« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月29日 (金)

アラーキーと火炎瓶

アラーキーこと荒木経惟氏がベルギーで物議を醸しているそうです。何でも美術館の聖母マリア像の真下に巨大なヌード写真を展示し、これを見た一部の市民が激怒し火炎瓶を投げつけたのだそう。
まあ荒木さんがあちこちで騒ぎを起こすのは珍しくないことですし、聖なる物と猥雑を対比させるのは彼の常套手段ですから、ある程度の抵抗は承知の上だったでのしょう。しかし、火炎瓶とは相手も過激でしたね。

荒木さんは主星が変わり者の筆頭である「偏印」ですね。この星は独特のひらめきがある人が多く、特に音楽家に多いですが、天才写真家を自認する荒木さんの命式にあるといかにもって感じです。
これに「傷官」が並んでいるのですが、傷官の人がよく世間を騒がせるというのは、このところ良く記事にしているとおりですね。主張の激しさが往々にして世間の決まり事を破ってしまうわけです。

これら「偏印」と「傷官」の並ぶ人はまず平穏無事な人生は歩めません。非常な凶運を持っていますので、一度ならず大変な不幸に見舞われるでしょう。また、性格的にも自意識過剰で激しく、とても善人とは言い難い。しかし、何故か後の結果が吉化したりする変わった運命の持ち主という一面があります。
荒木さんなんかは全くこの奇運をつかんだ人でしょう。天職を見つけたのも大きいですね。こんな人のために芸術家などという例外的な職業が用意されているかのようです。また、評価を築いた80年代後半からが大運天中殺だったというツキもあったんですけどね。

生まれ日は戊(土の兄)で意外にも保守的な土気。一見破天荒な荒木さんに合わない気もします。
しかし、土気は肉体やあらゆる物事の生死をつかさどる気でもあります。荒木さんのテーマはエロスとタナトス。生と死への欲望を意味する、普遍的な古いテーマとも言えますから、案外外れてもいないのかもしれません。

その意味では宗教と衝突するのは、警察と衝突しているよりもよっぽど彼らしくもあります。火炎瓶で傷ついたヌード写真は元の写真よりも更に美しいのかもしれませんね。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

こうゆうニュースが無事の知らせ。電撃ネットワークにいる人と勘違いしていた方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

風に乗ってる羽賀研二

羽賀研二さんが結婚するそうですね。かつては「バカップル」の片割れだったり、梅宮パパに気に入られたいばかりの「誠意大将軍」などと揶揄されることが多かった人ですが、今や宝石商としてひとかどの人物になりました。
結婚相手も家政婦さんと言うことですから、何か堅実な感じでいいではないですか。

この人の命式をみると「正官」「印綬」「冠帯」と並ぶ形です。意外にも堅くて名誉を重んじる人だと言うことが分かります。見栄っ張りなのは確かですが、それ相応に責任感も強く成功する人の命式です。
財星が強いわけではないのですが、全体に気の循環が良く、しっかりと名誉を手に入れ、それに応じた富が入ります。

聞けば友人が作った2億円以上の借金を返済し、今やそれ以上の財産を築いたということです。
「バカップル」で世間を賑わしていた当時を思うと信じがたいですが、いくら命式が良いとはいえあの状況から立ち直ったのは大したもの。
半端ではない責任感で「誠意大将軍」もシャレではなかったということでしょうか。

梅宮親子を見返してやるにも十分な成果ですね。見栄っ張りが功を奏したとも言えますが、それでもたいへん立派だと思います。

結婚運は日柱が「比肩」ですから、比較的対等な相手、つまり「バカップル」と並び称された梅宮アンナさんが、実は相応しい。というか彼はそういう相手を選ぶ傾向がある、あるいはあったのは間違いないです。

しかし、もう44才ですし結婚運も変われば、人間ですから反省に基づいて配偶者を選ぶと言うこともあります。どんな人を選んだのか興味のあるところです。 家政婦というと一応、気が利いて従順というイメージはありますが、市原悦子さんのような人かもしれないですし(そんなわけあるか!)分からないですね。

彼は二黒土星で今年「巽宮」ですから風に乗って彼方に噂が広まる時、ことに縁談は非常に起こりやすい年です。自然体で選んだ結婚ならとても良い結婚になるでしょう。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

家政婦じゃなくてメイドさんと言い換えると流行の最先端だと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006年9月24日 (日)

沢尻エリカはホンモノらしいね

今秋だけでも映画4本公開という大変な人気ぶりの沢尻エリカさん。
フランス人とのハーフということで恵まれた容姿はもちろんですが、その上、井筒和幸監督に見込まれる程の強い性格の持ち主だそうです。
二十歳にして一部で女王様などとも言われるようですが命式はどうでしょうか。

最近「傷官」の話題を良くしてますが、この人も「傷官」ですね。自己表現の強さが傷官の特徴ですから良い仕事を選んだと言えます。生まれ日は壬(水の兄)で水気も強く変幻自在で女優向きです。
しかし「比肩」が並んでいますので少々勢いがついてわがままな傾向もあるでしょう。更に月に並ぶ「魁ごう」なども含めてみると、吉凶の激しい生き方をしそ うな人だと思われます。このあたり女王といわれるだけのことはありそうです。今後スキャンダルなんかも割とありそうですね。

ただ、この激しさで身を持ち崩すまでは行かないでしょう。というのは「正財」「偏財」と二種類もの財星を持っていて、きちんと計算も出来る人だからです。
派手に話題を提供することはあっても、それを如才なく経験に変えてゆき、女優業にうまく活かしてゆくでしょうね。
男にはまっても一時的で、はまり過ぎることもないでしょう。傷官の女性は派手な付き合いの割に意外と貞淑だったりもします。

過去も、現在すらもあまり振り返らず、ドンドン進んでゆきそうな人で楽しみです。ただ気を発散するばかりで息切れが無いのか心配ではありますが。

なんでもこの人オーディションの時、井筒和幸監督を目の前にして「日本の映画はつまらないですよね。」「日本の映画を変えたい」などといったそうです。
無論、井筒監督は自分の作品を除いてこの発言に大喜びしたわけですが、度胸があるとも見られますし、無謀とも、場合によっては無知とも見られる発言です。

しかしこのようにホンモノ感を漂わせつつ、しっかりと若気の至りを見せる人、100人切りの藤原竜也さん同様、なんか応援したくなります。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

「日本の映画はつまらない」は井筒に対しては殺し文句。意外と上手な計算かもよと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

里谷多英も傷官のひと

里谷多英選手が全日本スキー連盟の日本代表合宿を欠席して所在不明になっていたそうな。別に大した事とは思わないがスキャンダルが多い里谷さんだけに騒がれてしまいます。
この人も植草教授と同様、傷官二つが目立ちますね。「傷官」は自己表現の強い貴重な才能の星ですが、諸刃の剣となりやすいの欠点です。

特に里谷さんの場合、「劫財」「傷官」と並び裸の王様の暗示。高慢さを利用され騙されたり、あちこちで諍いを起こすとされる形で、振る舞いにはよほど注意をする必要が有ります。フジテレビのような浮いた環境は欠点を助長させるのではないかと言う気もします。

ざっと経緯を見てみると、21歳までが大運天中殺で巡る星も良く、運動選手としての能力はここまでの貯金を使っている感じかもしれません。
九星で見ると六白である彼女は、98年の長野で「日の目を見る離宮」にいて金メダル、2002年は「風に乗り名を広める巽宮」の時でソルトレークにて銅メダル。
そして、例のクラブでの乱闘や更にひどい噂が飛び交った2005年です。この年は「収穫と喜びの時」ながら「毀損」も意味し、気の緩みから、特に飲食や色情絡みで失敗することが多い「兌宮」の時でした。ちなみに山本圭一さんは今年がこの「兌宮」です。

今や「艮宮」で完全に転機を迎えていますね。もう一花咲かせないと引退の時期もつかめないのかもしれませんが難しいですね。

山本、植草、里谷と「傷官」の悪い事が結構目立っている気がします。この人達はみんな複数の傷官の持ち主ですが、いいこともあるのでちょっとフォローを。
例えば教師や教官としてはとしては非常に適正があるといわれます。
これは自分を表現したいという気持ちや、下の者に対する面倒見の良さも表す星ですので、この星が多ければ人に物を教えるのに向くと見るわけです。

そういう見方をすると、植草さんは大学の生徒(女子高に行ったらどうなっていたんだろうか)には評判がよいようでしたし、山本さんも欽ちゃんに言わせると若い衆の面倒見が良かったと言うことです。

この人達と並べるのはちょっと気の毒ですが、きっと里谷さんもコーチとして素晴らしい能力を発揮するのではないでしょうか。
まあ、酒乱といわれる里谷さんですから、お酒は控えめにしての話ですけどね。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

行方不明よりまだ日本代表選手だったことに驚いたと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

ドンファンなの?上川隆也

仲間由紀恵さん初のスキャンダルのお相手、上川隆也さん。
大河ドラマの主役(準主役?)といえば、アイドル以外の役者さんではそうはなれませんし、今をときめく松嶋菜々子さんや仲間由紀恵さんと次々噂されるなどは、正に我が世の春といった風情ですね。
彼がそんなに大物?とも思うのですが、それ程でもないから一豊か、とも思うし、実直な印象とは裏腹に世の男性の気持ちを複雑にさせている人です。
まあ「功名が辻」の撮影も終了し、後は年末の視聴率が気になるだけといったところですから、今度のことも話半分ってところでしょうけど。

上川さんは辛(金の弟)の日の生まれで、結構金気が強いですね。比肩が多いですが、陰の金ですのでそれほど押しが強い訳ではありません。クールでマイペースな印象で学者や技術者にも向いています。
金気が強いと美意識も高くなりますが、時代劇での殺陣の評価が高いのはこの性質によるところが大きそうです。

主星は「印綬」で聡明かつきわめて常識人。、補運が弱いですが日柱に建禄があり、堅実さや真面目さを表します。半面、融通のきかない面も割とあるでしょう。
彼はどことなくとらえどころがない感じがしますが、それは多分あまりにまとも過ぎるからなんだろうと思います。
女嫌いでは無いでしょうが、名誉を重んじる「印綬」の人はオオカミだらけの芸能界では、かなり紳士的で安全な人。仕事の親密さと恋愛を混同したりはしないでしょう。
この安全さが大女優を安心させるということもあるかもしれませんね。

女性関係は別にして(いや、含めてもいいんですが)、とにかく今のこの人はついている状態です。
松嶋さんと騒がれたときに「オレも芸能人になってしまったんだなぁ…」なんて感想を漏らしていたそうですが、そんな感想が表すようにこの人はあまり野心を感じさせませんね。そんな風でもこれだけの成功をしているのは大運天中殺の運気に背中を押されているからでしょう。本人が当惑するほどの成功はしばしばこの時期にやって来ます。
また、このような運気的な異空間でなければ、上川さんのような真面目な男がNo1女優と次々に浮き名を流すなんてやっぱり意外過ぎるんですが。

彼自身、もう一癖あるとこのようなスキャンダルもしっくり来るし、役者としてももう一段格が上がりそうな気がします。そんな姿を楽しみにしています。例えば、あの話は本当だった!とか後で驚かして欲しいですね。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

こういう噂話って民放なら珍しくないけどNHKもやるもんだねと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月17日 (日)

過ちはいつまで続く?植草一秀

お久しぶりです。忙しさにかまけて更新をさぼっていました。
これからも無理しないでやっていく予定ですのでよろしくお願いします。
by大鳳

さて、またやってしまった経済学者の植草一秀氏。ミラーマンの異名は言うまでもなく2004年の手鏡による覗き、現行犯逮捕による物でした。
この時の彼は天中殺中ということもあり、冤罪とか謀略とかの説も結構説得力がありました。しかし、今回のことで単なる常習者、変質者であることがはっきりしてしまい、遅かれ早かれこうなる人だったという見方をするしかないでしょうね。

彼の命式をみると主星は「傷官」。全体にも傷官二つと偏印二つという、一般に凶星といわれる物ばかり並んでいることが目につきます。
凶星ばかりだからこうなったのだと言ってしまえば簡単なのですが、私としては「傷官」も「偏印」も得難い才能の星として貴重だと考えているだけに複雑ですね。やはり、こう偏ると結果的には悪く出ますか。
財星や官星が弱く、かつ補運に「死」が二つと言うことで社会との接点が微妙。空想的な人生観であり、他人や社会に積極的に体当たりをしていないか、彼を強く制してくれる人物もいないことが考えられます。
成長過程や社会での甘やかしもあるかもしれませんが、これだけの秀才では仕方ない側面もあるとは思います。
やはり優秀な者には帝王学も合わせて教えるべきなのでしょうね。

また、「魁ごう」という星も持っていて、有能かつ孤独な切れ者であり、場合によっては破壊的に力を発揮することもある。これなんかも実に彼らしいです。でも、やったことが痴漢では、ちょっと破壊性の方向が可笑しすぎる気もするんですが...
しかし彼を信頼して教授にしたり、コンサルタントにしたりして報酬を払っていた人達にしてみれば笑い事ではないでしょう。

それにしても、手鏡事件以降に彼を支えてくれていた人達は、本当に彼にとって必要な人々、事実はどうあれ、彼を信じてくれた人達です。それを裏切るなんて全く救いようがない。
やはり、あのときに犯行の否定をせずに自分の弱さを認めるべきだったのでしょう。その痛みを引き受けていれば、再起も実のある物になっていたはずです。

しかし、今回もまた否定しているようではどうしようもない。「間違いは、たとえ隠してでも絶対あってはならない事」などと思うのはエリートの悲しいサガでしょうか。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

植草さんには経済よりも犯罪心理学を研究して欲しいと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

素敵なおじさま。だけじゃない児玉清

 長寿クイズ番組の「アタック25」の司会者、児玉清さんが今ブームといわれています。
お笑い芸人の博多華丸さんの物まねがきっかけとなっているそうですが、本人にポテンシャルがないとこのような再認識には至らないでしょう。

30年以上続いている「アタック25」の真面目で淡々とした司会ぶりが、ほとんどの人の児玉さんの印象を決定していると思います。しかし、あらためてみてみると、かなり個性的でおかしいんじゃないかという事に気付かされたのでしょうね。あまりにも長い間見ていると普通でないことが普通に見えてしまう事があります。
博多華丸さんとしても、児玉さんのような隠れた笑いの鉱脈を掘り当てたわけで、全く芸人名利に尽きるのではないでしょうか。
児玉さんは72歳。大運で「建禄」になる恵まれた晩年運を持っているのですが、この歳でブームを起こすとは実際驚きですね。

 児玉さんの主星は「正官」です。いかにも品行方正で、容姿端麗な児玉さんらしい星ですね。また彼は芸能界きっての読書好きで、文筆活動もあるそうですが生まれ日の丙(火の兄)の火気が適度に力を持っている所がこれを象徴していると思われます。火は文章と関わりの深い気です。
また、火気は情熱を意味ししますので、人々の脚光を浴びる派手な職業に向くこともあり、本来「正官」で堅物の傾向が強いはずの児玉さんをこの世界に適応させています。

見かけは「正官」らしい端正な素敵なおじさま。しかしよく見てみれば情熱的なインテリの側面が見えてくる。今にしてみれば、こんな人が放っておかれる方がおかしい気もします。

ただ、素敵なおじさまなだけでは笑いに持って行かれる要素は乏しいですね。
やはり「アタック25」の司会に見られるひらめきに満ちた言葉の数々、

その通り!!
結構!!
よく御存知!!
御存知ない?
ここからは慎重かつ大胆に。
そっちへ行ってしまったか! (Wikipediaより抜粋)

これらがあってこそでしょう。
一見当たり前な言葉を使って本当にワクワクさせてくれます。簡潔でいながら見事な心理描写が込められていると言っていいのではないでしょうか。

こういう独創性は「偏印」によるものでしょう。児玉さんはこの「偏印」を二つも持っています。
この星は人生上で波乱も生んでしまいますが、この「偏印」あってこそ児玉清という気がします。

とにかく70超えても謎めいていてカッコイイですね。あんな風になりたいものです。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

児玉清は司会と言うよりダンスの指導をする人みたいだと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月 2日 (土)

ハズしたみたい。ユースケ・サンタマリア

ユースケ・サンタマリアさんが主演している「UDON」という映画が苦戦しているそうです。彼が映画に主演していること自体、私にとっては意外だったのですが、これは既に二作目とか。

 彼に関して、私は海の物とも山の物ともつかない印象を持っていました。毒にも薬にもならないが、何となく彼がいると場がにぎやかになるので、こんなのも有りかなといった感じです。

命式を見てみると主星は「偏印」です。独特の感性を持つ変わり者の星ですね。ミュージシャンに多い星ですが、彼は元々ミュージシャン志望だったようですね。彼の出自について一つ謎が解けました。

「偏印」は宇宙人的な発想をもつ星で、他人の理解を超えてしまうことも往々にしてあります。補運に「沐浴」を持つために突飛な傾向は更に強まりますね。
この星だけだと感性が個性的すぎて社会から浮いてしまうことも多いのです。バンドで言うと才能ある中心メンバーではあるが、成功するにはもう一人マネージメント能力のある参謀が必要になる様なタイプです。

しかし、彼の場合は自分の命式の中で、この感性中心の「偏印」が「正財」や「偏財」というマネージメントに長けた財星に囲まれていて自己完結しています。 財星は社会的な人間関係を構築するのに大きな役割を果たしますので、彼は如才なく周囲とコミットすることが出来る訳です。

周囲から浮きがちになる「偏印」と付き合い上手な「財星」が混然としてるんですね。
ちょっと回りくどいですが、この回りくどさがユースケ・サンタマリアの味なのでしょう。

正直、彼が浮いているか浮いていないかは微妙な感じはあるんですけど。このような綱渡り的なバランスを何とか保っている、G線上のアリアみたいなミュージ シャン的生き方が、結構長く生き残って映画の主役を張れるまでになった秘密かもしれません。余人に代え難い感じは確かにありますから。

その意味でも映画なら2回に1回ぐらいハズすくらいの方が彼らしくていいかもしれません。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

これを読むとユースケは音楽の才能有りそうだが彼はミュージシャンになれなかったんじゃないの?と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »