人間最後が大事です。

小池百合子さんとのゴタゴタもいかにも中宮らしい出来事でしたが、民主主義国の軍隊は文民統制が大原則です。いかに素人大臣で腹が立ったとしてもやはりわきまえるべきだったでしょうね。そうしたことの結果がこの結末です。

ところでこの守屋さん、「ミスタージュゴン」と呼ばれていたことをご存じでしょうか。沖縄の米軍滑走路の問題で 「辺野古の海にはジュゴンがいるから埋め立てるな」と必死だったそうです。怖面(こわもて)タイプの劫財の人が動物に妙に優しいのをみると私は民主党の小沢代表を思い出します。人間というのは複雑ですね。

ただ、こんな秘められた美点も、人の金でゴルフだ麻雀だ焼き肉だという品性を見せつけられては霞んでしまいます。結局利権でしょ!と言われてしまうのがオチでしょうね。

高島大鳳

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、絶賛販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

阿部寛の結婚(ダメンズじゃありません)

おめでたいニュースですね。かつて「ダメンズウォーカー」を演じた俳優の阿部寛さんの結婚発表がありました。「“結婚できない男”が結婚することになりました」とはご本人のお言葉。よかったですね。

阿部さんに関しては以前、ダメンズ~が話題だった頃一度記事にさせていただきました。ドラマとは裏腹に(見てないけど)結婚運は悪くない、出会いさえあればというようなことを書いておきましたが、どうやら当時から極秘の付き合いが進行していたようですね。マスコミの目も上手く逃れていたとのことですが、この用心も役作りだったのでしょうか。

阿部さんは一風変わった感性をお持ちなのでコメディーがよく似合うのですが、性質の土台がくそ真面目なのでそれが良い感じで隠し味になっています。変わり者の星「偏印」と堅物の星「正官」の突飛なブレンドが産んだキャラクターで、ルックスの端正さを合わせると実に貴重な存在ですね。モデルから始めてそれなりの挫折も味わい、今や良い役者さんになりました。
阿部さんは自分の人生の上で自らいろんなステージを設定しているそうですが、そうした着実さも主星正官ゆえのことでしょうね。

時運としては阿部さんは九紫火星で「震宮」同会の年です。運気の高まりと共に驚き事の起こりがちな年運ですが、月運としても二重に震宮にいますので正に電撃発表となったようですね。しかも会見のあった昨日は発覚、露見事の「離宮」の日です、ほうほう。更に見るとこの日は先負で午後からは吉日、下段は「神よし」「大みょう」と中々の吉日。良くできてます。偶然かな?

何はともあれ良かったですね。入籍もまだとのことで来年の「巽宮」に向けて挙式という流れになるのは非常に理想的です。

15歳ほど年の差がある若い奥さんとのことですが、阿部さんは日常生活においては少々癖がありそうです。夫婦対等に近いと、相性によっては受け入れがたい部分あるかと思いますが、この点若くて柔軟性があるほうが安心ですので、この年の差は良い方に働くと思います。

お幸せに。

高島大鳳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

三田佳子の記者会見(敗北的子育て)

三田佳子さんの次男の高橋祐也氏が覚醒剤所持で三度目の逮捕とのこと。先日三田さんの記者会見が放送されていましたが、事が麻薬と言うことでは正に地獄です。自分の息子に対して信じるに足る人格があるかどうか?ここまで疑わなくてはならないとは悲惨という他ないでしょう。

いろいろ言われていても、やるべき事はやっていたと三田さんは常に仰っています。今回も敗北を認めつつもやるべき事はやったのにと言いたげな部分は残っていましたね。確かにしつけなども含めて一応世間一般で言われることはやっていたのでしょう。祐也さんはいわゆる不良とは違い、実際に会うと礼儀正しい普通の子だそうです。にもかかわらずやったことは覚醒剤で三度の逮捕となると、しつけよりもっと深刻な人格の欠落があるように思います。これは三田さんがあれこれ全て完璧にやってあげていると思いこんでいた影で、人格形成に一番必要な親の愛情が伝わっていなかったのではないかと思われます。良い家庭は七転八倒、苦労して作りあげる物ですが、彼女は実人生まで演技で済ましてしまったのではないか。そんな気がしますね。

また三田さん親子を不幸にしている事には運命学的な相性も影響しています。
三田さんは大女優らしく全ての星を支配する五黄土星。ですが土性ですので三碧木星の祐也さんには剋される関係です。それでも親子なら絶対悪い関係とは言い切れませんが、十二支の相性が月で「破」、さらに日で「恩無き刑」となり、思いが伝わらない子になるのは宿命的と言えます。
それにただでさえ三田さんは非常に金気の強い人で、情よりも理屈が勝つ人です。子供に気持ちが伝わろうが伝わるまいが、これでいいのだ的に本当の子供の心を顧みない所があったのではないでしょうか。理屈抜きで母親の温かみが欲しいときにこれが十分ではなかった。

そして、長じては逆にこの子を突き放す必要があったのですが、これも上手く出来なかった。
というのは常識的にもそうなのですが、特に祐也君は三田さんにとって天中殺中の子です。これはいつか親元を遠く離れることになる運命を持っています。子供が自立することは当たり前と考えればこのこと自体、必ずしも悪いことではありません。しかし、もしそうならない場合には思い切って突き放してやった方が双方にとって良いのです。そういう宿命がありました。この点から言って祐也君は離れてゆくべき子だったと言えます。母の友人の唐十郎さんの元で芸能修行というのでは手から離れたとは言えませんね。もっと関係のない世界の方が良かったと思います。

警察の厄介になるほど子供が荒れてしまうと世間並以上に厳しくしなければと思う半面、これ以上世間に迷惑を掛けてはならない、親の手の内に置いておきたいと思ってしまうものです。しかし、こういう考えが実は世間体に拘った言い訳になっていないかよく考えた方がいいでしょう。信じる力というものも必要で、これがないのも親として失格になります。

今は二黒の年で二黒の月、三碧の祐也君は権力や役所を意味する「乾宮」に年も月も二重に同会していました。ここで警察の手に渡ったというのも運命的なものでしょう。世間の掟、法律に従わせるのが今現在最善のところ、よく来てくれたものです。

高島大鳳

高島暦は神榮館 高島易断所総本部編纂 

あなたの幸せを約束します。類似品にご注意を! 

平成20年高島本暦絶賛販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

川島なお美の婚約(血がワイン)

川島なお美さんが婚約なさるそうですね。川島さんは四緑木星の「兌宮」同会。四緑といえば小朝さんと離婚した泰葉さんが四緑でしたがあちらは離婚。同じ運気の高まりを受けて結果はこうまで別れましたね。しかし本来兌宮は喜びを意味し、結婚する方の象意がでるのが普通です。ですから結婚に向かう川島さんの方が正しい。これで良いんです。

年運で正官になるからこれが強いかな。元々結婚運は食神と悪くないので十分あり得た話です。しかし47歳で初婚、しかも5歳も年下の男性となると一般に参考になるかどうかは難しいですね。

川島さんと言えば「失楽園」が有名です。濡れ場が多いあの話に主演するのは大抵なら躊躇するものでしょうし、他にもいわゆるヘアヌードなどもありました。なかなか思い切りがいい人だと思います。この辺りは主星は姉御肌の「偏官」ですので、必要とあれば躊躇が一切無く、大胆さで周囲を驚かせる事が多いのも納得です。
女性の偏官は非常に魅力的な人が多いのですが、どうもプライドも鼻っ柱も高すぎるキライがあるので、並の男では持て余します。結果婚期を遅らせるか再婚を繰り返す人が多い。川島さんも当然これに当てはまります。

川島さんの場合は中心は偏官ですが、一般に良妻賢母といわれる「正財」が並ぶのでやれば家庭も上手くこなせます。しかし女優らしく水気が多く、変幻自在で実像がつかみづらいのも確かですね。

最近の若者言葉で何か食べて凄く美味しいことを「ヤバイ」なんて言います。きっと虜になりそうで麻薬的で危険だという意味が含まれているのでしょう。私は普段こんな言葉は使いませんが感じはよく分かります。

でも、川島さんのような女性に言い寄られたら私はきっと「ヤバイ」と思う。

意外と料理もうまいし何処が悪いんだ!でもきっと何かあるはず。「私の血はワイン」なんて訳分からんこと言うし、きっと振り回される。いや!とにかく俺が変わってしまうのが嫌だ!!とかこんな感じになるのではないか。きっと何人もの男性がそう言って通り過ぎていったことでしょう(たぶん)。

思い切りの良い女と思い切りの良い男、あるいは責任感のとても強い男か?一説にはパティシエだとか。う~ん、甘い男じゃ駄目でしょうがね(はぁ)。

何にせよお幸せに。

高島大鳳

高島暦は神榮館 高島易断所総本部編纂 

あなたの幸せを約束します。類似品にご注意を! 

平成20年高島本暦絶賛販売中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

小朝と泰葉の離婚(アメリカって遠いの?)

春風亭小朝さんと泰葉さんが離婚とのことですね。今記者会見やってます。離婚はお互い了解の上とは言いながらも何か二人の意思疎通は十分ではないような?

離婚理由はどうやら泰葉さんにあるようですが、当初はイベントの仕事に興味が移ったからと言う事でした。しかし、質問した梨本さんの「それでは離婚の理由にならない」という鋭いツッコミによって、記者会見の場が小朝さんを含めた泰葉さんの離婚理由追及の場のようになってしまっていました。
泰葉さんの女の子としての自分をなおざりにしてきましたというような発言が飛び出した辺りでは、小朝さんも「えっそうなの?」といった感じ。会見の始めは何とか維持していた、噺家らしい特有の余裕が消えてました。意外な番組の(いや離婚会見の!)進行で、こんなことを言っては申し訳ないがすごく面白かったです。

四柱推命では結婚運は日柱の在り方が大きく影響します。例えば変わり者を意味する「偏印」などがここにあると、あまり結婚に向かないような人物と結婚してしまうという暗示が付くことになります。
それでこの二人の命式をみるとなんと二人とも日柱に「偏印」があるんですよね。どちらも家庭的とは言い難いですから、正に変わり者同士の結婚ということになります。これが20年近くも続いたのは奇跡に近いのですが、二人の置かれた環境の特殊さがこんな例外を産んだのでしょうね。夫婦と言うより共同経営者とか師弟関係に近いものがあったようですから常識とは当然違ってくるでしょう。しかし、歪みはついにやってきたと、結局そんなところではないでしょうか。

それにしても20年近くも良く持ったものです。四緑と九紫の相性の良さがあったんでしょうね。泰葉さんの木気が小朝さんの火気を上手く生じていたのでしょう。木生火(もくしょうか)といって乾いた気をこすり合わせて火を起こした昔の習慣を思い起こしてください。火も木もお互いを必要とする良い関係ですが、すり減ってゆくのは木、つまり泰葉さんの四緑木星だったわけです。
小朝さんとしては自分を生じてくれている泰葉さんにもっと気を遣うべきでしたが、残念ですね。小朝さん去年今年は戌亥の天中殺ですからそんな心の余裕は無かったのでしょう。しかし天中殺中の離婚では後で悔やむ結果になりそうです。

泰葉さんは「兌宮」にいて運気的には好調のはず、仕事や人付き合いの面で好調なだけに新たな自分に気付いてしまったのでしょう。確かに彼女にとって発展的な別れではあるのでしょうが、小朝さんは。。。

「お母さんアメリカって遠いの?」
「黙って泳ぎなさい」

これ大好きでした。小朝さん頑張ってくださいね。

高島大鳳

高島暦は神榮館 高島易断所総本部編纂 

あなたの幸せを約束します。類似品にご注意を! 

平成20年高島本暦絶賛販売中!

//////////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 7日 (水)

あゝ幻の大連立(剛腕小沢対たしなみの福田)

小沢一郎民主党代表の突然の辞任表明、またそれに至るちょっと奇妙な行動で政界が大いに混乱しました。参院選で大勝してイケイケの民主党だったはずですが、こんな失速があろうとは驚きです。良く言われることですが政治の世界は一寸先は闇ですね。なんて、易者が言っていてはいけないのでしょうけど。占い的に言えば小沢さんのように劫財の人は、仮面を被って頑張ってしまうのでいきなり崩れるんですよね。思えば安倍さんもそうでした。

小沢さんは福田康夫総理大臣と「あうんの呼吸」で大連立を画策しました。しかしなんと自身の党内に全く諮っておらず、猛反対に遭い辞任を表明。そして慰留され、あげくの果てに辞めるのも止めるとか。大胆にして引き籠もり、と何ともおかしな行動でした。辞めないでくれって言われても心の準備がって雲隠れしてしまったり、ん~何か乙女チックな。あなた剛腕の小沢さんでしょう?

とは言えこういう複雑さが劫財らしさでもあるんですよね。良いときにはこの不可解さがカリスマ性にも繋がりますから、劫財の二面性の悪い方の現われなのだと思います。でも迷える民主党員には小沢さんしか頼れる人がいないようですから、また頑張っていただかないといけませんね。残念ですが政権交代には一歩後退した感が拭えませんけど。

運気的には兌宮にいる小沢さんは決して悪い運気ではありませんでした。いわゆる収穫の時期に当たりますし、参院選の大勝利は正にこの運の現われだったと思います。ただ、この兌宮というのは曲者で良い時期だけに落とし穴があるので恐い。兌宮の象意として飲酒、情事(若い女性)、口舌というのがあり、これらに落とし穴が潜んでいます。兌宮の良い運気を生かし切るにはこれらの象意にはくれぐれも注意しなければなりません。他のことは知りませんが今回、小沢さんは口舌の部分で罠に嵌ってしまったではないでしょうか。仲間と相談することなく大連立の約束をした、あるいは仲間を説得し得るなどと福田総理に言ったとしたらこれはやはり、軽口だったというしかないでしょうね。

また、党首でありながら記者会見で自分の党には政権担当能力がないと言わんばかりの発言をしてしまいましたが、これは有る意味では大連立の話よりもっと悪い、明らかな軽口です。小沢総理の気運も高まっていたのに実に惜しいですね。今さらですが、何が何でも小沢さんらしく剛腕を発揮して、離脱者が出ても党内をねじ伏せ国民のために大連立!となっていれば、それはそれで評価する人も多かったでしょうに。今回の結果はいろんな方向に中途半端でした。

得をしたのは自民党、もしくは福田康夫総理とされています。福田さんは策士とは見られていないようで、何となく得をした。良かったね福田さん、というのが大方の見方のようです。しかし命式的に見れば一白水星、しかも偏官が二つ並ぶ命式の福田さんは権謀術数に長けた人物のはずです。まあ甘く見られていた方が彼にとっても都合が良いのでしょうけどね。今回のことで、何となく影であれこれやる人というイメージがついたとすれば多少はマイナスがあったといえるでしょうが、損得計算は最初から出来ていたことでしょう。

オープンで主張のはっきりした政治が良いなんて皆さん仰いますが、そんな政治は何時何処に存在したのでしょう?ある意味で安倍さんなどはそうあろうとした珍しい人でしたけれども、しかしそれでは実際は立ちゆかないのだろうと思います。理想は理想ですけどね。私は今回の大人の勝負、見ていて大変面白かったです。

まさか、与謝野さんとの囲碁は接待囲碁?つまらないところで小沢さんは勝たされたのでしょうか?いやいや、小沢さんはそこまでバカにされるような人ではないと信じています。そろそろ小沢さんの代表継続の記者会見があるそうです。剛腕小沢の次の一手が楽しみですね。

高島大鳳

PS
高島大鳳.comに「年齢早見 厄年チェッカー」をひそかに追加しています。厄年が近いと知らせてくれます。天中殺も二年前からアラート。勿論ご自分の本命星を知らない人はこれを知る為の早見表となる便利なプログラムです。


//////////////////////////////////////////////////

高島暦は神榮館 高島易断所総本部編纂 

あなたの幸せを約束します。類似品にご注意を! 

平成20年高島本暦絶賛販売中!

//////////////////////////////////////////////////

//////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »