« 本当の武勇伝。オリラジ | トップページ | さよならがさよならな華原朋美 »

2006年7月 9日 (日)

藤原竜也は本物らしいです。

映画「デスノート」が好調な藤原竜也さん。何とも魅力的な目つきをした若者で、中高生を中心にして、その母親ぐらいの女性まで映画館に向かわせているそうです。年配の方だとNHK大河ドラマの新撰組で沖田総司の役をやった俳優と言った方が分かるでしょうか。
一見アイドル風のヤサ男にも見えますが、中身はどうして本物の役者馬鹿のようです。

彼の月柱は「食神」に「正官」が並ぶ形です。これは勤め人や公務員などの安定した人生に適した良い星ですが、ここを潔く空亡しています。平凡な人生にはさよならって感じですね。
高校中退してこの世界に飛び込んだ彼らしい部分でしょう。

この空亡により主星は自己表現の星「傷官」に移ります。他にも「華蓋」などがありますから華がありますし、俳優を選んだのは正しい判断ですね。他の「偏財」や「比肩」がやりたいことを職業として成立させる良いサイクルを構成しています。
補運からいっても地道に自分のやるべきことを追求してゆく様な、心構えの座った人でしょう。

彼に関して小耳に挟んだ情報として、16歳までに100人切りっていうのがありますね。
本当かどうかなど知りませんが、私のデータ上でも確かに「傷官」「偏財」の組み合わせでは激しい色情を持つことになりますから、そのようなことがあっても不思議ではありません。
ちょっと数字が常軌を逸しているとは思いますけど。

何か往年の名優の伝説を聞かされているようですが、彼がこのままの大物ぶりを続ければ100人切りも納得させられてしまうんでしょうね。彼が凡人ならただの女の敵ですが、この手の話は同じことでも、誰がやったかによって評判は著しく変わってしまうものです。

何にせよ楽しみな俳優さんだと思います。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、予約販売開始!

藤原竜也には期待しているという方クリックお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

|

« 本当の武勇伝。オリラジ | トップページ | さよならがさよならな華原朋美 »

「占い」カテゴリの記事

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/2571401

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原竜也は本物らしいです。:

« 本当の武勇伝。オリラジ | トップページ | さよならがさよならな華原朋美 »