« 「異邦人」堀江貴文 | トップページ | 保阪尚希が出家だそうです。 »

2007年3月21日 (水)

春分に宇宙を想う

Afp011296_00_1今日は春分の日。またお彼岸の中日ですね。太陽は夏に高く冬に低くて、気温や季節の変化も基本的にはこれが原因で起こります。そして太陽が高さが高くもなく低くもなく、ちょうど真ん中に来るのが春分の日というわけです。勿論これの秋バージョンが秋分の日ですね。
今年は21日でしたが決まっているわけではなくて、その年ごとに実際の太陽の動きを計算した上で決定されます。仮にこういう天文現象が毎年同じだとしたら、暦もカレンダーも毎年使い回しで済まされてしまいます。そうなると暦屋でもある私は困るわけです。

で、日本にはこの春分の日にまたがってお彼岸という行事がありますね。お彼岸はご先祖を思う日とされます。何故春分の日にそれをするのかというとこれも幾つか説があるようです。そのなかで私が好きなのは、この日の太陽は真西に沈むからだという説ですね。

西には極楽浄土があり、春分(秋分)の日に太陽が沈む真西の方角、そこに霊魂が通る道が開かれるということ。春分の日というのは天文学的なイベントでもあるので、これは宇宙、つまり世界と人の心をつなぐ実にスマートで分かり易い考えではないかと思うのです。エジプトのアブシンベル神殿もこの日だけに光が差し込むように作られていますね。実際は太陽だけでなく、月も木星も土星も、落ちこぼれの冥王星も太陽系の全ての惑星や衛星が一日かけてこの真西の方角に帰って行くのです。

まあ現実には仏教の思想ですから、地理的に日本から見て仏教の聖地であるガンダーラ地方が西だと言うことなのでしょうけどね。しかし、かつての極楽浄土は仏教徒以外のあらゆる勢力によって破壊されてしまいました。とどめを刺されたのはつい最近です。アフガニスタンの辺りですよね。だからという訳ではありませんが、極楽はどうもあそこら辺ではないらしい。ではどこか?私は宇宙がそうではないかと。

上の写真は最近NASAの探査機が撮影した土星の写真です。以前の私ならこの世で一番美しいものは?と聞かれたら答えに窮していたと思うのですが、この画像を見てからははっきりと自信を持って答えられるようになりました。土星です。これは一生変わらない、たぶん。あの世に行ったらもっときれいなのを探すかもしれませんけどね。

誰か私にこの質問をしてくれないかな。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

今年の暦、絶賛販売中!

*お彼岸にご先祖様がやってくるなどとアホなことを書いていたことにあとで気づき訂正しました(それはお盆ですよね。強いて言えば西方浄土と連絡通路が開かれると言ったところでしょうか。大変失礼しました。)

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

|

« 「異邦人」堀江貴文 | トップページ | 保阪尚希が出家だそうです。 »

「占い」カテゴリの記事

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/5765179

この記事へのトラックバック一覧です: 春分に宇宙を想う:

» モデル岩瀬直美のblogができました [岩瀬直美 is blog]
元オスカーの売れっ子モデル岩瀬直美のblogができました。更新中です。ご覧下さいませ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月21日 (水) 19時26分

« 「異邦人」堀江貴文 | トップページ | 保阪尚希が出家だそうです。 »