« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年9月

2007年9月13日 (木)

ポスト安倍について

何とも中途半端な形での安倍総理大臣の辞任劇で国中が騒然としています。

施政方針演説をした直後ですので、これは朝青龍同様の職場放棄、そしてまた総理大臣は自衛隊の最高指揮官でもあるわけですが、その総理大臣の敵前逃亡です。

小泉さんがやるべきだった数々の面倒な案件を押しつけられた状況を見れば同情の余地はあるとは思いますが、それでも憲政史上に残る内閣の失態だと言わざるをえませんね。健康問題なども言われていますが、安倍さんは自分の足できちんと歩いていますし声が出ないわけでもない。総理大臣たるもの体調が優れなかろうが国会で血反吐をはいて倒れるのが本望というものでしょう。まずさきに精神的な衰弱、結果としての体調不良でしょうね。
それに理由が一つな訳はないと思います。一白水星の「巽宮」の象意からすると風の噂、しかも悪い方の噂。一部でささやかれる週刊誌のスキャンダルも大いに影響していると思います。このタイミングの辞任はいくら頼りないと言われる安倍さんとは言え、それぐらいの非常事態でないと理解しがたいものがあります。

そもそも実力が十分備わっていない人物を国の代表に据えたのは与党全体の責任に帰すべきです。器じゃないとは思いませんが準備がたりなすぎましたね。結果的に安倍さんの政治生命を潰したようなものです。中でも誰が悪いのかといえば後継に指名した小泉前首相、そして次期総理を自認する麻生太郎氏でしょう。安倍さんを前後に挟んでこの二人は憲法問題や消費税増税、残業代ゼロ法案、年金問題の落とし前等の国民がいやがる厄介な問題を全て愚直な安倍さんに押しつけ、自分たちは泥をかぶらずに済ませようとしていた節があります。安倍さんはそのような構図にようやく気が付いて精神的に折れてしまったのではないかと思います。

麻生さんと言えば次期総理と持ち上げられここ最近嬉しくてしょうがない、「にやにや」が絶えませんでしたね、ところがどうでしょうか、安倍さんのこのタイミングでの辞任はあの「にやにや」をすっかり消してしまいましたね。大いに予定を狂わしてしまったようです。麻生さんは実は戌亥が天中殺であり、今年は天中殺です。この非常事態は麻生さんの天中殺によるものが大きいと私は思っています。もしここで麻生内閣が出来たらすぐに民主党による政権交代につながってゆくでしょう。

民主党の政権は社会に混乱をもたらすでしょうが、現に自民党で国政が混乱、停滞しているのですから、保守の安定性を謳う権利は今の自民党にはないでしょう。

もし自民党が信頼を取り戻したいと思うなら福田康夫さんにすればいいと思います。福田さんは「偏官」二つに「羊刃」を月柱にもつ人であり、乱世に強い人です。平和なときは昼行灯ですが今のような混乱の中では意外にもひょうひょうと国の舵取りをしてくれるでしょう。

世論調査でも本人が出てこないわりに意外と支持が厚い。これは国民が軽薄な指導者達にうんざりしているからではないでしょうか。福田さんには総理に相応しい品があると何となく感じていると思います。

自民党も前回の失敗は考えると思いますし、福田さんは「巽宮」にいて風の象意。しかも実力を備えた彼には良い方の風が吹くはずです。

ちなみに去年は総裁選の前に安倍さんは総理になれず、福田さんがなるだろうと占いました。総理に相応しいかどうかと実際に総理になれるなれないは実際には一致しないもので、その点で私の判断は未熟だったと反省していますが、一年の時間的経過を経て結局はこういう結果になるかなと今思っています。

安倍晋三は総理になれない?

福田康夫が本気なら

NEW!開運のお店「ショップ高島大鳳」

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年9月11日 (火)

日取りの決定の一例

ご無沙汰していました。今日は来年のカレンダーの販売のお知らせと、関連するお話を少々。

今まで本暦の販売だけしていましたが、今回新たにカレンダーを販売し、今後はその他の開運商品を扱う予定になっています。これに伴い新たにショッピングカートを用意し、ネットショップの体裁を整えました。また店名も「暦ショップ」を「ショップ高島大鳳」(そのまんまですね)と改めました。今までの暦専用のメールフォームも簡易ですので当分残します。暦のみの方は今まで通りメールフォームでもどうぞ。

NEW!開運のお店「ショップ高島大鳳」

さて、ネットショップとは言え新たな開店です。職業柄本日の日柄を勿論みていますが、参考になるかと思いますので日取りの決定方法の一例として解説をしたいと思います。

普通開店などの場合まず年回り(年運勢)、そして方角です。私の場合四緑木星ですので今年は「兌宮」にいて、ここ数年きちんと努力していれば結果を出せる年運です。お金関しては入りも出も激しくなりがちですが、まあその通りでした。注意点としては口が災いしますので、発言には用心深くしてます。若い女性にも注意ですが、これも大丈夫。これでも二児の父ですのでアホなことはしません。
と言うことで注意すべきを注意してゆけば良い年回り、新規の分野には向きませんが、今までやって来たことなら開店なども大いにやっていい年です。

ここでもう一つ注意するべきは天中殺という、イレギュラーな要素にも気をつけなくてはなりません。基本は九星でみますが、理屈として煩雑になるのを承知で天中殺もみます。
この天中殺というのは九星とは全く別の占いです。四柱推命の一分野ですが、四柱推命の理論からも本来かけ離れています。
にもかかわらずこれをみるのは何故かと言えば恐いから、当たるからとしか言い様がありません。これで失敗した人を大勢見てきたからとしか解説できないのですが、とにかく見た方がいい。でも私は今年は大丈夫。

次は方角ですが、方角に関してネットショップをどう解釈するかというとちょっと考えますね。wwwというのはワールドワイドウェッブの略ですから、意味は世界に広がる蜘蛛の巣という事でしょう。中心が無いのかそれとも全てが中心なのか解りませんし、電子空間に方角があるのか?などと考えたりもしました。しかし、メールアドレス、ホームページアドレスなんていう言い方もすることですし、アドレスは住所のことですね。それにデータはハードディスク上に確かに実在するのですから難しく考えるのは止めました。これは単純にサーバーの置き場所と考えて良いと思います。

してみると、私の契約しているサーバーは東京にあり、方位は北に当たります。今年は壬が恵方であるため北は良い方角。よしよし。恵方は多少他の条件が悪くても気にしないで良い包容力があります。今日は月運日運共に中宮にるのが今ひとつですが方角としては北が退気方の吉方です。全体としてまあ良い条件の方が上回っていると考えて良いでしょう。全て良くしたいというのが人情ですが、それでは社会生活が営めません。総合的、現実的判断を含めて日取りを決めます。

後は大安とか仏滅とかのおなじみの日柄をみますね。現実的判断と言いましたがこの日柄をみるための数々の暦注が一筋縄では行きません。

例えば昨日などでも「大安」でさらに十二直は「ひらく」でこれだけみれば開店には絶好でした。下段も吉日の「大みょう」「神よし」が並ぶのですが、なんとこれら吉日と最悪の悪日である「黒日」が同居しているんですね。
こうしたことは何故起こるかと言えば、それぞれ大元の理論は干支の陰陽五行による解釈であることは間違いないものの、いろいろな時代の流行が蓄積されて暦という書物が出来上がっている為です。

恐らく干支の生まれた古代中国、甲骨文で知られる殷の時代から干支は占いの素材となっていたでしょう。最初は数字に過ぎなかったものが、ざっと三千五百年ほどの時間の中でいろんな意味が付加されてきました。この間様々な流行や理論の蓄積がありますから、時間を超えて今、並列に全てをみるのは少々無理があるのです。
中には根拠が変遷したり、吉日だったものが悪日に変わってしまったり、もはや理由が分からないようなもの等もあります。中国にはない国産の暦注もあればもっとローカルな地方で生まれたものもあるでしょう。暦とは誰かがいきなり作ったようなものではなく、それらいにしえの占いの記録のようなものです。

それでも全然当たらない無意味なものは長い時間の中で当然淘汰されてきたでしょうから、今残っているものはすべて捨てがたいものがあります。特に私のような暦屋としてはそうなりますね。
ですから、これら暦注達を出来るだけ記録して、現実的に上手く付き合う様にしたいと思うのです。

それでは今日はどうでしょうか。六輝は「友引」で葬式以外にはいい日です。二十七宿の角(すぼし)も葬式納骨以外にすべて良いとされます。しかし、残念ながら中段の十二直が「閉」となって文字通り閉じる日。一般的に良くないです。特に開店なのに「閉じる」ってちょっといやですね。やはり、今日も全てが良いわけではないです。

しかし、先週も吉日が無くて見送ってきたし明日は「不成就日」明後日は「仏滅」です。そろそろ涼しくなってきたしカレンダーはいい加減出したい。何か救いにになるものがあれば「GO」サインが欲しいところ。

で更に見てみるのですが、実は今日はなんと「天赦日」なのでした。秋の戊申の日は天赦日です。天が全ての罪を許してくれるというキリストのようなありがたい日です。多少の悪い暦注ならパッシングです。それに「一粒万倍日」でもあります。一粒万倍日とは一粒蒔いた種が万倍になって帰って来るという縁起のよい日、まるで一粒で三百メートル走れるグリコのような。

よし、いける。「GO」だ。両手を挙げてゴールだ!

そういうわけで「ショップ高島大鳳」本日オープンしました。
まだささやかなショップではありますが、よろしくお願いします。

高島大鳳.com
NEW!開運のお店「ショップ高島大鳳」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年11月 »