« 極楽とんぼはクビ | トップページ | 欽ちゃん走りを思い出しました。 »

2006年7月21日 (金)

土用の丑の日に鰻。なんで?

ちょっと早いですが7月23日(日)の土用の丑の日についてのお話です。

土用というのは春夏秋冬の各季節の終わりに置かれた18日の期間で、一つの季節の終わりと次の季節への導入がないまぜになった期間を言います。
ただし、これはかなり概念的なもので、実際の季節感を表しているものではありません。言ってみればかなり暦学や占い理論的な存在で、西洋暦に移行した現代 の日本では忘れ去られてしまっても不思議ではありません。実際、四つある土用の中で現在取りざたされるのは夏の土用だけではないでしょうか。

このように結構マニアックな土用というものが一般の話題に上るのは、間違いなく土用の丑の日に鰻を食べようという習慣のおかげだと思います。
土用の丑の日に鰻を食べようというのは平賀源内が考えたキャッチフレーズで、現代のコピーライターに通じる実にいい仕事だったというのはもう有名になりました。しかし、平賀源内の完全な独創だったかというとそうでもなさそうです。

そもそも土用などという占い的な概念を使っているところからして怪しいのですが、やはり我々占い師の先輩である陰陽家の方々と関係があるようです。この道の権威、吉野裕子氏をはじめ陰陽五行の理からの読み解きはいくつかなされています。

吉野氏の説では夏の火気を制するため「水気の動物である鰻」を食べ、水剋火で元気になろうというもの。相生、相剋の分かり易い説です。
これとは別にこの時期の丑の日、これ自体を縁起の悪い土気の日として、土や穴に潜っている「土気の動物である鰻」を食ってしまうのだという説もあります。

私は吉野氏の説の方が説得力があると思いますが、説得力があるから正しいとは限らない、などと思うのみでどっちが正しいかなんて分かりません。ただ、暑気を祓うために栄養価の高い鰻を食べるのみです。おいしいですし。

そういえばこの間の半夏生の日にタコを食べるという話。どうもタコの解毒作用に鍵があったようです。
タコにはタウリンという解毒成分があるそうで、そこまで言及しているスーパーのチラシもあるそうです。う~ん。スーパーのチラシあなどり難しですね。
ただそうすると、天から毒が降ってくる半夏生の日に解毒のためにタコを食べたのですから、昔の人はタコの解毒作用を知っていたことになります。う~ん。昔の人、さらにあなどり難し。

鑑定依頼は高島大鳳.comへ

来年の暦、販売開始!

鰻にしろタコにしろ昔の人は無駄なことはしないものだと思う方はクリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

人気blogランキング占いへ←いろんな占いあるみたいです

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

|

« 極楽とんぼはクビ | トップページ | 欽ちゃん走りを思い出しました。 »

「占い」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いよいよ丑の日~。鰻のことなら任せてください!

投稿: マグロ君 | 2006年7月21日 (金) 22時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/2746227

この記事へのトラックバック一覧です: 土用の丑の日に鰻。なんで?:

» 鰻(うなぎ) [世の中のうまい話]
      鰻(うなぎ) 【語源】 胸ビレの前腹面が黄色い為、「胸黄(むなき)」と呼ばれ、これが崩れて「うなぎ」と呼ばれるようになったと言われている。{/niwatori/} 【旬】 現在、流通している鰻のほとんどが養殖ものである。天然物はほんのひとにぎり。しかし、養殖技術も進歩し、「天然物は泥臭く、かえって美味しくない」とまでいわれている。 その為、旬は?と聞かれると、スタミナ源と�... [続きを読む]

受信: 2006年7月21日 (金) 22時36分

» 真蛸(マダコ) [世の中のうまい話]
 真蛸(マダコ) 【語源】 「タコ」の「タ」は手が転じたとされている。「コ」は多いという意味。{/hiyob_en/} 【旬】 産地のよって違うが主に夏。瀬戸内・九州のタコは6〜8月の夏が旬。 千葉以北のタコは11〜12月の冬が旬とされている。{/hiyo_en2/} 【うんちく】 マダコは我が身を守るウロコも殻もない、むき出しの体である。この為非常に 警戒心が強い。昼間は岩などの間でひっそりと息をひそめ、夜になると�... [続きを読む]

受信: 2006年7月28日 (金) 23時27分

» 老舗のおいしさそのままお届け!吉塚うなぎ蒲焼 [まずは小さな努力の積み重ねでガンバ!]
博多名代吉塚うなぎ屋本店・うなぎ蒲焼 博多中洲の博多川沿いにあるうなぎ専門店の老... [続きを読む]

受信: 2006年12月12日 (火) 11時37分

« 極楽とんぼはクビ | トップページ | 欽ちゃん走りを思い出しました。 »