« 加トちゃん頑張ってください。 | トップページ | 広瀬香美と大沢たかおは悪くなかったけど »

2006年11月26日 (日)

中川秀直と平沼赳夫の相性

最近芸能界の恋愛や結婚の話が重なっていましたね。占いチャンプルーでは男女の相性から大まかな引力を計ったり、それぞれの命式から見て問題が生じないか等を検討したりしています。このような見方は同性の人間関係でも大体同じようなことが言えます。
人生これからの若い男女だけでなく、いい年をした立派なおじさん達でも相性の悪い人同士を突き合わせればロクな事にならないという、イイ例が今問題になっている自民党復党問題ですね。
見識の高い占いチャンプルーの読者の方々に一々説明はしませんが、去年の衆院選で郵政民営化を推進する小泉前首相に反対し無所属で当選、そして離党した議員12人を復党させるかどうかというアレです。

ということで、今日の主役は自民党の中川秀直幹事長と郵政造反組のボス、平沼赳夫議員です。

中川秀直幹事長は三碧木星。三碧年ですので、そもそも八方塞がりだからニッチモサッチもいかない状況になっているようにも思えます。しかし、この三碧 の中川さんと七赤金星の平沼赳夫議員とでは、金剋木(きんこくもく)の相剋関係で最悪の相性のひとつとなっていて、これはこじれます。双方の月支を見ても未 と丑ですから「冲」といって真反対に位置し、これも和合しがたい内面性を表しているでしょう。

それぞれの命式では、中川さんの主星が自己主張の強い「傷官」でマスコミ出身というのがよく分かる星です。この「傷官」というのは官を傷つけるという意味ですが、反権力的な性 質がありますのでジャーナリスト向きと言えるのです。ただ、今の中川さんは自身が権力の中枢にいますので話は単純ではありませんけどね。それでもマスコミ 出身の権力者というのは、結果的には権力の内側と外側を両面から知っているので世論の動きはよくつかんでいると思います。

平沼さんの方は主星は「正官」でこれに「印綬」が並んでいます。実直ながら融通がきかない「正官」の星と、普遍的な価値観を持つ「印綬」との組み合わせで すからコチコチの保守主義者を連想させます。また「印綬」の性質としてプライドが高く名誉を何よりも重んじますので、絶対に人に頭を下げたくない人になり ます。

「印綬」のプライドの高さに関しては中川さんの方も同様で、やはり月に「印綬」があります。中川さんのように「傷官」と「印綬」が並ぶと自己主張とプライドの混ざり合いで敵を作りやすくなります。
名誉を重んじる人、しかも年上の平沼さんに「頭を下げろ!」的な要求を突きつけるあたり、全く命式の欠点が出ているように見えます。

まあ、この問題は現実には二人のパーソナリティーだけの問題ではなくて、指導力の強かった小泉前首相や日和見している安倍首相、また来年の参院選その他の様々な背景から起こっている事なのですけどね。
それでも、復党賛成組と反対組の双方の窓口にこんなに相性の悪い二人を選んでいることは占い的なセンスを欠いていると言う他ないです。必要以上にこじれさせる事になりますからね。

ただし、このような人間的な情熱のある衝突はある意味で政治の世界のねじれを浮き彫りにしているようですので、コッソリと要領よく片付けられるよりも国民にとっては良いのかもしれませんけど。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

こうもこじれた以上、リーダーである安倍総裁が自ら解決するべきでは?と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

|

« 加トちゃん頑張ってください。 | トップページ | 広瀬香美と大沢たかおは悪くなかったけど »

「ニュース」カテゴリの記事

「占い」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

(年末の政党助成金ねらい・絡みの郵政造反議員の早期復党問題)
郵政公社含み金融機関の無断解約・払戻し不正処理、顧客苦情放置も多発しており注意が必要です。(防犯、防災、事故防止強化!)
ニュースでも郵政公社では、予想を上回る早期退職者1万2千人(特定郵便局長含む)だとか(毎年、郵政公社職員の100人以上が不祥事・不正で処分)、民営化もまだされていないのに政党助成金ねらい・絡みの郵政造反議員の早期復党問題(年末現在、政党に属している国会議員ひとりあたり2千万円がもらえる。造反議員個人、自民党の金権体質か、税金無駄遣い!)、特定郵便局長組織からの昨年の政治献金が4倍にもなっているとか、政治活動(集金)で忙しいのかどうか分かりませんが、組織ぐるみの顧客苦情放置の長期化・多発が続くなど郵政公社の不祥事・不正ニュースは後が絶えません。

投稿: iriya | 2006年11月26日 (日) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/4318215

この記事へのトラックバック一覧です: 中川秀直と平沼赳夫の相性:

» 日本郵政公社 不正処理多発、連続の1億円搾取元局員逮捕事件ニュース [IRIMALL's Satellite at cocolog]
(今日のニュース 3.17 から) 氷山の一角 ① 千葉県曽我野郵便局 (関東支 [続きを読む]

受信: 2006年11月26日 (日) 22時43分

» 自民党造反組復党 その実情 [現役雑誌記者による、ブログ日記!]
TBさせていただきます。 11人の自民党造反組みが復党しました。しかし、その内情は?さつきさん、ゆかりさんにあてて、レポート。 [続きを読む]

受信: 2006年12月 9日 (土) 16時50分

« 加トちゃん頑張ってください。 | トップページ | 広瀬香美と大沢たかおは悪くなかったけど »