« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月25日 (月)

爆発とか偽装とか

久々に有名人鑑定をしてみたいと思います。現在、悪の権化のように報道されているミートホープ社長については誕生日が分からないので残念ながら出来ません。
少し戻って爆発事故を起こした渋谷天然温泉シエスパの宮田 春美社長、介護報酬の不正請求を行っていたグッドウィルグループ会長(総帥?)の折口雅博氏など見てみましょう。

社会保険庁の消えた年金問題に関しては役人の不正に憤りが絶えない昨今ですが、民間もこれに負けじと本当にひどいものですね。しかし、どれも許認可事業ですから結局役人が悪いのか?いやいや、役人のトップは我々国民が選んだ政治家ですから、最終的には我々自身の責任か?

今でも日本人は相対的には勤勉な方だと思いますが、ほころびは明らかに目立っていますね。人口も減っていることですし、この国はもう過去の文明になりつつ あるのではという気もしています。例えばかつて地中海沿岸で栄えた古代都市国家フェニキアのように、未来の歴史家から見たら「かつて極東に存在した傑出し た経済圏」とかされていそうで淋しい気がします。そう思うと、最初から廃墟のように作られた東京都庁舎のイメージが浮かんできます。丹下健三はとにかく芸 術的に天才でしたが、天才的な予言者でなければいいのですが。

さて、宮田 春美社長は生まれ日が乙丑の日ですね。今年は亥年ですからズバリ天中殺です。戌年だった去年も同様ですので、天中殺中に社長に就任したことになります。こ の点、天中殺中に大臣に就任した故松岡利勝氏と同様ですが、自分が死ななかっただけよかったと言えるかどうか?
また、九星の時運においては六白である彼女は「離宮」であり一つの頂点の運気を迎えています。しかし、天中殺中ではこの「離宮」も良い意味に取れるはずは なく、「離宮」の悪い方の象意である「火事」や「虚飾」というのがてきめんに出てしまいました。どういう方角を使って出店したかは分かりませんがとにかく 時期は悪かったということになります。

折口雅博会長についてはとりあえず今年は天中殺ではありません。ただし、天中殺というのはその最中が悪いだけでなく、かつて天中殺中にはじめたことが破綻 を来すという意味でも現われます。なので天中殺中に調子がよいと却って恐かったりするのです。折口氏は2004年申年と2005年の酉年に非常に活発な展 開をしています。例えば2004年には経団連理事に就任しているし、2005年には紺綬褒章を受章したり、同じ年に『「プロ経営者」の条件』等という、今 から見ると悪い冗談とも思える本を出版したりしています。
また、この頃の無理な出店攻勢が、数々の偽装や不正を招いた原因であるようです。

そもそも彼の命式は主星が「傷官」であって官とか公の職業には向いていません。「官」を傷つけるから「傷官」というのです。また、「傷官」と並んで「劫 財」を持つこともあり、本来財運はないはずなのですが、周辺にある「偏官」と「印綬」の組み合わせが企業グループを作るという暗示を示していて、こうした ちょっと矛盾した部分が、異質でアンバランスな彼の有り様を作り上げたように思えます。
幼少時代は苦しい生活を強いられたそうですが、晩年も孤独なものになってしまうかもしてません。大運も40歳過ぎでピークを越えてしまっています。
まあ、食うに困るほどになるとは考えられませんが、極端に良い思いを知っているだけに辛いと言うことはあるでしょう。

あとは、被介護者の方々が実際彼に感謝しているかどうか?お金のことはともかく、それで彼がこれからの人生、心安らかでいられるかどうか決まるでしょう。因果応報は占い以前の原則ですから。

とにかく、今のこの国は乱れに乱れているようです。何時何の被害者になるかも分からないなら、突然加害者になって記者会見で頭を下げているかも分かりません。

勿論占いも役に立ちますが、その前に人の振り見て我が振り直せ!ですね。

高島大鳳

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

新コンテンツ「運勢と暦の部屋」公開中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

高島大鳳.com 新コンテンツ発表!

ご無沙汰しておりました。久しぶりの更新です。

消えた年金問題?松岡大臣の謎の死?邦子さんの乳ガン?あおいちゃんの結婚?いやいや、言いたいことはたくさんありますが今日は違います。
数々のビッグな話題を右から左に受け流しつつ、私はあることに没頭していました。

実は今回は皆さんの運勢、誰でも利用できる新コンテンツを発表します。

高島大鳳.com「運勢と暦の部屋」のオープンです!!
なんと確実に毎日更新!(自動ですので!!)

要するにwebの暦です。かわいがってやってください。

機能としては、まず10日後までの運勢が分かります。(ご自分の本命星をチェックして下さい。時間の設定をしたら表示ボタンをクリックするだけ)
また過去については100年前後遡れますので、ここに誕生日を入力すればご自分の生まれた日がどんな日だったかが分かる様になっています。

本命星の分からない人は表を見て探して下さい。また生年月日を入力した場合、年の九星がその人の本命星となりますので、それで判断するのも良いかと思います。

占いの他にも毎日の潮汐(東京芝浦)、日の出日の入り、南中時刻。月の出月の入り(全国六カ所)が分かる様になっています。
行事欄には各種の行事やお祭りなどが表示されます。(祭事の日付は出来るだけ確認していますが、実際の開催日を保証するものではありません。)

最後の方にある「必ずお読み下さい。」は必ずお読み下さい。


・・・もっと先のことが知りたい?

その場合は書籍の暦をお求め下さい。
それに作っておいてなんですが、所詮はプログラムです。易者が書いた本には遠く及びませんので、大体こんな感じ、という程度にお考え下さい。ただwebの暦としての可能性は探って行きたい(見やすい運気barは必見!)と思っています。書籍の暦とは「別物」の形で今後発展させて行きたいと考えています。

現状β版と言うことで、誤字脱字等も結構あるかと思います。バグもあるかもしれません。

もし、間違いを見つけた!そんなときは優しく教えて下さい。


平成19年6月18日(月) 

高島大鳳

web暦 運勢と暦の部屋
高島大鳳.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »