« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月30日 (月)

日本のITはこの人から。孫正義

携帯電話のナンバーポータビリティー制度の開始でソフトバンクの動きが大きなが注目を集めています。「予想外」のキャッチフレーズで孫正義社長は大幅な値下げ戦略を行い、一気にシェアーの拡大を狙いましたね。

反響は結構大きく、回線がパンクするなどの騒ぎになっています。孫さんのやり方を批判する人はソフトバンクのインフラの未整備を指摘して無責任だということを言っている様です。でも「日本の携帯電話は料金が高すぎる」と言う孫社長の言葉も説得力がありますね。

我々利用者としては便利で料金が安ければ何の文句もないので、多少の混乱を招いたにせよ、利用者の側に立っている孫正義氏を支持するのが自然だと思いますがどうでしょうか。

思えば日本のインターネットのブロードバンドでも、その普及や価格破壊の中心にいたのは孫さんでした。同業者がどう思っているかは別として、ほとんどの日本人が低価格なネットの恩恵に浴しているのは確かです。
孫さんは携帯電話の世界でもきっと同じような役割を演じるつもりなのでしょう。

彼の命式はいかにも商売人らしい命式です。主星が「偏財」で、しかも「正財」が並ぶという形になっていますね。二種類の財星が並べば非常に如才なく稼ぐ人 となり、二つ以上の職業の並立も可能で、とにかく多忙な生活を送ることになります。性格的にも気難しさと人の良さが混在するようになるでしょう。
生まれ日は乙(木の弟)と控えめですが、しっかりと「比肩」で強化されてバランスがいいです。他には「偏官」という星による親分肌の決断力、「食神」によるツキの良さ等、周辺の星も良い力を発揮していますね。

ただ、偏財中心はつまりは商売中心と言うことになります。このタイプはいくら貢献しても日本の社会では尊敬を得にくいところがあります。例えば同じ「偏 財」の人として日銀の福井総裁とか、村上世彰氏などのように、一夜にして評判が地に落ちるような事にもなりがちですので注意が必要です。実際には名誉ばか り立派な人よりずっと役に立ってることが多いのですけどね。

時運においては七赤金星の孫さんは現在「離宮」にいます。陽のあたる場所で人々の注目を集めると同時に契約や審判を受ける時でもあります。
暦を開いて見れば、見合い会見事等とありますが、見合いとは正にボーダフォンの買収でしょう。
来年は「坎宮」に入り下手に動くべきではないので、今勝負したのは悪くはない。でも今後2年間ぐらいは本当に大変な時代になるでしょう。
シェアが上がればシステムも増強せねばならないのは素人でも想像できますが、昨日、一昨日は早々にシステムが止まり、ソフトバンクの脆弱さが露見してしまいました。この露見と言うことも「離宮」の象徴する意味のひとつです。

でもまあ、直してくれればいいんですけどね。実は私は東京デジタルホン→JPHONE→ボーダフォン→ソフトバンクと渡り歩いたナンバーポータビリティーの大ベテランなのでした。

しかし、システムの増強をするにもさぞかし大変なお金がかかるのでしょうね。まさか孫さんが「この出費は予想外だ!」なんて言ってないでしょうけど。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

やってることは別にいいけど名前はvodafoneのがカッコ良かったと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←はげみになりますのでポチッとお願いします。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

重陽の節句と果汁グミ

9月9日の数字の9が重なる日を重陽の節句と言いますね。9は陰陽で言うと陽の象徴ですのでこれが重なるのがめでたいとされました。今年はとっくに9月9日の「重陽の節句」は過ぎていますが、明後日の10月30日は、旧暦の九月九日で昔の「重陽の節句」です。

この重陽の節句は、多くの節句がそうであるように中国から伝わった物です。大昔に費長房という仙人が教えたある仙術が元に成っているそうです。(参考文献は「陰陽五行と日本の民族」吉野裕子著)

その仙術とは「九月九日に茱萸(ぐみ)の袋を携えて山に登り、菊酒を飲めば家宅の災いを逃れられる」と言う物でした。中国の汝南の人、恒景はこれに従い災難を逃れたとのことです。

大昔の仙人が言ったことですから、現在の9月9日(ヨーロッパ産の暦)にやっても何となく駄目そうな気がしますね。費長房は不老不死の仙人ですから今でも生きているはずですから、雲にでも乗って一言、言いに来てくれても良いのではないかと思いますが。
この話には菊酒が出てきますが、菊のシーズンとしても旧暦の九月、つまり今頃が自然に菊の咲く時期で、その意味でも旧暦に理がありそうです。

もっとも「重陽の節句」は新暦にせよ旧暦にせよもはや廃(すた)れてしまった感が強いですけどね。
それでも、江戸時代でも三百諸侯の全てが登城して祝ったという、大変に大事な行事だったとのことです。この九日の9、「御九日」がなまって「おくんち」となり、後にお祭りの総称となったぐらいですから、今の「重陽の節句」の立場ってあまりに弱すぎるようにも思います。

で、この仙術に出てくる「茱萸」とはグミと読みます。
これは赤くて丸い小さなお菓子で、日本では1988年に明治製菓が果汁グミを発売したのが最初で...というのは嘘で、茱萸(ぐみ)の木(グミ科)の木に成る赤くて丸い小さいサクランボみたいな実のことらしいです。(明治製菓のグミはガムと同じ語源「gummi」だそう)
茱萸(ぐみ)の木にはナツグミとかアキグミとかあるそうですが、季節から言えばアキグミでしょうか。ちなみに食べられますが美味しくはないと図鑑に書いてあります。

この木の実が陰陽で言うと陽(九)の象徴であって、冬が迫り、陰の気に満たされつつある晩秋には、陽気の最後の名残となります。
そして、これを祝うことで巡り来る次の季節の陽気の再生を祈ると、「重陽の節句」とはこのようなことではないかと思われます。

9月は易の卦で言うと「山地剥」の季節です。陽の気が剥ぎ取られると言う意味ですね。

また、陽を君子とすると、陰は庶民になります。昔の上流階級が「重陽の節句」を重視したのは、自分たちの持つ権力が危険にさらされる時期だと言う意味もあったのだろうと思います。
庶民の勢いがまして君子が危うい時期だという見方が出来ますから。

ところで現在の君子、我が総理大臣はどうでしょうか?

そういえば小泉チルドレンとか、歴史にうるさい連中とか、何か直訴してくる社長さんとか、衆庶な輩に悩まされているようです。

首相、明後日は菊酒をひとついかがでしょうか。(ワインがお好きでしたっけ?)

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

今日はちょっとややこしい話ですみません。はげみになるのでクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

育ちすぎたしずちゃん

お笑いコンビの「南海キャンディーズ」のしずちゃんがドラマで主演するとのことですね。役柄はエレベーターガールで、内容は大真面目なラブストーリーだそうです。
制作発表会では「セーラー服と機関銃」の長澤まさみさんを意識して、なんとセーラー服をきて登場しました。「長澤まさみさんは、いろんな意味でライバル。 負けたくない」と言っていたそうです。もちろんネタですからここは普通にウケるべきところでしょうが、彼女の場合どこか本気になっている感じがして面白い です。

彼女はうっとうしいというか、ウザ可愛いとも言うべきキャラクターをネタにはしていますが、命式で見ると本人はもうちょっとカラッとしている感じだと思います。
主星は「偏官」でけっこう姉御肌であり、好き嫌いのはっきりした人です。そして「傷官」が並ぶ形になっていて表現力もあり、自分の主張も強いです。
「偏官」は聡明で割り切りがよいですから、与えられた役割を演じるのにも迷いがないのでしょう。壬(水の兄)の生まれ日で意外と柔軟性もあり、これらの点ではなかなか女優も適正ありです。

そもそも普段のキャラも天然のようでいて演じている物でしょうから、これは中々の才女だと言って良いですね。そもそも本当に重苦しい性格ではお笑いにならないですしね。

「偏官」と「傷官」はそれぞれきついところがある星ですが、この組み合わせで並ぶと、それぞれの性質は残りますが、互いに調和されるので穏やかでバランスの良い人になる特徴があります。
ただし、性格的には調和されても宿命的には波風や災難も多い人生になります。

一例と言っては何ですが、彼女にはつらい思い出があるそうです。高校時代、大好きだった男の子にバレンタインデーのチョコを渡そうと思って待っていたら、相手に気味悪がられて警察に通報されたのだとか。
その時に駆けつけたお巡りさんに「お前か!気持ち悪い大女は!」と言われたそうです。

多感な女子高生がこんなことを言われれば普通ならトラウマになります。引きこもりになっても不思議じゃありません。強い性格を持ち合わせていて本当に良かったですね。

大当たりしたしずちゃんのキャラクター作りには、やはり相方の山ちゃんの才覚が大きいと思います。彼は「偏印」の持ち主ですから、しずちゃんを売り出すにあたってひらめく物があったのでしょうね。
しかし、今のあまりに大きく育ったしずちゃんには、彼も付いていくのが大変な様に見えます。

フランケンシュタイン博士のように、自分の作り出した怪物に恐れおののいているところなのではないでしょうか。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

しずちゃんが着てきたセーラー服ってこのためにわざわざ作ったんだろうか?と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月23日 (月)

藤圭子、劫財な母

ちょっと前に藤圭子さんが5000万円近い現金を米国で麻薬取締局に没収されましたが、未だに騒動が続いているようです。
当初、彼女はラスベガスでギャンブルで得た金だとか、児童養育施設に寄付する予定だとか言っていました。しかし、これらは裏付けもなく信じてもらえなかったと言うことでしたね。

彼女がお金持ちであることは間違いないので、当地で疑われたような自分で麻薬取引をしに行ったなんてのは、まず考えられないことでしょう。
しかし、米国人は彼女のことは知りませんから、ラフな格好をして入国してきて、つじつまの合わない言い訳をしていれば、このおばさん何か怪しいぞ!と思うのも無理からぬ事のようにも思えます。

藤さんが娘の歌手としての成功でうなるほどのお金を持っているとか、昔やたらと暗い歌詞の歌を歌っていた歌手だったとか、同じ男性と6回も結婚離婚を繰り返すような訳の解らない人と知っていれば、「さもありなん」とすんなり税関も通れたかもしれないのですが。

昨日は本人がテレビに出ていましたね。藤圭子さんは世界中をファーストクラスで飛び回っていて、常に一流ホテルに泊まっているので、年間一億円ぐらい使っ ているとかしゃべっていて、何を自慢してるのかと思ったのですが、要するに5000万ぐらいの現金は持っていて当然であると弁明していたみたいです。なる ほど上流社会ではそうなのかもしれませんが、それではお金持ちはしょっちゅう税関で数千万も没収されている事になってしまいます。税関は追い剥ぎですか?

まあ、どうでも良いんですこんな事は。面白いからこれからも色々考えてくださいという感じ。私はこういう変わった人の命式に興味があるだけですから。藤圭子さんは四緑ですので役所絡みの問題を起こしやすい時ではありましたね。しかし何より彼女のキャラクターがこんな事件を呼び込んだのではないでしょうか。

彼女の主星は「劫財」。彼女は月と日に二つの劫財を持っています。独特の歌手の才能は月に並ぶ「偏印」のものですが、同時に変わり者の感性も併せ持つことになります。
二つの「劫財」や、二つの「羊刃」を見れば非常に吉凶激しく、イチかバチかという生き方になるのは仕方がない。「正財」も持っているので財産を剋する意味も生じ、現金没収は置いておいても、ギャンブル狂いと言うのはよく分かるところです。
丙午(ひのえうま)の日に生まれていて情熱的で激しい性格。主星の「劫財」を考えれば陰影が強くて、悪くいうと躁鬱か二重人格の傾向もあるでしょう。また 丙午の生まれでは結婚運は相当に悪いですが、前川清さんを入れると7回の結婚歴で、日本人としてはやはり尋常ではありません。まあ結婚したいのに出来ない 人に比べれば良いのでしょうが、添い遂げることはとても困難な人です。

そういえば「子猫殺し」で騒ぎになったホラー作家、坂東眞砂子さんも丙午の日の生まれでしたっけ。うーん、やっぱり一筋縄ではいかない人達ですね。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

もう4900万円はチップにしてしまえば?ヒカルに迷惑かかるよと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月21日 (土)

イーホームズ藤田社長の告発のゆくえ

藤田東吾氏(イーホームズ社長)といえば耐震偽装事件の中心人物の一人ですが、今この人がネット上で大きく注目を集めています。
国会の証人喚問でヒューザー社長の小島進氏に怒鳴られていた人と言えば顔なんかもすぐに思い出せるのではないでしょうか。
事件の全体を通して非常に功罪の大きな人ですが、彼のいわゆるイケメンぶりからファンになってしまっている女性(男性もいるらしい)も多いそうです。

この藤田氏ですが、昨日はなんと安倍首相に話があると官邸に直訴に行ったそうです。内容は新たな偽装物件の告発で、国民の命に関わることだということです。
当然のごとく門前払いされたのですが、まるで足尾銅山の田中正造のような大時代的な行動ですね。そもそも彼にも責任の一端がある事から、あまり褒められたことではないような気もします。

しかし、実際に彼が指摘するマンションの耐震強度が足りないなら、これは確かに人命に関わる一大事ですね。すぐに何とかしろと言うのも一理はあるといわざるを得ないでしょう。

さてどうなりますか。今のところ、この騒ぎに関して新聞テレビともほとんどスルーしているようです。注目は間違いなくしているでしょうに何ででしょうか? 裏が取れないのかもしれないですが、特にテレビ局などは一体いつからそんな責任感が芽生えたのでしょうかね。あるいはやっぱり無責任だから伝えないのか、 責任の方向がスポンサーに向いているのかよく解りませんが。

彼の行動には自己正当化の要素はあるでしょう。しかし動機がどうあれ、社会的にそれなりの重要人物が、業界の恐さを重々承知で、正に死ぬ気で告発しているのです。しかもイケメンときている。いつもやってる垂れ流しの放送ぐらいしてあげたらと思うのですが、いかがでしょうか?

藤田氏の命式は中心が「偏財」。偏財は商売人の星ですから、一代で始めた青年実業家にはぴったりの星ですね。ただし、この人は「比肩」が多くて、自らの財 を剋してしまいます。本来「比肩」は自分が強くなって良い星のはずですが、一般に「比肩」が嫌われるのは、こうした財を損なう性質があるためでもあります。

要するに、「なあなあ」でやっていれば財を築けたものを、「比肩」の我の強さから共同体のお約束を告発してしまったと言うことでしょう。
藤田氏の告発に対して「何の意味があるんだ」とは「おじゃまもん」こと小島進氏の言葉ですが、業界にとっては藤田氏こそ「おじゃまもん」だということでしょう。

時運においては彼は三碧です。偽装発覚の去年は「巽宮」で風に乗り名前の広まる時。
彼の場合悪名として広まったわけですが、これは行いが悪ければそうなります。もし、彼が自分で主張するように何も悪いことをしていないのであれば、今後は彼の英雄伝説の起点にもなり得ます。

そして今年は三碧年の八方塞がりとなっています。ちょっと偽装問題から外れた裁判に追われ身動きが取れなかったこと、また決死の新たな告発もマスコミに見事に無視されていることなどが、正に八方塞がりと言う他ありません。
また来年は「乾宮」で権力との戦いになるでしょう。本当なら長いものには巻かれろと言うべき年ですが、彼は既に挑んでしまっていますから、そう言うことになります。また、勝ち目はほとんどありません。

個人の運気を越えるような仕事をしようと思えば、多くの仲間が必要です。果たして彼にそれが出来るかどうか?先ずは証拠集めと潜在的な被害者との連携でしょうか。ですから彼自身が疑われているようではどうにもなりません。彼が対峙しているものは余りに大き過ぎますから。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

地震が起きたら、生き残って鉄筋の数を数えてみたい思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月19日 (木)

槇原敬之VS松本零士

漫画家の松本零士さんが盗作されたとして、歌手の槇原敬之さんに抗議しているということです。漫画家と作曲家での著作権騒動とは珍しいですね。
同業者なら利害関係があるので争うのは当然ですが、このケースはお金の話ではない様です。

問題のクダリとしては
「夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない」これが槇原さんが提供したケミストリーの楽曲のサビの部分。
そして「時間は夢を裏切らない 夢も時間を裏切ってはならない」というのが松本さんの作中に出てくる言葉だそうです。

「夢」「時間」「裏切り」というキーワードがそろっていて、意味も文法もほぼ同じですね。確かに偶然とすれば相当な確率になりそうです。

また、「時間」と「夢」の位置が入れ替わっている点が注目されますが、個人的な感想を言うと、松本さんの出だし「時間は夢を裏切らない」は意味が通じやす いが、槇原さんの「夢は時間を裏切らない」はここだけ見れば意味不明な気がします。メロディーにのせる都合もあるでしょうが、これはあえてやった意図的な 変更とも解釈可能でしょう。

こうした事を松本さんは姑息な変更と見なしてしまったのでしょう。その意味では松本さんの怒りも理解できる気がします。しかし、漫画と音楽では物理的な利 害関係があるわけでもないのだから笑って済ますことは出来なかったのだろうかとも思いますね。父親ほどの年齢差もあることですし、大人げないと言われても しょうがないとも思います。

槇原さんも何で一言ごめんなさいとか、尊敬してますとか言えなかったのでしょうか?

とか言いつつ、私はこの話がこじれた理由が分かります。もちろん占い師としてですけど。

九紫火星の松本さんと四緑木星の槇原さんの相性は両極端なものになりがちです。木生火といって、この相生の関係は木によって火をおこすように非常に有益な 良い関係になりうる。例えば槇原さんがこの曲の発表時に「この歌は大好きな松本零士さんの作品にインスパイアされて書きました」とか言っていれば、松本さ んも「インスパイア言うワリにはそのまんまだが、まあ、可愛い奴じゃないか」となって生涯の飲み友達にも成れたでしょう。

しかし、出会いの段階で態度を間違えてしまうと、怒りの炎にいくらでも薪を突っ込む形になってしまうので非常にこじれてしまうのです。

個々の命式をみると、松本零士さんは「劫財」で見た目よりもずっと人あたりは柔らかいですが、芯は非常に頑固で一度怒らせるとテコでも動かないところがあります。
これに対して槇原さんは「偏官」ですから非常にプライドが高い。頭を下げるのは苦手なタイプです。彼の歌は繊細でどちらかというと女々しい印象さえあるのですが、それは「文昌貴人」の作家性のなせる業。実際の彼はかなり向こう気が強い印象がありますね。

それぞれの命式が喧嘩しやすい星が中心ですので、両極端な相性を悪い方に導いてしまったようです。槇原さんの時運が「乾宮」で権力や利権絡みの事件が起こりやすかったのもあるでしょう。松本さんの「坤宮」もゴタゴタを抱えやすいですね。
でも先にも言ったように凄く良い関係にもなれるのでもったいないんですけどね。
仲直りが上手く行けば、話が弾んで槇原さんが松本作品の主題歌を作るなんて事もあり得るでしょう。

ただ松本零士の描く男くさいキャラクターに槇原敬之の甲高い歌声は全然似合わないので、きっと誰か止めに入ると思いますが(笑)

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

この二人似ていないようでいて作風が説教臭いところがよく似てると思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年10月13日 (金)

松雪泰子さん。期待してますよ

映画「フラガール」で評価が一気に高まりつつある松雪泰子さん。彼女は一白水星で今年後半からは来年に向けて運気が良いですね。新しいニュースによれば有名なドラマーの沼澤尚さんとの交際が発覚したとのことです。
今年は驚き事の多い「震宮」ですが良い方の話題で良かったですね。前半は良くないこともあったでしょうが、順調に運をつかみつつあるようです。来年は結婚の可能性の高まる「巽宮」なので期待の高まるところです。

松雪さんはミュージシャンが好きなんですかね。前回はギタリストのGAKUさんと結婚しています。この結婚はやはり「巽宮」に居た二黒の年でした。
その結婚生活が残念な結果になったのはご存じの通り。この結婚時の時運は天中殺の直後の時期に当たっているます。かろうじてズレてはいるものの計画した時期が悪かった可能性は残ります。
そして、「坎宮」に入った一昨年(2004年)に離婚となっていますので、結婚生活の破綻はもちろん、新しい出会いなどが起こった事も考えられます。昨日の記事にも書いた女の大厄の年でした。

今回の話が結婚する事になればもちろん良いことですが、同じミュージシャンと言うことで多少心配な向きもあるでしょう。沼澤さんは四緑木星でとりあえず相 性良いようです。また音楽家としての評価も前夫とは別物だというあたりはGAKU(門脇学)さんに学んだことを感じますね。
ただし、九星の相性が良くて、俯瞰して、大きく見て惹かれやすく良い間柄でも、結婚となると個々命式のぶつかり合いで単純ではないので困るのです。

主星「劫財」の松雪さんは外見以上に主張やこだわりの強いひとで、「白鳥麗子でございます!」が当たり役になったのも納得できるような感じです。また「偏印」が並び水気が極端に強いので、変幻自在な女優業は正に適職ですが家庭には向きません。

一方、沼澤さんの主星はミュージシャンらしく、自己表現を主体に生きる「傷官」です。ですから、お互いに気質は自由で、いざ喧嘩になると空中戦になりやすく、やはり危なっかしい要素は感じてしまいます。

とにかく松雪さんの結婚運は良くない。日柱「劫財」、そして補運は「帝旺」です。癸亥の日の生まれというのは結婚運として最悪の一つと言っていいです。で最初の結婚はその通りの結果になってしまいました。
ですから、この悪い結婚運を前回で使い切ったことにしてしまわなければなりません。
同じような失敗をしないためには、相手が違うから等とは考えずに、前回の経験を有効に活用した方がよいと思います。

松雪さんは水気が極端に強いと言いましたが、水はリサイクルの象徴のような存在。浄化してまっさらになり、前回の記憶を留めないようになってしままいがちです。そうなると何度も同じ事の繰り返しになってしまう可能性があるので心配ですね。

ただ、こうゆう性質は女優としての彼女には大変貴重でもあるので、無くしてしまってはまた困るんですけどね。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

芸人のはなわと松雪は同郷の佐賀人。一時はネタにしてもらってもいたが、そろそろ松雪がはなわを助けてやる番と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月11日 (水)

水野美紀さん大厄ですね

今回は女優の水野美紀さんの恋愛発覚のお話です。いきなり恋人との親密な写真が誌面に大々的に飾られてちょっとした騒ぎになったのですが、お相手は俳優の北村和夫さんの息子さんの俳優、北村有起哉さんでした。
何でこんな事になったかというと、なんと北村有起哉さんが水野さんとのプライベート写真をいっぱい保存していた携帯電話を落としてしまったんですね。そし てこれを拾った親切な人が、芸能人に詳しい写真週刊誌の編集者にその携帯を託したのでしょう(よく知らないけど大体そんな感じでしょ)。二人の愛の記録は スクープ誌面になって、少々過剰に返還されていった訳です。

どちらも独身で不倫でも何でもないので、水野さんもサバサバした感じで対応しているようですが、プライベートを晒されるのは嫌なものでしょうね。まあ商売柄、プラスの面も無きにしも非ずですけど。

調べてみるとお二人とも同じ年の様ですね。二人とも八白土星です。水野さんは女の大厄ではないですか。なるほど。

八白土星の二人は今年「坎宮」に同会していることになります。大厄ではない北村さんにとっても当然「坎宮」は要注意でありいわゆる落とし穴の年です。
暦を開いてみても色難とか病難に注意なんて書いてあると思いますが、警察法律事なんて言うのも要注意事項です。落とし物は警察ですし、写真に関して仮に訴えるなら法律事となりましょう。まあ、そんなようなことが起こり勝ちな時運だと言うことになります。

厄年は良くないと言われるのは皆さんご存じと思います。この「坎宮」は水気をつかさどるところであり、基本的には非常に危険な期間と判断がされます。しかし水気は悪いことだけではありません。

五行の水気は概して恐ろしい物としてとらえられることが多いのですが、陰陽の理からやはり二面性があります。例えば川などが氾濫すれば水は大変に危険な物 ですが、一方で生けるもの全て水がなければ始まらない、生命の源とか時にはエロス的な意味も含んだ大変意味が広く深く、一番重要な気です。

したがってこの水気がもたらす潤いが人との感情の交流を産み、恋愛等も非常に起こりやすい時運であると言えます。多くはスキャンダラスな恋愛として現れますが、幸いにしてこの二人はスキャ ンダルではない。でも発覚の仕方だけを見ればちょっとスキャンダラスでやっぱり「坎宮」っぽい。まあ嬉し恥ずかしって感じの事件で、大厄年にしてはマシ だったと思って喜んでも良いかもしれません。
もし仮に、盗まれた写真の中に人目に晒せないようなものが混じっていたとしたら目も当てられないでしょう。
これは冗談事ではなく、最近では良くあることです。デジタルデータは永遠に複製されますから気をつけましょう。

と、言う訳ですから良かった良かった。お二人にはお幸せにと言いたいですね。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

少し自分の携帯やパソコンの写真を整理しておこうと思った方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 9日 (月)

高岡早紀は違うだろうけど

だいぶ乗り遅れた話題ではありますが、中村獅童さんと高岡早紀さんの密会なんて騒ぎがありましたね。
獅童さんについてはもう二回ほど記事にさせていただきましたが、今回については有名人がファミレスで密会というのもおかしな話だと思ってスルーのつもりでいました。
しかし、ゲンダイなんかの記事を読むと少なくとも高岡さんのアプローチは本物であるようなことが書いてあります。また彼女の今までの行動もなかなかきわど い物が多いようですね。例えば保坂尚希さんとの離婚の原因になった布袋寅泰さんとの不倫やスクープされた路上キスシーンなど、まるで見せつけるような態度 であったとか。
相変わらず無防備な獅童さんはもう良いとしても、高岡さんの方にちょっと注目してみたくなりました。

命式をみるとまず目につくのが月柱の宿命的空亡。この宿命的空亡の現れ方は一様でなく厄介ですが、大まかな傾向としては自己同一性(アイデンティテー)の確立に困難を抱えるとは言えそうです。言い換えると自分らしさという事が曖昧になってしまうということです。
本人は真剣に自分探しの旅に臨んでいるのですが、客観的には統一感無く、言ったこととやることが違う等と映ったりしてしまいます。この結果として孤立してしまう人が多いのです。典型的なのは今浄化中の広末涼子さんですね。

高岡さんは「正財」「偏財」と並んでいて、やりくり上手の良妻賢母という、言ってみれば離婚前の高岡早紀像のような理想はポーズだけではなく本質的にも持っていたと見てよいと思います。
ただ上に言ったような宿命的空亡からくる性格の二面性、また生まれ日の戊(土の兄)に対し非常に強い水気。これらが時に大きな流れとなって変幻自在で奔放 な行動に出てしまうのだと思います。特殊星にも「咸池」や「紅艶」といった色っぽい星もあるし、思い切った行動に出やすい「飛刃」などもあって、これらも 彼女が次々と浮き名を流す事に一役かっていそうです。

「結婚生活は楽しかったけど早く離婚したかった」とは離婚当時の彼女の発言だそうですが、こんな支離滅裂の発言も彼女の内面性からは自然で素直な言葉なのかもしれません。
まあ保坂さんのひどく強情そうな命式やお二人の相性の悪さから言って、離婚原因は幾つもありそうで複雑ですけど。

獅童さんの今度の件に関しては、高岡さんと生まれた年が同じで生まれ日も同じ「戊」ということで非常に親近感がありそうです。気やすい友人と言うことで しょう。場所がファミレスだったのはギリギリ獅童さんの良識だったのではないでしょうか。それでも脇が甘いといわれる結果を招いたのはいかにも獅童さんの 「食神」の人らしいところです。

ところで、細野議員と山本モナさんとか、このところ不倫が多く世間をにぎわわせていますね。「美しい国」ニッポンではこんな時に便利な言い回しが生まれました。
例えば獅童さんで言えば「高岡さんとファミレスに行くか行かないか、行ったか行かなかったかについて申し上げるつもりはない。」というのです。
なんにでも応用が利きますから非常に便利。ちょっと舌っ足らずに、可愛くカミながら発言すると効果的です。
反論されたら何度でも同じ事を繰り返しましょう。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

竹内結子も夫婦イメージの回復に必死だけど、この功名が辻はアホらしいのでお気の毒と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年10月 4日 (水)

十五夜と十三夜

もうすぐ中秋の名月ですね。明日は旧暦8月14日で待宵月と呼ばれる十五夜の前夜です。前日の月にも名前をつけるなんて、いかに昔の人がこの月を待ちわび ていたかが分かります。そして明後日はいよいよ十五夜となります。実は天文学的な満月はこの翌日なんですが、お酒を飲んで楽しく過ごす夜に細かいことは言 わないようにしましょう。

ところで来月も十三夜というお月見がありますよね。毎年の旧暦9月13日。今年は11月3日が十三夜の月見の日です。中秋の名月(十五夜)の方が有名な気がしますが、日本オリジナルなのはこの十三夜の方です。
二回チャンスがあるのだからラッキーと思われるでしょうか?しかし、これにはちょっとした罠(ワナ)があり、十五夜を見逃した人は十三夜を見てはいけないのです。
なぜならどちらかの月を見ないのは「片月見」といわれ嫌われる行為だったからです。同様に十五夜を見た人は必ず十三夜も見なければなりません。
待宵月などと言うといかにも風流な感じですが、わざわざ前日から名前をつけていたのは、明日見逃すと来月も仲間外れだぞと言う、ちょっとした緊張感があったためかもしれませんね。

こんな決まり事があったのも満月がただ単に丸くて美しいから愛でていただけではなく、満月の月に何かしらの魔術的な力を感じていたからではないでしょうか。何か常識と非常識が入れ替わる様な不思議な力を感じていたように思えます。
ちょっと驚きなんですが、昔の日本には十五夜や十三夜の日には他人の畑の作物を盗んでも良いなんていう風習が各地にあったそうです。例えば長崎県の対馬で 十五夜の別名「豆名月」というのは隣の畑から豆を持ってきても良いからだったとか。今でもお月見泥棒といって十五夜の日に子供達にお菓子を盗ませるハロ ウィーンみたいな風習がある地域があるそうですが、これも元は同じなんではないかと思われます。

しかし、都会の人には今や月見もかなり贅沢なことかもしれませんね。庭やベランダから月が見える人はどのくらいの割合なのでしょうか。それに満月の夜は犯罪や事故が増えるとも言われます。
仕事帰りにぼけっと夜空を見上げるのも、変な人だと思われるか、強盗に狙われそうだし、道路なら車に轢かれる危険があるので止めた方がいいです。
まして十五夜と十三夜の両方見なければならないとなると、結構なプレッシャーになってしまいそうです。
まあそれでも一応、月見が出来る幸せな人々のために、両日とも晴れることを祈りましょう。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

美しい国は安心してお月見が出来ますか?と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 1日 (日)

細野豪志と山本モナ。と奥さん

民主党のホープとして期待される細野豪志衆院議員とTBSの報道番組「筑紫哲也 NEWS23」に新しくキャスターに就任したばかりの山本モナさんの不倫疑惑。というか不倫。
別に珍しくもない無い話のようにも思えるのですが、結構騒ぎが続いているようですね。路上でキスというのは絵柄として出来過ぎでしたか。あるいは二人ともそれどころじゃないだろ、という批判なのでしょうか。

後者に関してはもっともな話で、山本モナさんはニュースを伝える立場。しかも政治批判の多い筑紫さんの脇を固める要職に就いたばかりでは、何とも間が悪 い。かたや細野豪志議員は政権をねらう民主党のホープといわれ、全く歯が立たなかった小泉政権が終わってくれた大事な時です。支持者から見ても脱力でしょ う。まして妻子のある身ではいわずもがな。

あくまで不倫ですので少々不謹慎ですが相性を見てみましょう。二黒土星の細野さんに対して、六白金星の山本さん。土生金の相生関係で生まれ月はどちらも五 黄土星ですから非常に相性が良いですね。お互いに相手を輝かせるし、感受性にも非常に近しい物を感じるでしょう。これだけ見ればお互い大事なときに熱烈な 恋に落ちてしまうのも無理からぬ気はしますね。
ただし、それぞれの命式をみると日も月も支の相性が悪く添い遂げ難い暗示があります。これは不倫という関係性を表しているとも見られますが、いつかは別れる相手だという宿命となるでしょう。つまり恋愛関係以上は進まない方がよい関係と言えます。

まあ、奥さんも子供もいるので当然なんですが。それに「軽率だったと深く反省しています」「私の不徳の致すところであり、深く反省しております」というのが申し合わせたような本人達のコメント。もうこれ以上深入りはしませんと言うことでしょう。賢明な判断です。

それでも細野議員は今後も同様の騒ぎを起こす可能性がありますね。「偏財」の女好きはよいとしても「傷官」が並ぶと女性問題に注意となり「問題」がつく分意味合いが悪くなります。
また、日柱の「偏官」から支配的な奥さんで苦労する暗示があります。
だから浮気をしたとも考えられますが、少なくとも細野議員の場合もっと強烈に支配してやった方がよいでしょう。その方が本人の為です。

奥さんの活躍に期待します。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

謝るのも良いが細野議員、次の選挙は石田純一に応援演説を頼んだら?と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (3) | トラックバック (6)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »