« 山本梓はサディスト?井上聡は? | トップページ | 小沢真珠とカリスマ社長の相性 »

2006年8月23日 (水)

子猫殺しの坂東真砂子

 日経新聞に掲載された、直木賞作家・坂東眞砂子さんのエッセイが物議を醸しています。
タイトルも「子猫殺し」と穏やかでないですが、ホラー作家である坂東さんとしては普通のタイトルなのでしょう。
しかしこれがフィクションではなく、しかも本人の告白であることから、彼女の人間性を疑う書き込みがネット上にあふれ、大変なことになってしまいました。

「こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている」と本人が言っているくらいですから、彼女としては分かり切っていた反応なのでしょう。
しかし、作家である彼女が、公の新聞紙上で人を不愉快にしてまで訴えたいことが何なのか?それが見えてこないので、単に彼女の行動の異様さだけが目立っている様な気がします。

彼女の主星は「印綬」、また月に同じ「印綬」が並んでいます。印綬はそもそも吉星で、才女であることは間違いのないところです。しかし二つ並ぶような形の時は弊害の方が注目される命式です。
非常に理路整然と語ることができ、また当然頭も非常によいのですが、欠点として情に欠け、独善的でうぬぼれが強いといわれます。
ちなみに月の並びだけ見ると日本一有名な私の同業者と全く同じ形になっています。(あぁ恐いなあ)
さらに坂東さんは宿命的空亡も持っているため、孤立しやすい性質があるでしょうね。タヒチに移住するなども、これに関係があるかもしれません。

 もう一つ気になるのが彼女の日柱です。丙午(ひのえうま)の日に生まれていますね。丙午といえば、放火の罪で火あぶりにされた「八百屋お七」で有名な干 支です。もっともお七は「丙午の年」の生まれでしたし、日だろうが年だろうが、こんな事で人を差別するのも私の本意ではありません。

しかし彼女は恐怖小説の作者だし、今回の件で自ら世間を震撼させたので、あえて指摘したくなってしまいますね。
丙午は吉凶の激しく出る干支なのは間違いのないところですが、いたずらに丙午を忌み嫌うのは単なる迷信の弊害といえます。ただの迷信です。
しかし、そうはいっても江戸時代の中期には丙午の年に生まれた子供が間引きされるまでにエスカレートしたことも事実でした。

彼女が子猫を間引いているのはこの江戸時代の因縁があるのではないか?
なんて一瞬思ってみたり。

私はこの手の話は好きじゃないのですが...
でもまあ、今は怪談のシーズンだから良いかな。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

何の因縁だろうが子猫に罪はないだろと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

|

« 山本梓はサディスト?井上聡は? | トップページ | 小沢真珠とカリスマ社長の相性 »

「ペット」カテゴリの記事

「占い」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/3175228

この記事へのトラックバック一覧です: 子猫殺しの坂東真砂子:

» 坂東眞砂子:注目の言葉 [えっ?今はそんなことが流行ってるの?!]
生と死について、あなたはどう思いますか? [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 22時18分

« 山本梓はサディスト?井上聡は? | トップページ | 小沢真珠とカリスマ社長の相性 »