« 仲間由紀恵の今後 | トップページ | 小池百合子の心配 »

2006年4月 5日 (水)

小泉純一郎の金気

佐藤栄作、吉田茂に続く歴代三位の長期政権になった小泉内閣。
今日は小泉総理大臣の命式を見てみます。

まず、この人に関しては周りの政治家たちが口をそろえて「人の言うことを聞かない」と言います。
命式で見てもはっきりそれは現れていて、三つの比肩という星が目に付きます。

比肩というのは、とにかく意地っ張りで負けず嫌いな性質を表す星です。
それに「正官」が主星となっていて、自尊心と明確な論理性を併せ持っているので、判断に迷うこともあまりないのです。
何処までも自分の判断で突き進んでいきます。

しかし、普通の観点ではこのような人は必ずしも成功するとは限らない。
むしろ変わり者として排除されることの方が多いのです。

生まれ日は辛(金の弟)で、怜悧な美学に生きる人であり、この辛が命式の中に4つもあります。
この偏った金気を収めるためには本来なら金気を剋する火気が欲しいところです。

自分の気が強いのは成功者には必要なことですが、ある程度制約がないと企画倒れとか、机上の空論を並べるだけの人になってしまうのです。

荒川静香さんも金気が強い人でしたが、彼女のような芸術家なら、金気の美しさに身をゆだねれば良いのです。
しかし政治家は清濁併せ飲むような所がないと普通は上手くゆきません。

それが、こうまで要領よく、失脚せずに来られたのはどうしてなのでしょうか?
私は彼が強い金気を逆手にとり、非情に成りきったからではないかと思っています。

この命式は単に金気が多いだけでなく、酉、巳、丑という十二支が「三合」となり、限りなく金気を強めている珍しい命式なのです。

http://takashimataiho.com/

|

« 仲間由紀恵の今後 | トップページ | 小池百合子の心配 »

「占い」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

「芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/75909/1293301

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉純一郎の金気:

« 仲間由紀恵の今後 | トップページ | 小池百合子の心配 »