« 槇原敬之VS松本零士 | トップページ | 藤圭子、劫財な母 »

2006年10月21日 (土)

イーホームズ藤田社長の告発のゆくえ

藤田東吾氏(イーホームズ社長)といえば耐震偽装事件の中心人物の一人ですが、今この人がネット上で大きく注目を集めています。
国会の証人喚問でヒューザー社長の小島進氏に怒鳴られていた人と言えば顔なんかもすぐに思い出せるのではないでしょうか。
事件の全体を通して非常に功罪の大きな人ですが、彼のいわゆるイケメンぶりからファンになってしまっている女性(男性もいるらしい)も多いそうです。

この藤田氏ですが、昨日はなんと安倍首相に話があると官邸に直訴に行ったそうです。内容は新たな偽装物件の告発で、国民の命に関わることだということです。
当然のごとく門前払いされたのですが、まるで足尾銅山の田中正造のような大時代的な行動ですね。そもそも彼にも責任の一端がある事から、あまり褒められたことではないような気もします。

しかし、実際に彼が指摘するマンションの耐震強度が足りないなら、これは確かに人命に関わる一大事ですね。すぐに何とかしろと言うのも一理はあるといわざるを得ないでしょう。

さてどうなりますか。今のところ、この騒ぎに関して新聞テレビともほとんどスルーしているようです。注目は間違いなくしているでしょうに何ででしょうか? 裏が取れないのかもしれないですが、特にテレビ局などは一体いつからそんな責任感が芽生えたのでしょうかね。あるいはやっぱり無責任だから伝えないのか、 責任の方向がスポンサーに向いているのかよく解りませんが。

彼の行動には自己正当化の要素はあるでしょう。しかし動機がどうあれ、社会的にそれなりの重要人物が、業界の恐さを重々承知で、正に死ぬ気で告発しているのです。しかもイケメンときている。いつもやってる垂れ流しの放送ぐらいしてあげたらと思うのですが、いかがでしょうか?

藤田氏の命式は中心が「偏財」。偏財は商売人の星ですから、一代で始めた青年実業家にはぴったりの星ですね。ただし、この人は「比肩」が多くて、自らの財 を剋してしまいます。本来「比肩」は自分が強くなって良い星のはずですが、一般に「比肩」が嫌われるのは、こうした財を損なう性質があるためでもあります。

要するに、「なあなあ」でやっていれば財を築けたものを、「比肩」の我の強さから共同体のお約束を告発してしまったと言うことでしょう。
藤田氏の告発に対して「何の意味があるんだ」とは「おじゃまもん」こと小島進氏の言葉ですが、業界にとっては藤田氏こそ「おじゃまもん」だということでしょう。

時運においては彼は三碧です。偽装発覚の去年は「巽宮」で風に乗り名前の広まる時。
彼の場合悪名として広まったわけですが、これは行いが悪ければそうなります。もし、彼が自分で主張するように何も悪いことをしていないのであれば、今後は彼の英雄伝説の起点にもなり得ます。

そして今年は三碧年の八方塞がりとなっています。ちょっと偽装問題から外れた裁判に追われ身動きが取れなかったこと、また決死の新たな告発もマスコミに見事に無視されていることなどが、正に八方塞がりと言う他ありません。
また来年は「乾宮」で権力との戦いになるでしょう。本当なら長いものには巻かれろと言うべき年ですが、彼は既に挑んでしまっていますから、そう言うことになります。また、勝ち目はほとんどありません。

個人の運気を越えるような仕事をしようと思えば、多くの仲間が必要です。果たして彼にそれが出来るかどうか?先ずは証拠集めと潜在的な被害者との連携でしょうか。ですから彼自身が疑われているようではどうにもなりません。彼が対峙しているものは余りに大き過ぎますから。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

地震が起きたら、生き残って鉄筋の数を数えてみたい思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

|

« 槇原敬之VS松本零士 | トップページ | 藤圭子、劫財な母 »

「ニュース」カテゴリの記事

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

「占い」カテゴリの記事

コメント

http://www.toride.org/study/199.htm
だから、森派と創価学会は仲が悪い。

創価は一生懸命「安晋会」をかかわらせたいようだが、庶民は森派と創価が犬猿の仲なのはお見通し。
小泉政権誕生を巡って創価と森派との確執があった。創価は野中を推したが、森派は橋本派の協力もあって小泉首相が誕生した。
それ以来、創価は森派を目の敵にしている。

耐震偽装問題はSG系総研の問題だ。SG系総研から目をそらすために安晋会に目を向けさせようと創価は必死なんですね。

藤田社長も総研をスルーして政府を攻撃するなんて、露骨にもほどがありますよ。簡単に見抜かれちゃいましたね。

投稿: ゆでお | 2006年10月25日 (水) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/3907026

この記事へのトラックバック一覧です: イーホームズ藤田社長の告発のゆくえ:

» 藤田社長からの続報 [頑張れ藤田東吾(イーホームズ藤田東吾社長を応援します)]
藤田社長が首相官邸に直訴に行った記録がきっこの日記にアップされました。この内容もマスコミからは正確に伝わることはない。記者クラブもテレビ等のマスコミも藤田氏の発言を取り上げなかったことは、まさに、今の日本で政府による情報操作や言論の弾圧が起きている証拠でしょう。それが一番恐ろしいことなのでは?今、テレビやメジャーな媒体から私達に届く情報は、ほとんどが操作された情報だということが証明されていると言えるでしょう。... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 19時51分

« 槇原敬之VS松本零士 | トップページ | 藤圭子、劫財な母 »