« hiroと松本人志の関係について | トップページ | 青田典子にエールを »

2006年5月10日 (水)

髪を切った篠原涼子

女優の篠原涼子さんが髪を切ったと伝えられました。
こんな事が報道されるとはずいぶん大物だなと思うと、どうもそれだけでなく、結婚した市村正親さんとのお子さんを妊娠しているのではないかとの観測があるようです。

篠原さんの子供運を見ると、水気を適当に持っていることや「食神」がある点から見てお子さんが出来ない性質ではないように思いますがどうでしょうか。

彼女の性格を見ると、主星は「偏印」で直感を主体に生きているタイプですね。
ミュージシャンや占い師等の変わった職業に向いています。

この星の人は独自な思考方法を持つ人が多いので、怒るところも、笑うところも人とちょっと違ってしまい、篠原さんのように天然ボケなどと言われてしまう人が多くなります。
特に彼女は「食神」という大らかな、これもまた天然っぽさを含んだ星が並んでいるので、なおさらかもしれません。

月柱の宿命的空亡も謎を深めているアイテムでしょう。

結婚運は良い方と悪い方の二つあります。
良い方は結婚が「正官」運であることです。立派な旦那さんをもらうという暗示であり、女性の結婚運ではベストの星です。

また悪い方はこの吉星「正官」が補運の「死」の支配を受けていることです。これは配偶者との生別死別暗示する星です。

現実に照らしてみるとご存じのように旦那さんの市村正親さんとは24歳の年齢差があるので、まともに添いとげたとしても、男女の平均寿命も含めて30年弱市村さんの方が早く逝ってしまうことになります。
十分死別の範疇に入ります。
また、この結婚自体篠原さんの空亡中の結婚でしたから生別の方で離婚も考えられます。

彼女は計算しない生き方をする女性ですし、市村さんの方も年月を宿命的空亡(長谷川京子さんの記事で説明)という現実離れした人です。
女性が髪を切ったと言っても、この人の場合、深い意味を読もうとするのはたぶん無意味でしょう。

とはいえ、既に妊娠している、あるいは近いうちに子供が出来る可能性は高いと思います。多分女の子でしょう。大畜五

鑑定依頼は→高島大鳳.comへ

人気blogランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログへ

|

« hiroと松本人志の関係について | トップページ | 青田典子にエールを »

「占い」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「恋愛」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/1748435

この記事へのトラックバック一覧です: 髪を切った篠原涼子:

» 西洋占星術で見る篠原涼子さんと市村正親さん [ズイフー!!ブログ - 占い相談 教室 研究会]
西洋 占星術  その一生懸命の姿が自分の生きる方向性(市村) 自分の人生の目標を暖かく見守ってくれる存在(篠原) 彼女のやっている事はすべて正しい(市村) [続きを読む]

受信: 2006年5月10日 (水) 17時08分

» 芸能ネタ! [芸能新ネタ!]
4月12日にスタートした日本テレビ系ドラマ「プリマダム」。 初共演となる黒木瞳(45)と中森明菜(40)の演技に注目が集まっているが、なにより現場の修羅場ぶりにも興味の目が注がれている。 週刊ポストによると、番組宣伝コマーシャルで、黒木と中森のツーショットの撮影が行われたが、二人の呼吸がなかなか合わず、10回以上も撮り直しになってしまった。 それが原因で、次のスケジュールが押していた黒木が撮影途中で帰ってしまったというのだ。 中森は「え?私が悪いの?」とばかりにキョト... [続きを読む]

受信: 2006年5月11日 (木) 16時01分

» 篠原涼子が妊娠?! [芸能情報ツウ!]
(写真元:日本タレント名鑑より)篠原涼子さんが妊娠?!篠原涼子さん妊娠説がマスコミを賑わしている。ここ1,2年ドラマやCMに引っ張りダコ状態の篠原涼子さんだが、私生活でも引っ張りダコ状態。05年12月にふた回りも離れた市村正親さん(58)と結婚。最近では、NTVで放送されている「ハケンの品格」の撮影現場にも姿を現わし、篠原さんを迎えに行ってるとのこと。このことから推測しているマスコミ情報によると、もしかしたら篠原涼子さんの体調=妊娠を氣づかっての行動ではないのか?という憶測が...... [続きを読む]

受信: 2007年3月25日 (日) 11時27分

« hiroと松本人志の関係について | トップページ | 青田典子にエールを »