« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月28日 (火)

広瀬香美と大沢たかおは悪くなかったけど

俳優の大沢たかおさんとシンガーソングライターの広瀬香美さんが離婚したとのことです。最近は結婚のニュースが多かったですが、結婚もあれば離婚もあるよね。ということで、今日はこのお二人の相性はどうだったか見てみましょう。

大沢たかおさんは五黄土星、広瀬香美さんは七赤金星となりますので土生金(どしょうきん)の相生関係です。更に月命で見ても一白水星と六白金星ということ で金生水(きんしょうすい)の相生関係ですから基本的な相性は大変良かった。これだけ相性が良いと電撃結婚になったことがよく分かります。

ただし、私は二つの視点で相性を見ます。ここで示した気学的な良い相性というのはいわば天地の気の動きにより生じてくる、大きく俯瞰した視点から見た人間 の縁です。これで全て解ればよいのですが、一方で人間はそれぞれひとつの小宇宙の様になっていますから、個々の命式の在り方から出発してみると、天地の気に与えられた縁が必ず守られるわけではないのです。

天地の位置から見た神のような視点がある一方で、人には我とか業とかの心の動きもあるので人生は複雑になります。

人を結びつける引力がとても強かったとしても、その力が結婚後にどこまで有効であり続けるかは個々の命式をみてみないと解らないの訳です。この辺りは運命の他にも努力や行動、環境の問題も絡んできますね。
やりようによっては乗り越えられるはずでも、芸能人のように性的魅力に恵まれた人々の場合は、我慢するよりも他の選択肢が多すぎて別れてしまうことがあります。

二人の個々の命式をみてみると月支間の関係が「害」。そして日支間の関係が「破」となっていることが目に付きます。これらは即離婚になるような物ではあり ませんが、心のすれ違いを意味しますので、対応を誤るとボディーブローの様にきいてきます。さらに二人とも忙しいとなると溝を埋める機会を失ってしまい、 気がついたらいつの間にか他人のようになってしまいがちです。

また広瀬さんは「正官」が二つ並んだ柱を持っていて、これは再婚をする暗示に成りますし、大沢さんの方も月に「偏財」と「正財」が並び、これは女難の相がありますね。如才ない性質のせいもあり、概して必要以上にモテ過ぎてしまい、却って困る事になります。
それに二人とも日柱は「偏印」ですから、宿命的に結婚運が悪い事は否定できません。

二人ともとても初婚で落ち着けるとは思えない感じです。割と相性の良い相手を選んでさえこれなのですから、どんな相手でも同じだったかもしれませんね。逆に言えば相性が良いから7年ももったと見て良いでしょう。

大沢さんによると「仕事と私生活の両立は難しく、互いに一層の飛躍をするため」だそうですが、子供がいないので自由ではあります。本当に飛躍につながると 良いですね。来年は大沢さんにとって大きな転機を迎える年になるでしょう。広瀬さんにとっては浮いた話もありそうですが、ちょっと厳しい年になりそうで す。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

ロマンスの神様はあまり頼りにならないなと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月26日 (日)

中川秀直と平沼赳夫の相性

最近芸能界の恋愛や結婚の話が重なっていましたね。占いチャンプルーでは男女の相性から大まかな引力を計ったり、それぞれの命式から見て問題が生じないか等を検討したりしています。このような見方は同性の人間関係でも大体同じようなことが言えます。
人生これからの若い男女だけでなく、いい年をした立派なおじさん達でも相性の悪い人同士を突き合わせればロクな事にならないという、イイ例が今問題になっている自民党復党問題ですね。
見識の高い占いチャンプルーの読者の方々に一々説明はしませんが、去年の衆院選で郵政民営化を推進する小泉前首相に反対し無所属で当選、そして離党した議員12人を復党させるかどうかというアレです。

ということで、今日の主役は自民党の中川秀直幹事長と郵政造反組のボス、平沼赳夫議員です。

中川秀直幹事長は三碧木星。三碧年ですので、そもそも八方塞がりだからニッチモサッチもいかない状況になっているようにも思えます。しかし、この三碧 の中川さんと七赤金星の平沼赳夫議員とでは、金剋木(きんこくもく)の相剋関係で最悪の相性のひとつとなっていて、これはこじれます。双方の月支を見ても未 と丑ですから「冲」といって真反対に位置し、これも和合しがたい内面性を表しているでしょう。

それぞれの命式では、中川さんの主星が自己主張の強い「傷官」でマスコミ出身というのがよく分かる星です。この「傷官」というのは官を傷つけるという意味ですが、反権力的な性 質がありますのでジャーナリスト向きと言えるのです。ただ、今の中川さんは自身が権力の中枢にいますので話は単純ではありませんけどね。それでもマスコミ 出身の権力者というのは、結果的には権力の内側と外側を両面から知っているので世論の動きはよくつかんでいると思います。

平沼さんの方は主星は「正官」でこれに「印綬」が並んでいます。実直ながら融通がきかない「正官」の星と、普遍的な価値観を持つ「印綬」との組み合わせで すからコチコチの保守主義者を連想させます。また「印綬」の性質としてプライドが高く名誉を何よりも重んじますので、絶対に人に頭を下げたくない人になり ます。

「印綬」のプライドの高さに関しては中川さんの方も同様で、やはり月に「印綬」があります。中川さんのように「傷官」と「印綬」が並ぶと自己主張とプライドの混ざり合いで敵を作りやすくなります。
名誉を重んじる人、しかも年上の平沼さんに「頭を下げろ!」的な要求を突きつけるあたり、全く命式の欠点が出ているように見えます。

まあ、この問題は現実には二人のパーソナリティーだけの問題ではなくて、指導力の強かった小泉前首相や日和見している安倍首相、また来年の参院選その他の様々な背景から起こっている事なのですけどね。
それでも、復党賛成組と反対組の双方の窓口にこんなに相性の悪い二人を選んでいることは占い的なセンスを欠いていると言う他ないです。必要以上にこじれさせる事になりますからね。

ただし、このような人間的な情熱のある衝突はある意味で政治の世界のねじれを浮き彫りにしているようですので、コッソリと要領よく片付けられるよりも国民にとっては良いのかもしれませんけど。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

こうもこじれた以上、リーダーである安倍総裁が自ら解決するべきでは?と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2006年11月20日 (月)

加トちゃん頑張ってください。

10月30日に加藤茶さんが心臓の疾患ということで入院しましたが、いまだに「集中治療室」に入院中なのだそうです。ご容態が心配されますね。

何でも加藤茶さんは酒も煙草も大好きで、60才を超えても朝まで銀座や六本木で遊ぶとか、とにかく不健康な生活をしていたそうです。また、そういう遊び人としての自分を誇っているような所もあったそうですから、仕方がないといえば仕方がないのですが。

時運を少々見てみると、加藤さんは三碧木星ですね。三碧年の今年はまだ八方塞がりの中です。八方塞がりは健康面で言うと持病の再発に注意が必要な時なので すが、加藤さんは以前にも心臓の手術をしているそうですので、やはり再発と言えそうです。八方塞がりの象意の通りとはいえ気の毒ですし、残念です。
加藤さんは2003年に熟年離婚をしているそうで、今や気遣ってくれる奥さんもいないんですよね。それで不摂生にも拍車がかかってしまったのかもしれません。

離婚に関しては気になる点があります。加藤さんは癸未(みずのとひつじ)の年の生まれです。そうすると離婚した2003年は60才の還暦になる年で、男の中厄に当たる年でした。 この年は家庭、特に夫婦関係などはゴタゴタしがちなのですが、孤立することは実に危険で避けなければいけません。この時期に一番やってはいけないような事 は離婚なのですが、そこで離婚してしまったのは実に不味かったと思います。

そもそも「偏官」が二つ並ぶような加藤さんのような人は何時だって健康には要注意です。成功するにしても身を削る様な形で成功するので何処かで行き詰まっ てしまう。また日柱に「印綬」と「羊刃」が並んでいるような所も、天才にして病に倒れる様なイメージがあります。奥さんがどんな人だったかは知りません が、母性的な配偶者を必要とする人だと思いますね。まあ、不摂生は昔からですので、それで愛想を尽かされたのかもしれませんが。

もう一つ。主星「偏官」の加藤さんですから、向こう気も強くて頭を押さえられるのは本来嫌いなはずです。リーダーのいかりや長介さんとの関係も一通りでは なかっただろうと思われます。慕う気持ちの半面、殺してやりたいぐらいの反発心もあったでしょう。一度ならず脱退も考えたようですがよくドリフに居続けた ものです。毎日のように飲み明かすような不摂生は、仕事の憂さ晴らしのために付いてしまった習慣なのかもしれません。それでもいかりやさんは簡単に否定す ることも、また離れることも出来ないような父親のような存在だったのでしょう。

しかし奥さんと離婚した翌年、加藤さんはそんな大きな存在だったいかりやさんにも逝かれてしまいました。何とも寂しいですね。いくら遊んでも埋め合わせは効きそうもありません。

でも何とか持ち直して欲しいです。あのハゲオヤジ(名前が分からん!腹巻きしているカツラキャラ)だって今の子供達もみんな知ってます。外人の野球選手が「加トちゃんペッ!」とかやってますし。
加トちゃんは酒も女も煙草もやる結構なワルですが、なんと言っても伝説の男。ドラムだって叩けるんですよ。最近はやりのちょいワルオヤジなんか笑わせるなっていう感じです。

一日も早い回復をお祈りしています。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

早く元気になって病院のベッドでちょっとだけよ~ってやって欲しいと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

藤原紀香と陣内智則の相性

女優藤原紀香さんとお笑いタレントの陣内智則さんが結婚すると伝えられましたが、実際はまだ婚約はしていないようですね。結婚を前提にした交際をしているのは確かなようですが。占い的に見ると、まあ仲良くやっているんだろうなというのは分かります。

藤原紀香さんは二黒土星です。二黒の藤原さんは今年「巽宮」ですから風に乗っていろんな噂が流れるときですね。特に愛情縁談などは起こりやすくて、噂がフライング気味なところも含めて、今度のことはいかにもありそうなことです。

一方、八白土星の陣内智則さんは「坎宮」にいます。「坎宮」もまた愛情問題が起きやすい時運です。ただ、それ以上に彼の場合は大運天中殺の中だということが大きいんですよね。この大運天中殺というのは概して不条理な運気となる天中殺の中では、例外的に大発展する可能性を秘めた特殊な運です。彼が数多の若手芸人の中で成功をつかんだのもこの運気の中だからこそだと思います。また、どう考えても高嶺の花としか思えない藤原紀香さんと真剣交際していること自体この影響です。

相性的な見方をすると二黒土星と八白土星では同じ土星です。同気ですのでいろんな意味で相性はいいです。特にこの組み合わせは平和で落ち着きがあるので結婚相手としてはかなり理想的ですね。月命星の組み合わせも相生で、お互いを輝かせるので良いです。また、どちらも兵庫県出身と言うことで話も合うでしょうし、それも含めてお互い癒される関係なのだろうと思います。ですから、この結婚はこのまま成就させると良いのではないでしょうか。というかした方がいい。

というのも、藤原紀香さん結婚運を単独で見ると補運は「絶」となっていますからあまり良くないんですよね。機会として少ないので突然盛り上がる結婚運を確実に捕まえないと孤独な人生になりやすいと言えます。
最近の晩婚化の状況の中では35才では遅すぎるとまでは言えませんが、機会が少ない事を考えればそろそろ良い時だと思いますね。姉さん女房というのもこの場合良いです。

陣内智則さんの方もまた本来は結婚運は悪いのです。ただ、彼の場合は先にも言ったように幸運な大運天中殺の中ですので例外的な時運になっています。このチャンスは絶対につかんだ方がいいでしょう。何しろ彼のこの強力な運気はもうすぐ終わりですから、こんないい話は二度とないはずです。

私の見立てではこの二人は結構崖っぷちにいます。せっかく相性の良い相手に出会えたのですから、この縁を生かして今後の運気を上げていって欲しいものですね。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

何時までもあると思うな人気と縁。二人で頑張ってと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (22)

2006年11月15日 (水)

押尾学と矢田亜希子の結婚

歌手の押尾学さんと女優の矢田亜希子の結婚が伝えられました。この結婚には良い面と悪い面がありますが、少なくとも男女の相性は良いですね。問題は...皆さんのご想像と多分同じです。

お二人とも78年うまれの四緑木星です。お互い意地の張り合いのようなことはあるかもしれませんが、同気ですから基本的に円満です。それに月命星が押尾学 さんの五黄土星に対して矢田亜希子さんの七赤金星。土生金の相生関係になっていて、これはお互いを輝かせる非常によい関係です。結婚に進んだ強い結びつき はこの辺にあるかもしれません。

それぞれの結婚運を見ると、二人とも日柱は「比肩」ですね。これは対等な関係の婚姻関係を作る意味ですが、この二人は同い年ですので、なかなかに運命的な関係かもしれません。
一般に「比肩」の結婚運は女性に良く、男性に悪いといわれます。バランスが崩れると同族嫌悪のようなことになりがちなので要注意ですが、共働きでお互い前を向いて進んでいる限りは良い関係です。ですから、あまり二人で見つめ合わずに前向きになって欲しいものですね。

月支や日支の関係に悪い物はなく、相性はまずまずです。問題は俳優のはずだった押尾学さんが何をしているのか分からないことです(そうですよね?)。
ミュージシャンになったとのことですが果たしてそれで食えるのか?
私は占い師ですのでこの点は占いで判断するべきでしょう。しかし私はインディーズ系のこの種の音楽には理解がある方です。これは現在の音楽シーンを熟知しているという意味ではなくて、かなり昔にそんな場所に身を置いていたという意味で。
ですから一聴すれば見込みがあるかどうか判断できるので、占う前に動画サイトyoutubeで押尾学を検索して(ちなみに押尾だけだと押尾コータローさんがずらっと並びます)聴いてみました。

・・・

押尾さんの命式は月に「比肩」と「印綬」が並ぶ形で基本的には良いものですが、全体に「比肩」が多すぎるので我が強くなり過ぎですね。五行では土気が多く、またその土が非常に強められる傾向がありますが、これは保守的、古典的な感性を強めてくるでしょう。
ただ、個性的な感性を表す「偏印」なども持っているので、この種の音楽にのめり込むのも良く分かります。矢田さんも主星が偏印なのでそれなりに共感もするのでしょう。
しかし、音楽をやるには一般に水気が必要です。この点が弱い。どんなに攻撃的な音楽でも見せかけではなく、何処かに流麗さや甘美さを含んでいなければ多くの人には認められません。

私は早く俳優業に戻った方が良いと思います。俳優を止めたのは、彼が多く持っている「比肩」の我が強く独立に向かう気運が悪く出てしまったのかもしれません。

また、それにもまして彼が今変な境遇にいるのは天中殺中であることが原因でしょうね。彼が大手の芸能事務所を辞めたのは戌亥年の天中殺に入るちょっと前で すが、無駄なことを始めるという現象からして天中殺の影響の可能性がプンプンしています。結婚も天中殺中と言うことになりますが、う~ん頑張って!としか 言い様がないのが辛いところ。

相性はいいのでよほど環境を悪化させない限りは良い夫婦になれます。押尾学さんが我儘を抑えて必要とされる分野で活躍することが必要でしょう。別に音楽はあえて止めなくても良いですから。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

チャラチャラしたセレブ婚よりは好感が持てるけど、とにかく頑張って!と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月13日 (月)

林葉直子。お互い頑張りましょう!

将棋の元女流棋士、林葉直子さんが自己破産したと伝えられました。同時に結婚もするとかしないとかの話もあるので、この自己破産はどうやら結婚前の身辺整理という側面もありそうです。

彼女は六白金星ですので今年は「艮宮」に居ます。「艮宮」は過去の一連の流れに終止符を打つ場所であり、再起をはかる場所でもあります。この意味において今年やった自己破産というのは、まんざらでもないですね。
無論、破産など出来ればするべきではないのですが、このような大きな決断をすることで借金だけでなく、いろんな事、本当にいろんな事にケリを付けられれば良い結果を生む可能性はあります。

現実的には、旦那さんになる人に返済義務が生じないようにするためなんでしょうし、彼女の生業が作家やタロット占いと言うことで、普通と違って事業の継続 に新たな借り入れの必要がないということもあるのでしょう。この辺りの計算の確かさは、さすがに元棋士といったところですか。

彼女の命式をみると主星が「偏官」ですね。女性ですと姉御肌になります。比肩が隣接していますので負けず嫌いな性質もあり、女流棋士は本当に似合っていた はずです。ただ「比肩」と「偏官」が並ぶ形は自分勝手な性質が強くなるので適職の範囲は狭く、一般的には人に迷惑をかける人が多い。
勝負師の世界に止まっていれば良かったが、タレントや実業はやはり無理があったようですね。これは「偏財」が空亡されているせいでもあります。
占い師や作家に関しては、見方によってはこれも勝負師ですので適正はあります。適したことに専念していれば今後は運が開けて行けるでしょう。

この人の生き方を見てみようとすると、やはり、順風満帆であった将棋の世界からはじき出されるきっかけになった、中原誠永世十段との長期に渡る不倫の事に触れずにはいられないでしょうね。
もとより師匠格の男性と不倫なんかすればそれ相応の報いは受けるのが当然ですが、遡ると1994年、六白年の八方塞がりの年に、この不倫関係に悩んでいた林葉さんは失踪事件を起こしています。この行動が全てを狂わしてしまった感がありますね。

八方塞がりならいくら困ったことがあっても、亀のように手足を縮めて堪え忍ぶべき時だったのです。それがNHKの試合をすっぽかして失踪するなどの不味い行動に出てしまった。
その後、日本将棋連盟の退会、豊胸手術をしてヘアヌード写真集の出版と、どんどん訳の解らない方向へ進み始めてしまっていますね。

不倫という間違いを犯したのは仕方がないにせよ、その収め方が本当に悪かった。もっと上手に乗り切ることが出来ていれば、スター性のある女流棋士として今までの10年ほど、日本の将棋界を盛り上げていたかもしれないですから、本当に惜しいことです。

易者の私としては才能ある同業者の誕生を喜ぶべきかもしれませんが、彼女の持っていた可能性を考えると複雑です。
でもまあ、人生計算通りには行かないからこそ占い師もいるわけですから、林葉さん、とりあえずお互い頑張りましょう。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

占いだって立派な仕事ですよと思ってくださる方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年11月10日 (金)

吉岡美穂とIZAMの相性

吉岡美穂さんと女装で鳴らしたミュージシャン、元SHAZNAのIZAMさんの結婚が伝えられましたね。相性を見てみましょうか。

吉岡さんは本命星三碧木星でIZAMさんは一白水星。水生木(水は木を生じる)で相生ですね。相生ですから良いと言いたいところですが、一白水星と三碧は良くも悪くも激しい関係になりがちです。
恋愛には良いと言いますか、燃えるような恋に落ちやすい関係ですが、結婚後は強い結びつきが逆に激しい対立に変わることもあり、手放しに歓迎できないところがあります。

決してケチを付けたい訳ではないのですが、このように言うのは月命星の関係が相剋になっている点や、個々の命式を対照した場合に双方の月支に「破」の関係 がある点などから、結婚して二人の距離感が変わると少々心配なのです。一度こじれると難しいという欠点を内在した相性と思って良いでしょう。

また、それぞれの宿命的な結婚運を見ると二人ともこれが良くない。これも気になる点です。吉岡さんは意外と強気で口うるさい傾向を持っています。「傷官」も多いため配偶者とはモメがちになると思います。
そしてIZAMさんは今回に限らず妻のためには苦労する宿命です。補運が「絶」ですから本来孤独に生きるはずの人。離婚歴を一回で済ますためには前回をよほど反省している必要がありますがどうでしょうか?
主星は「偏財」ですのでミュージシャンとしては商売上手な方です。良くあるヒモになることはないと思いますが浮き沈みは当然ありますので、停滞期には忍耐が必要ですね。

あと、決して好きでケチを付けたい訳ではないのですが、既に妊娠三ヶ月とのこと。どうやらできちゃった結婚の様ですね。この点も気にならないではない。で きちゃった結婚が悪いとは思いませんが、どちらかの心の中に少しでも納得しきっていない所があると、結婚後にその不満が大きく増殖してしまうことがありま す。普通の結婚以上に思いやりが必要でしょう。

少子化の日本ですから見切り発車でも何でも、所帯と子供を持つことは歓迎してあげたいですけどね。どちらも、本来結婚運が良くないことを自覚して、お互いにあまり理想を押しつけないように、頑張ってもらいたいものです。

もう一つ、吉岡さんは三碧の八方塞がりです。結婚そのものは問題ないのですが新生活には大抵引っ越しが伴うので注意が必要です。新居を選ぶには時期と方角をよく見て欲しいものです。
一白水星のIZAMさんの方も驚き事のある「震宮」だからこそこんなニュースを作ることになったのでしょうが、今年は「暗剣」付きで年回りが良くないですからね。

来年2月までは引っ越しを避けてください。ってお客さんじゃなかった。失礼!

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

美人とカブキ者(派手な格好をする人)のできちゃった結婚は不安でいっぱいだが、とにかく頑張って欲しいと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2006年11月 6日 (月)

サトエリと市川海老蔵の相性

歌舞伎俳優の市川海老蔵さんとタレントの佐藤江梨子さんの交際が報道されていますね。ちょっと相性をみてみましょう。

市川海老蔵さんと言えば誰しも認める歌舞伎界のプリンスですね。歌舞伎出身の俳優さんは少なくないですが、人気も実力も血筋も抜きん出た存在です。
彼のような人の主星は何かと言うと、これがいかにもそれらしいのですが、品行方正、容姿端麗でそして何より後継者を意味する「正官」です。

ただ、「正官」は一般に堅物の人が多いとされますが、彼は堅物ではないですよね。色々あるのは皆さんご存じの通り。この点は「正官」らしくないですが、彼 の場合愛人を意味する「偏財」の星が二つも主星に隣接しているので、遊び人としての側面はこのあたりから来ていそうです。

が、それはそうとしても育った環境も特殊ですから、恋愛観が普通ではないことも大きな要因だとは思いますけどね。
つまり、彼が何人もの女優を物色したり、隠し子がいたりしたとしても、梨園の基準からすればどの程度異常なのか分からないと言うことがあると思います。

なにせ、歌舞伎が隆盛した江戸時代の町人文化の中では女遊びも出来ないようじゃ粋じゃないとか、男じゃないとか、それどころか金があるのに遊ばないような 堅物は軽蔑されかねない風潮もあった訳で、歌舞伎などはそんな時代のセンスをズーッと受け継いできているのですからね。時代が変わっても一子相伝の伝統芸 能の世界だけは隔絶された物なのでしょう。

その意味では全然特別扱いされない中村獅童さんなどはちょっとかわいそうでもあるのですけどね。まあ、その辺も格の違いと言うことになってしまうのかもしれませんが。

一方の佐藤江梨子さんは「食神」を中心にして大らかで享楽的な性質がありますが、その半面で「偏印」等もあって一癖ある所もあります。よって転んでもただ で起きないようなしたたかさもあると思います。「文昌貴人」なども含めると容姿だけではないと言うような自負もありそうで、かわいらしい外見とは裏腹に自 分というものをしっかりと持っています。

ですから恋に身を任せても何処かで冷静さは失っていないでしょうね。たとえ遊ばれていると分かっていても、天然記念物みたいなこの男からは得る物は得たいと思うことでしょう。分かっているから放っておいて欲しいという感じじゃないでしょうか。

五黄土星と一白水星の関係は恋愛関係にはなりやすいが、決していい相性ではありません。これは完全に五黄の海老蔵さんのペースになります。

仮に結婚すれば佐藤江梨子さんは完全服従しなければならないでしょうね。これは歌舞伎の市川家という環境的にももちろんですが、運命的な相性からも両面か ら言える事です。聡明で自我も強い佐藤さんは、多分ちょっと無理と思っているでしょう。いろんな意味で。今は一時の恋と分かっているからこそ燃えるという 事があるのかもしれませんね。

しかし、遊び人だろうが何だろうが、一声、二顔、三姿を揃えたと言われる市川宗家の御曹司ですからね。女だったらひとたまりもないでしょう。

私は気の毒なサトエリの方にひとたまりもありませんが。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

住む世界が違うので最初から敬遠するかぁ、それとも刹那的と分かった上で恋に身を任せるかはぁ、自由だぁ~!と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年11月 3日 (金)

世界的いじめ経験者。オノ・ヨーコ

チャリティーコンサート参加のため来日している故ジョン・レノンの妻オノ・ヨーコさん。このコンサートはアジアやアフリカなどの発展途上国の恵まれない子 供達のためのものだそうですが、今は日本の子供達のいじめによる自殺が問題になっていることもあり、記者会見では次の様なコメントをしたそうです。

「私も世界全体からいじめられたことがある」と始めて、
「(いじめは)非常に程度が低いこと。ほかに面白いことができればいじめることに面白さを感じなくなる」と言っていたそうです。(スポニチより)

自分の経験から話を始めていますが、かつてビートルズを解散させた女として大変な非難をされた人ですからね。いじめの告白と言ってもある種の威厳すら感じさせます。

私が興味深いと思ったのは「ほかに面白いことができればいじめることに面白さを感じなくなる」と言う部分でした。
いじめを「面白いこと」と言い換えている部分は、結構本質を突いているように思うのです。つまり、いじめはある種の快楽として発生していると言うことでしょう。そしていじめている子供達も、あるいは先生ももっと質の高い楽しみを見つけなさいよと言うことだと思います。

私は人間の集団があれば必ずそこにはいじめは発生すると思います。ですから、いじめを無くす方法など、どう知恵を絞ったところで見つかるはずはないと思います。結局、いじめが起きた段階で対処療法をするしかないと思うのです。
では、いじめが起きてしまった時にどのように子供達を導けばいいのか?これは本当に難しい問題ですが、オノ・ヨーコさんのコメントは良いヒントになるように思えました。

もう一度引用すると「(いじめは)非常に程度が低いこと。ほかに面白いことができればいじめることに面白さを感じなくなる」

いじめる子に対しては本人の視野の狭さや、自分がむさぼる優越感がいかにミジメなものかを自覚させるに十分な鋭さを持っていると思います。
また、いじめられる子にしても、いじめの原因は別に自分にある訳ではなく、周りの連中の幼さのせいなのだと思うことが出来るし、このように思えれば、例えいじめられても自殺まで自分を追い詰めないで済むかもしれません。

あとは、いじめの他に見つけるべき「ほかの面白い物」も必要ですが、それはたぶん子供達の夢や希望と言うことになりそうです。これって教師には酷な話で、社会全体の課題ですけどね。
こんなのは「イマジン」(暇人)並の絵空事でしょうか?

さてさて、教育問題はこの辺にして占い師の本分に戻りましょう。

オノ・ヨーコさんの月柱は「劫財」が二つ並ぶ相当な凶運の持ち主。大悪人か偉人かの紙一重の星の並び。日柱も「比肩」ですのでずいぶんと偏った特殊な命式です。

また日柱の補運の「建禄」は夫の運を奪うなどと言われますが、これに関しての解釈は皆さんにお任せしましょう。

年柱を見れば「偏印」の持ち主でエキセントリックさを表していますね。これに並んで「正官」があります。
波乱に満ちた人生を、結局のところ成功者としてまとめ上げたのは、全体の激しい木気を抑えている「正官」のおかげでしょう。チャリティー等の社会貢献も「正官」の性質です。

「劫財」が多いのにお金持ちなのは、普通の財星を持たないことが幸いしています。無財の場合に「劫財」が財の代わりになるためです。

紙一重と言いましたが、今度の日本のいじめ問題についてのコメントからは、本人のタダゴトでない経験を活かしたいという思いが伝わり、やっぱり紙一重のいい方なのかなと思いました。

まあ到底、良い悪いを一言で言えるような人ではありませんけど。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

愛国心を教えるのも一考だが、それはそれで今度は非国民と言って別のいじめがおこるかもしれないと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月 1日 (水)

獅童、結子のまとめ

中村獅童さんと竹内結子さんとうとう離婚になりそうですね。離婚届に判を押して送ったと、しかも弁護士まで入れているとのことで、念入りな三行半(みくだりはん)ですから、もうどうしようもないでしょう。

元々良くない相性です。以前の記事「赤信号を進む中村獅童」にも書きましたように、獅童さんが一白水星で竹内さんは二黒土星。これは土剋水の相剋関係です。しかも二人の月支間には「冲」という悪い関係があります。
最近関係改善のアピールをしているという記事を読んだので意外と持ち直したりするのかと思っていたら、やっぱり成るように成ってしまいました。
相性が悪いとはいえ「子は鎹(かすがい)」になることはあり得ましたがね。
しかし、こうまで相性の悪さが顕在化してしまうとどうにもなりません。

恐らく竹内さんが「巽宮」にいることで仕事を始め非常に輝きを増した事もひとつの要因でしょう。来年の二黒厄年に入ってからの離婚は不味いので、今のうちに新しいスタートを切ろうというのは良い判断だと思います。

一連の騒動は獅童さんの持つ「食神」の脇の甘さという欠点と「震宮」という驚き事、発覚事の多い年回りから来ていると思いますが、竹内さんの宿命的な結婚運もあまり良くないので、100パーセント獅童さんが悪いという気もしません。

竹内さんの宿命的な結婚運は「偏財」で、稼ぎも人もいいがあまり家庭的でない男性をイメージさせます。これ自体は必ずしも悪くありませんが、補運が「衰」ですからそんな旦那さんに対しての冷ややかな妻としての目線も感じますね。

こうした命式にある宿命的な傾向は、本人がそれを知ることで危機を避ける方向に持って行けなくもないのです。しかし、この二人のようにそもそもの相性が悪いとやはり無理だということになってしまいます。

お子さんのいる場合の別れというのは、他人事ながら辛い物がありますね。恋愛感情なんてそんなに大事か?と問い詰めてみたくなりますが、それでも恋をするのが人というものです。厄介ですね。
子供のための仮面夫婦と言うのも感心しませんけど、惚れた腫れたの気持ちだけではそもそも家庭など成立しませんから、もっと上のステージに行けないかと思 います。たとえスタートができちゃった結婚でもです。少なくとも縁(えにし)があった事は否定のしようがない事ですから。

この辺を諭(さと)すのは占いの範囲を超えてしまいますけどね。占い的には単純で、相性が悪いから別れた、ただそれだけの事なんですけど。

まあ、お客さんの場合でも大抵はそれで正解ですけどね。後味の悪さはいつも感じてしまいます。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

とりあえずできちゃった結婚には気を付けた方がいいネ!と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←はげみになります是非ワンクリックを!

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (7)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »