« え?当選?そのまんま東 | トップページ | 「女性は産む機械」の柳沢厚生労働大臣 »

2007年1月25日 (木)

初天神

今日は1月25日、初天神ですね。初天神とは天神様、つまり平安時代の政治家、菅原道真公の縁日です。菅原道真の誕生日が6月25日で亡くなったのが2月25日と言うことで、25日は天神様の縁日とされました。その一年の最初が1月25日の初天神というわけです。

今では菅原道真と言えば学問の神様と言うことになっていますね。確かに生前は優れた学者で詩人でもありましたが、それよりも彼は死後に雷公とか火雷天神などと言われ、平安京に日照りや疫病や、雷による火災等の祟り(たたり)を起こす元凶として恐れられた存在でありました。
日本人は昔から勉強熱心ですが、各地に天神様が祀られているのは元々は受験生のためではなかった訳ですね。

それでなんで道真がそんなに祟ったのかというと、これが政敵であった人間に左遷されたから、つまりリストラの恨みです。

右大臣にまで出世した道真でしたが、出自は学者の家系であって、それほど高貴な家というわけではなかった。どちらかというと才能と努力でのし上がった人です。
そんな彼を左遷したのは生粋の貴族である藤原時平だったのですが、その時平は39才で早逝。他にも日照りが続いたり、疫病が流行ったり、皇位継承者が次々に病死したそうです。極めつけが天皇の住居、清涼殿の落雷による焼失です。
これらの出来事が道真の死後立て続けに起こったために、全てが道真の怨霊によるものとされたわけです。

道真が太宰府に左遷されたという出来事が、当時いかに大きなスキャンダルであったかがわかりますね。彼を葬った貴族達も余程良心が痛んでいたんでしょうね。

おかげで恐ろしい神として祭られてしまった。もう千年以上前のことです。

ただ、あの世から死後の自分の扱われる様を見ていたら道真だって

「いや、リストラされたぐらいでそこまでしないって!誤解だよ、誤解!」

ってずっと思っていたでしょうから、現在のように学問の神様になってホッとしているんではないでしょうか?
いや、勝手なお願いばかりで辟易しているかな。

菅原道真様、私たちは少しは利口になっていますか?
なってないですか、そうですか。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

今年の暦、絶賛販売中!

文科省にも教育再生会議の連中にもどっちも雷を落としてやりたいと思う方はクリックお願いします。本当に出ます(うそ)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

|

« え?当選?そのまんま東 | トップページ | 「女性は産む機械」の柳沢厚生労働大臣 »

「占い」カテゴリの記事

「学問・資格」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/5076367

この記事へのトラックバック一覧です: 初天神:

« え?当選?そのまんま東 | トップページ | 「女性は産む機械」の柳沢厚生労働大臣 »