« 小室哲哉の仕事運 | トップページ | 子猫殺しの坂東真砂子 »

2006年8月20日 (日)

山本梓はサディスト?井上聡は?

 グラビアアイドルでタレントの山本梓さんは加虐趣味(サディスト)の持ち主だそうですね。あるイベントで「夏川純ちゃんやウエンツ瑛士クンは“ドM”だからいじめるのが楽しい」なんて言っていたそうです。

彼女の命式をみてみると主星が「偏官」でしたので姉御肌であるのは間違いなさそうです。また「比肩」が並んでいますので、全体的に少々攻撃的な印象を受けます。
また「印綬」と「偏印」の組み合わせも持っていて迷いやすい性質もあるですが、しかし基本的に攻撃性のあるキャラクターの中では気まぐれという形でに現れそうです。

確かにサドなのかも、という感じはしますね。まあ半分は芸風で売りにしているのだろうとは思いますけど。
しかし、サディストかどうかは別としても、この命式は概してトラブルメーカーに成りやすいタイプだということはいえます。

 山本さんのトラブルといえば次長課長の井上聡さんとの噂がありましたね。本人達が否定しているのでよく分かりませんが、恋人としてみると一応相性は良いです。ただ恋人なら良いですが、一緒に住んだり結婚等すると長続きしない相性です。
月支間に「破」という関係性があるためで、日常生活を共にするほどの近い距離になると嫌になってしまう傾向があります。

もっとも山本さんが本当にサドで井上さんがマゾだったら、「破」のような不味い関係が喜びに変わったりもするのかもしれません。人間色々ですから。
でも井上聡さんの命式は主星「正財」で穏やかでいながら、日干も結構強いので、マゾヒストという印象はありませんけどね。

 それにしても井上聡さんは気化格と言う珍しい命式の持ち主ですね。これはその純粋さにおいて貴命とされる形です。
確かに彼のボケ方、純粋さを感じます。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

ボケは河本の方じゃなかった?と思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

|

« 小室哲哉の仕事運 | トップページ | 子猫殺しの坂東真砂子 »

「占い」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
よく相方の河本さんが素のときに「井上は生まれたて!生まれて八ヵ月!子供!純粋ガキ」と言ってるんですが、それも気化格という星ゆえなのでしょうか。
井上さんは「つきあった人は常にひっぱってくれる人で自分は受け身だからその方がいい」とちょっと前に語ってましたが、ファンとしては、はやいとこ幸せな恋愛して幸せな結婚してほしいと思います。

投稿: こま | 2006年8月20日 (日) 18時46分

はじめまして。純粋ガキですか。なるほど気化格のせいかもしれません。恋は受身のほうがいいって言ってましたか。そうすると、やっぱりこの二人はデキているのかもしれませんね(笑)

投稿: たいほー | 2006年8月20日 (日) 21時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/3135823

この記事へのトラックバック一覧です: 山本梓はサディスト?井上聡は?:

» ドSな小悪魔 山本梓がニヤリ [女王様ism [イズム]]
ドSの山本梓が「ドMをいじめるの楽しい」とニヤリです。 山本梓がトレーディングカード「あず休み」の発売を記念した握手会を行いました。 バラエティー番組ですっかり「ドSキャラ」が定着している彼女。 「夏川純ちゃんやウエンツ瑛士クンは“ドM”だからいじめるの..... [続きを読む]

受信: 2006年8月20日 (日) 21時52分

» ウエンツ瑛士 画像 [ウエンツ瑛士 画像]
トラバ失礼しますm(_ _)m ウエンツ瑛士最高! [続きを読む]

受信: 2006年9月 5日 (火) 13時01分

» 山本梓が次長課長 !? [ミィの「今日の気になる話題」]
最近芸人さんがよくフライデーに激写されてますよね 山本梓ちゃんって、明石屋さんま... [続きを読む]

受信: 2007年1月 7日 (日) 10時36分

« 小室哲哉の仕事運 | トップページ | 子猫殺しの坂東真砂子 »